loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

読解力研修~意図を正しく理解し、次の行動を読み解く

読解力研修~意図を正しく理解し、次の行動を読み解く

読解力向上に必要な3つの要素を身につけ、「なんだか伝わらない」「なんでそうなった」を解決する

研修No.1003200

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 新入社員
  • 若手層

・若手から中堅の方
・仕事における読解力の向上を図りたい方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 煩雑な情報をまとめることが苦手
  • 指示を理解したり、相手の意を汲むのが難しいと感じる場面がある
  • 相手にとって期待以上の仕事ができるようになりたい

研修内容・特徴outline・feature

ビジネスにおける読解力とは、読んで理解できるだけでなく、「読んで(聞いて)正しく理解し、期待される次の行動がわかること」を指します。国語のテストとは異なり、ビジネスでは読解の結果が具体的な行動に紐づきます。読み違えればそのままビジネス上のロスとなり、生産性の低下につながるのです。
本研修では、ビジネスにおける読解力を向上させる要素として以下3点を挙げました。伝達やコミュニケーションにおけるロスをなくし、個人、ひいてはチームの生産性向上を目指します。

<読解力を向上させる3つの要素>
①読解力のベースとなる「常識力」と「語彙力」
②本質をつかみ要点をおさえる「要約力」
③言外の意を汲み取り仕事の質を高める「想像力」

到達目標goal

  • ①ビジネスにおける読解力の必要性と、その構成要素を理解する
  • ②ビジネスの行間を紡ぐ「常識力・語彙力」を理解し、その鍛え方を修得する
  • ③要点を押さえるポイントを知り、要約を通して要点をつかむ力を修得する
  • ④仮説思考と視点を学び、言外の意を汲み取る力を向上させる

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1.ビジネスにおける読解力とは何か
    【ワーク】日頃仕事をする中で読解力が必要だと感じる場面を考える
    (1)メディアを賑わす"読解力の低下"
    (2)ビジネスの現場にもあふれる「なんだか伝わらない」「なんでそうなった」
    (3)ビジネスにおける読解とは ~読んで正しく理解し、期待される次の行動がわかること
    (4)ビジネス読解を構成するスキル
     ①読解力のベースとなる「常識力」と「語彙力」
     ②本質をつかみ要点をおさえる「要約力」
     ③言外の意を汲み取り仕事の質を高める「想像力」
講義
ワーク
  • 2.読解力のベースとなる「常識力」と「語彙力」
    【ワーク】次のケースを読み、なぜ「食い違い」が起きてしまうのか考える
    (1)仕事の行間を紡ぐ、常識力と語彙力
    (2)「常識」とは~ビジネスの目的と本質理解
     ①組織は利益を重視する ②仕事はチームワークが大事
     ③ビジネスにおいて正解を持つのは他者
    (3)「語彙」とは~業務理解と構造把握
     ①業務を理解していれば、話の筋が見える
     ②相手の立場を理解すれば、期待を想定できる
    (4)業務を整理する~常識のインプット
     ①目的 ①プロセス ②ステークホルダー ③専門用語
    【ワーク】仕事で関わる人を想定し、その人の仕事の「目的」「ステークホルダー」を整理する
    (5)共通言語を理解する
    (6)読書のすすめ~抜き書きで常識・語彙を染み込ませる
講義
ワーク
  • 3.本質をつかみ要点をおさえる「要約力」
    (1)要約の目的と効果
    (2)要約の方法
     ①要素の選定~5W1Hを考える  ②優先順位を考える
     ③主語と述語を明確にする  ④固有名詞と数字で正確に表す
     ⑤一文を40~50字にまとめる 
    【ワーク】ライバル会社の動向について、上司に提出する要約文(200字・50字)を作成する
    (3)情報が混濁していると感じたら
     ①意見と事実を分ける ②事実を時系列に整理する ③事実をもとに必要なら意見をきく
    (4)あらゆる場面で発揮できる要約力
    【ワーク】隣の部署の受電をし、メモをとり、次の行動を想像する
講義
ワーク
  • 4.言外の意を汲み取り仕事の質を高める「想像力」
    【ケーススタディ】部長からのメールを読んで行動したAさん・Bさんのケースを読み、良かった点と検討すべきだった点を考える
    (1)様々な視点から考えて想像力を発揮する
    (2)視点を変える
    (3)過去から未来を予測する
    (4)世代の常識を踏まえる
    (5)質問をして正しく意図を読み取る
    【ワーク】本章冒頭のケースを再度読み、自分ならどうするか考える
講義
ワーク
  • 5.実践!ビジネス読解
    ケースに対し①~③の流れを実践します。
    ①読んで内容を理解する②要点をおさえる③仮説を立て次の行動を想定する
    【ケース①】人事部長からの全社通達
    【ケース②】出張中の上司からの依頼
    【ケース③】他部署からの依頼
講義
ワーク

企画者コメントcomment

日本の若者の読解力の低下がメディアを騒がせています。ビジネスの現場でも「何度説明しても伝わらない」「メモは精一杯とっているけれど、内容を理解していない」「指示した後の行動が的外れだ」と言ったお悩みが聞かれて久しく、そうした年齢層・年代はすでに中堅・リーダー層となっています。そこにデジタルネイティブ世代と呼ばれる若年層がさらに加わり、コミュニケーションのロスは加速しています。本研修ではそうした課題をもとに、ビジネスにおける読解力の基礎要素を強化するプログラムとして開発いたしました。

スケジュール・お申込みschedule・application

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

※申込期日とキャンセル期日はオンライン開催とセミナールーム開催で異なります。ご注意ください

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年11月20日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

お気軽に
ご連絡ください

メール・お電話でのお問合せ

公開講座に関するQ&Aはこちら

研修リクエストのお問合せ

ページトップへ
年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す

公開講座をさらに便利に

研修やスケジュールが見つからなかった方、資料が必要な方におすすめ

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
関連テーマ
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修