loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

システム開発研修 ~システム開発の工程を知る編(1日間)

システム開発研修 ~システム開発の工程を知る編(1日間)

システム開発の手順や工程管理の要点、処理の流れ図や業務の切り分け、運用・障害対策などを学ぶ

研修No.B SYS610-0000-2285

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 新入社員
  • 若手層
  • 中堅層

・システム開発に初めて携わる方
・システム開発の基本知識を身につけたい方

よくあるお悩み・ニーズ

  • システム開発の手順や工程管理の要点を学びたい
  • より良いシステム開発を行うための、実践的なスキルを学びたい

研修内容・特徴outline・feature

システム担当者に求められる役割・視点について理解し、必要となる最低限のコンピュータの知識・スキルを「コンピュータ」「ネットワーク」「データー ベース」「システム開発」という4つの観点から体系的かつ実践的に学んでいただきます。特にシステム開発のパートでは、システム開発の原理原則、システム開発手順・工程管理、システム開発のコストなど社内システムに関する知識を多面的に学んでいただくことで、自社のシステムの行動指針や計画を理解すると共 に、本研修の成果を職場へフィードバックすることを目指します。

到達目標goal

  • ①システム開発の全体的な流れについて、理解する
  • ②基本的な開発手順や、運用、障害対策などを行う上で重要な考え方について習得する
  • ③より良いシステム開発を行うための、実践的なスキルを学ぶ

研修プログラム例program

内容
手法
  • 1.システム開発の原理原則
  • (1)品質の良いシステムとは?
    (2)システムが要求する5つの要件
    (3)良い品質のシステム開発を実現するために 
      ~重要なのは「業務効率の向上」
講義
  • 2.現状調査・分析のコツ
  • (1)業務の流れを全体的に整理する(=森を見る)
    (2)業務の流れを全体から部分に分けていく(=木を見る)
    (3)イレギュラー業務処理を考える
    (4)ユーザーインターフェイス(画面・帳票)を考える
    (5)言葉の定義を押さえる
講義
演習
  • 3.システム開発手順・工程管理の理解
  • (1)システム開発の手順
    (2)各工程の作業内容と役割分担
    (3)手離れの良い開発要件の受け方~失敗しない進捗管理
    (4)失敗しないための秘訣
講義
演習
  • 4.テスト・納品・導入
  • (1)テスト
    (2)納品のポイント
    (3)現場導入のポイント
講義
演習
  • 5.システム運用・障害対策
  • (1)運用・障害対策のポイント
    (2)障害対策のポイント
講義
演習
  • 6.システム開発コストを理解する
  • (1)工数(人月)の見積もり方
    (2)具体的な人月算定方法
    (3)見積書の作成
    【ご参考】
    ①コンピューターの3つの構成要素
     ~CPU・メモリ・ハードディスク
    ②ハードウェアとソフトウェアの違い ③OSとは
    ④データベースとは ⑤ネットワークとは
講義
演習

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2017年 3月     16名
業種
情報通信・ITサービス
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • システム化の話に限らず、やりたいことを、その業務を全く知らない人に伝える時のエッセンスがすべてあるように感じました。様々な場面で活用していきたいです。
  • 実際にシステム化する案件があるので、どんどん活かしていきます。
  • システム改修を進める際に、目的や課題を明確にしてから進めることが大切だと思った。

開発者コメントcomment

本研修では、システム開発の正しい手順や工程管理の仕方、運用・障害対策、コスト計算などについて、理解を深めて頂きます。 ポイントを絞って講義を行いつつ、「処理の流れ図を作成する」や「通常業務とイレギュラー業務の切り分けを行う」といった演習を行い、実践的にスキル強化を図っていきます。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座(申込み・支払い等)、WEBinsourceに関するお問い合わせ→①
講師派遣型研修、動画教材・e-ラーニング、人財育成スマートパック、その他のお問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

IT研修(情報技術研修)
年間総受講者数
5,136
内容をよく理解・理解
83.0
講師がとても良い・良い
85.7

※2019年10月~2020年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

メールマガジンのご登録

ご希望の日時・Web会議ツールでの商談ご希望の方はこちらへ オンライン商談ご予約専用フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

デジタル人材養成講座

DXストア

内部人材のDX人材化に向けたインソースの事例紹介

コンテンツマーケティング代行・支援サービス

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

冊子教材・テキスト付きeラーニングレンタルプラン

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報

直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!