loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

デザイン思考研修

デザイン思考研修

検索ボタン

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修の特徴・目的

コト消費時代にマッチした思考方法を学ぶ

コモディティ化や商品の寿命が短い昨今、スピーディーでイノベーティブな企画が求められています。

デザイン思考とは、デザイナーが実践してきた手法をもとに考え出された、イノベーション実現の思考プロセスです。従来の価値観や前例にもとづいて問題解決やアイデア創出を行うことが難しくなってきた今の時代に、問題の“本質”は何かを、お客さまへの“共感”を起点として徹底的に考え抜き、見える化し、さまざまな視点からアプローチしていきます。「モノ」ではなく「コト」消費といわれている時代に最適な思考方法といわれており、多様な顧客ニーズに応える新しい商品・サービスを生み出したり、不連続な成長に資するアイデアを出すための思想、プロセスとして注目されています。

デザイン思考研修のポイント

新しい思考方法は、枠組み(フレームワーク)を示して、その具体的な事例を学ぶのが近道です。

明確なフレームワークを学ぶ

①共感する:ユーザー視点で徹底的に考える
②絞り込む:解決すべきターゲットを絞り込む
③発散する:できるだけたくさんアイディアを出す
④試作する:プロトタイプをつくる
⑤テストする:検証・改善を行う

のプロセスを学びます。その際、各プロセスにおけるポイントやコツを伝授します。例えば、①でいえば、お客さまを徹底的に観察し、不満の発見やお客さまへの共感からアプローチするのが効果的です。

事例で学ぶ

デザイン思考で実際に具体化した商品やサービスを紹介し、何がポイントになっていたかを考えていただきます。まずは、真似ることです。

実際にフレームワークを使って学ぶ

わかったつもりから一歩前に出るために一番効果的なことは、実際にこのフレームワークを使ってみることです。

デザイン思考研修ご検討のお客さまからのご質問 ~講師・内容・実施方法など

どのような仕事に役に立ちますか?

A.新商品・新サービスの企画・開発だけでなく、販売企画や推進にも役立ちます。 CS(顧客満足度)を向上するためのしくみづくりのヒントにもなります。 あるいは、ロジカルシンキング・ラテラルシンキング・クリティカルシンキングなどの思考方法の延長として日常業務の幅を広げることにもなります。

どのような研修とセットにすると効果が高いですか?

A.商品企画の観点でいえば、企画力研修マーケティング研修、あるいはラテラルシンキング研修とは相性がよく、セットで受講されることをおすすめします。

自分で学ぶことと研修で学ぶこととの違いは何でしょうか?

A.実際にフレームワークを使って学ぶという点は、研修でないと通常できません。他の受講者がどのようにデザイン思考を具体化しているのも見ることができますので、理解度が深まります。

{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

デザイン思考研修のご提供コンテンツ

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!