loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

課題設定力研修~主体的な問題解決のための手法とマインド

課題設定力研修~主体的な問題解決のための手法とマインド

問題の本質を見極め、自ら解決すべき課題として捉え直すためのスキルとマインドを身につける

研修No.2100001

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層

日々様々な問題に取り組む中で、より本質的で価値のある解決方法を模索する全てのビジネスパーソン

よくあるお悩み・ニーズ

  • 問題解決に取り組もうとすると、上司から「それが本当の問題か?」と指摘されることが多い
  • 問題解決のためのプロジェクトがいくつも立ち上がるものの、継続力がなく、解決まで至ることが少ない
  • 問題解決が場当たり的になりがちで、本質的な解決になっていない気がしている

研修内容・特徴outline・feature

「課題」は、目指すべき姿と現状とのギャップとして表現されますが、その「課題」をうまく設定できなければ、その後に続く問題解決もままなりません。本研修は、問題解決の上流に位置づけられる「課題設定」に焦点を当てた、そのポイントと手順を身に付けていただけるプログラムです。

到達目標goal

  • ①課題設定に必要な主体者としてのマインドを理解する
  • ②課題設定に至るまでの問題発見と問題分析の手法を身につけることができる
  • ③課題設定において重要な概念となる”Issue”の意味を理解する

研修プログラムprogram

内容 手法
  • 1. 今なぜ「課題設定力」が求められるのか
    【ワーク①】自身の所属する部署や職場における「課題」を3つ挙げる
    【ワーク②】挙げた3つの「課題」を、上司から与えられたもの・職場の共通認識として持たれているもの・自ら意思をもって設定したもの、のいずれにあたるかを選択する
    (1)「目指すべき姿」が自明だった時代の終焉
    (2)生産性の高い仕事には課題設定が不可欠
講義
ワーク
  • 2.課題設定とは何か
    (1)問題と課題の違いとは
    【ワーク】事例を読んで「問題」と「課題」の違いを切り分ける
    (2)問題意識の根源にある感情的なもの
     ①こうありたいと思う「憧れ」
     ②もしこうなったら・・・という「不安」
     ③こんな状況はゴメンだという「憤り」
    (3)「見えている問題=課題」を疑うクリティカルな視点
    【ワーク】冒頭のワークで自身で挙げた「課題」について振り返る
講義
ワーク
  • 3.課題設定の進め方
    (1)問題の「発見」と「解決」の間に位置づけられる「課題設定」
    (2)課題設定に必要な3つのスキル
     ①問題発見 ~問題意識とフレームワーク
     ②問題分析 ~論理的思考と分析メソッド
     ③課題設定 ~問題の本質を見極める視点
講義
  • 4.①問題発見スキル ~予断を排しあるべき姿からものを見る
    (1)問題発見における謙虚な視点
    (2)ブレのない問題発見のための「As Is-To Be」モデル
    (3)問題の3タイプ ~「問題となっているもの」だけが問題ではない
    (4)問題を正しく捉えるための視点 ~問題発見の4P
    【ワーク】自身の課題を4Pの視点でチェックする
講義
ワーク
  • 5.②問題分析スキル ~問題を切り分け対処しやすくする
    (1)求められる「論理的思考力」
    (2)分析のステップ1 ~「分ける」
    (3)分析のステップ2 ~「深掘る」
    (4)分析のステップ3 ~「俯瞰する」
    【ワーク】グループで一つの「課題」をロジックツリーを使って分析する
講義
ワーク
  • 6.③課題設定スキル ~本質的な問題(イシュー)を見極める
    (1)イシュー(Issue)とは何か ~よい課題設定のための考え方
    (2)最初は「直感」、後から「裏付け」
    (3)課題の質を上げるための視点
     ①本質的な選択肢となっているか
     ②深い仮説があるか
     ③答えが出せるものか
    (4)本質的でない意見に対する対処の仕方
     ①思考停止を疑う
     ②議論のすり替えに警戒する
     ③費用対効果でジャッジする
    【ワーク】5章のワークで分析した問題に対し、イシューの視点を踏まえて課題を設定する
講義
ワーク
  • 7.課題解決に求められる巻き込み力
    (1)求められる論理性と共感性
    (2)段階を追って活動を展開・定着させる
    (3)課題解決の主体者であり続けること
講義
  • 8.まとめ
ワーク

6013

企画者コメントcomment

ビジネスパーソンの仕事は、問題解決の連続です。問題の解決は、”HOW”の問題であり、解決手法を身に付けたり、実行手段を手に入れることで進めることができます。しかし、どの問題を解決すべきなのか(=”WHAT”)、さらには、なぜその問題を解決しなければならないのか(=”WHY”)といったことを考える上では、意思決定力が求められます。問題解決の手前には、課題設定という重要なプロセスがあることを知っていただき、そこで求められるスキルとマインドを身に付けていただくことで、より本質的な問題解決に取り組んでいいただければと思ってこの研修を企画いたしました。

スケジュール・お申込みschedule・application

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

※申込期日とキャンセル期日はオンライン開催とセミナールーム開催で異なります。ご注意ください

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年11月20日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

94.4%

講師:大変良かった・良かった

92.2%

※2020年10月~2021年9月

実施、実施対象
2021年6月     14名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
85.7%
講師:大変良かった・良かった
92.9%
参加者の声
  • グループ内で発生する、問題に対する課題のアプローチの仕方などを学びました。サーバント型のリーダーシップを目指し、オーナーシップを発揮していきたいです。
  • 課題を細分化して俯瞰してみることを、実際の業務で活かします。課題設定に、自主的なものと会社的なものが混在していたが、研修を通して分別することができ、自主的に対応できるものを注力して問題解決に向けて努めます。
  • 研修で学んだ課題の見つけ方を参考にし、チーム全員が主体性を持って課題に取り組めるように、納得と共感が得られるかを意識します。
  • 問題の選択、課題設定に必要なスキルは、明日からでも試そうと思いました。場当たり的に、問題に対して解決策を講じるのではなく、取り組むべき問題を見出して課題を設定し、解決策を講じます。

実施、実施対象
2021年3月     22名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
95.5%
講師:大変良かった・良かった
81.8%
参加者の声
  • あるべき姿や目標を設定する際、ロジックツリーを使用して問題の洗い出しから本質的な課題まで追究できるように深堀りをして、課題設定をする。また、相手を説得させるために効果的な手法をコミュニケーションを通じて把握し、自身の意見が通るように、周りを巻き込みながら取り組む。
  • 課題抽出の考え方について、日々の問題点に対して活かしていきます。今まで問題の分類を多くしすぎていたため、3個に抑えてわかりやすい説明を心掛けます。
  • 問題・課題点の改善やビジュアルシンキングで新しい価値を創出します。考え方、アプローチの仕方など大変勉強になり、現場で実践できると思いました。
  • まずは自己スキルアップを行ううえで、今の自分から目標の自分へのプロセスを考えていきます。業務に対しても、自分なりのアプローチを仕掛けていきます。
  • 問題設定のコツを教えていただきました。業務で実践し身につけられるようにこれからも繰り返し実行していきます。問題の本質を見極めるまで深堀りすることを心掛けます。

実施、実施対象
2021年2月     24名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
91.7%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 他人事と思っていることを一度立ち止まって自分事に置き換えてみる。周りを巻き込んでの問題解決に活かしていきたい。
  • 自分達の抱えている問題点を「本来どうあるべきなのか」というところから改めて考える。課題を選定するにも深堀りが必要なことが分かったので、実践していく。
  • 研修で学んだことを業務上の課題解決に役立てていきます。数多くある問題の中から、いかに本質的な課題を導き出すかが重要だと実感したので、課題設定スキルを磨いていきます。
  • 今後問題を発見・課題を解決する際のスタンスについて、常に自分ごとと捉え、周りのメンバーを巻き込んで取り組んでいく。問題分析を実践するのは難しかったが、今日はチーム内で具体的に言葉にしていくことで形が見えてきたように思う。
  • 問題点を洗い出し、課題設定を行って、経理業務の改善のため有効活用していきます。問題と課題の区分けが言葉ではわかるのですが、実際に整理する際に、問題を課題としてしまいそうなので、再度テキストを読み込み自分なりの捉え方を確立させたいと思いました。

実施、実施対象
2020年12月     12名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 自分が今抱えている問題に活かし実践してみます。社内関係者との情報共有により、残業時間を成らす結果に繋げたいです。
  • 特に自分に不足している論理的思考・説明力、網羅性を普段の業務やコミュニケーションの中で使えるようになる。
  • 間題意識を持って、後まわしにせず解決に向かって取りくみたい。各業務が専門性があり属人化しやすいので共通スキル化、マルチスキル化していく。
  • 問題に対し、すぐに答えを出すのではなく、一度抽象度を上げて分析するよう考え方を見直したい。また、その際はロジックツリーと含め、既有のフレームワークを活用することを心掛ける。
  • 「あるべき姿」をしっかりイメージすることで日々の業務で「今の状態」とのギャップを見出し課題を設定できるよう意識していきます。

実施、実施対象
2020年11月     6名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • これからは、答えありきの思考ではなく、課題点を熟考し、問題点を洗い出す事を念頭におきたい。
  • 「なぜ、どうして」をつきつめて、様々な部分に目を向けられるようになりたいです。問題解決とは問題にしてはいけないということが印象に残りました。
  • 思い込みや経験から課題を設定するのではなく、しっかりと原因を考えたうえで設定していきます。
  • これからは、問題をあれこれ並べず、課題を見つける。そして、優先順位をもっと考えていく。
  • これまでは、先に結果を求めた行動をし、解決しようとしていたが、これからは「クリティカルシンキング」を常に意識して行動していきたい。問題解決は、分かっていることを解決するのではなく、問題を起こさない様にすることだとわかった。

お気軽に
ご連絡ください

メール・お電話でのお問合せ

公開講座に関するQ&Aはこちら

研修リクエストのお問合せ

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
94.4
講師がとても良い・良い
92.2

※2020年10月~2021年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
関連テーマ
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修