loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

(自治体向け)デザイン思考研修~住民の視点に立った行政サービスを実現する(1日間)

(自治体向け)デザイン思考研修~住民の視点に立った行政サービスを実現する(1日間)

問題の本質は何か、を徹底的に考えたカリキュラムで、現場で役立つスキルやノウハウを習得!

研修No.B MKT430-0900-4013

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 全階層

・ユーザー視点(住民やサービス利用者等)で改めてサービスを見直したい方
・デザイン思考とは何かについて知りたい方
・デザイン思考のプロセスを体感したい方
※ご受講いただく方の部署は不問です。部門横断で受講者を募ることで、枠にとらわれない柔軟なアイデアが出やすくなります

研修内容・特徴outline・feature

本研修では、自治体でデザイン思考が注目されている背景と、デザイン思考の5つのプロセスについて学びます。また、グループワークでデザイン思考のプロセスを実践していただきます。

今多くの自治体で、地域の課題をユーザー(住民やサービス利用者など)視点で解決するための考え方として「デザイン思考」が注目されています。
住民やサービス利用者、企業などの視点に立って施策を考える際にデザイン思考は非常に有効です。

研修プログラム例program

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.デザイン思考とは
    【事例研究】自治体におけるデザイン思考の事例を読み、「デザイン思考活用のメリット」をグループで話し合う
    (1)デザイン思考による課題解決とは 
    (2)デザイン思考に注目が集まる背景
    ①サービスデザイン思考に基づく業務改革の推進(国の方針)
    ②利用者目線でのサービスの向上
    ③多様な人々の協働によるイノベーションの実現
    (3)自治体におけるデザイン思考活用事例
    ・住民と協働でサービスの改善、CS向上を行う
    ・自治体、企業、団体が連携して地域課題を解決する
    (4)本日の研修で学ぶこと
講義
ワーク
  • 2.デザイン思考のプロセス
    (1)デザイン思考のプロセス
    (2)共感:現場でじっくりとユーザーを観察
    (3)インサイトについて
    【ワーク】あなたが関わっているサービスで、「観察」をどのようなサービスについて実施したら有効であると考えるか
    (4)定義:集めた情報を基にイノベーションを起こせるテーマを定義
    (5)発想:設定したテーマを具体化するアイデアを検討
    (6)試作:アイデアを端的に伝えるプロトタイプを作成
    (7)試行:レビューやユーザーからのフィードバックを受ける
講義
ワーク
  • 3.デザイン思考を試してみよう!
    これまでの講義を踏まえ、グループワークでデザイン思考のプロセスを実践する
    ■STEP1 テーマ設定
    テーマ設定は組織の課題に合わせて設定
    例:住民サービスの改善策
    ■STEP2 共感
    ・ユーザーが体験することを想像する
    ・ユーザーが困っていることを考える
    ・テーマに沿って、スマホなどを使いユーザーの声を集める
    ■STEP3 定義
    ・集めたユーザーの声を基にコンセプトを決める
    ・どのような状態を目指すべきかを決める
    ■STEP4 発想
    ・ブレインストーミングで多様なアイデアをできるだけ多く洗い出す
    ■STEP5 試作
    ・アイデア出しをして、一番やってみたいものを絵や図などの形で表現し、プロトタイプを作成する
    ■STEP6 試行
    ・STEP5で考えたプロトタイプをプレゼンし、意見をもらう
講義
ワーク
  • 4.まとめ
    【ワーク】デザイン思考の考え方を今後どのように活用していくのか考える
ワーク

5937

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2020年1月     22名
業種
大型市・区
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
95.5%
参加者の声
  • あらゆる解決策を、通り一辺倒ではなく粘り強く検討していくようにしたい。
  • 演習やディスカッションの時間が多く、有意義な研修だった。「なぜ」を繰り返して考え、ユーザー体験を行うことを取り入れていきたい。
  • 業務改善だけでなくデザイン思考という角度から問題解決するアプローチを学べた。

実施、実施対象
2019年10月     36名
業種
年金・共済・健康保険
評価
内容:大変理解できた・理解できた
83.3%
講師:大変良かった・良かった
88.9%
参加者の声
  • 明確な目標を持ち、こまめにコミュニケーションをとることで業務改善につながることが分かった。
  • 改善すべきテーマは小さなものも含めてあるので、目標設定・対策の立て方など研修での学びを参考にして取り組めればと思いました。
  • 今のやり方が当たり前になってしまっている業務について、さらに効率化を図れるところはないかを見直したい。

実施、実施対象
2016年9月     33名
業種
学校・学校法人
評価
内容:大変理解できた・理解できた
81.8%
講師:大変良かった・良かった
81.8%
参加者の声
  • 自分だけの狭い視点ではなく、様々な視点から問題点を見つめ直すことができた。ディスカッションで挙がった問題を解決できるよう、取り組んでいきたい。
  • いろんな意見が出てくるのを認めたうえで、問題や課題について話し合うことができて良かった。コミュニケーションをとることが重要だと思った。
  • 初めてブレインストーミングを体験しましたが、問題解決において全員が参加しているという当事者意識を持たせることができ、有効だと感じました。実践に繋げたいです。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

官公庁・地方自治体職員(地方公務員)向け研修
年間総受講者数
256,481
内容をよく理解・理解
93.4
講師がとても良い・良い
91.7

※2019年10月~2020年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

メールマガジンのご登録

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

ストレスチェック

シティプロモーション

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!