loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

ハラスメント防止研修 上司力の向上でハラスメントを防止する(1日間)

ハラスメント防止研修 上司力の向上でハラスメントを防止する(1日間)

ハラスメントの正しい知識を習得したうえで、ハラスメントを起こさないための「上司力」の向上を図る

研修No.B HRS191-0200-3206

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層

ハラスメントを起こさないための「上司力」を向上させたい方

研修内容・特徴outline・feature

本研修では、ハラスメントの正しい知識を習得したうえで、ハラスメントを起こさないための「上司力」の向上を図ります。「采配力」「コミュケーション力」といったマネジメントスキルとともに、「常識力」「仕事力」といった上司としての在り方から、ハラスメント防止の施策を学びます。

■関わらない・距離を置くマネジメントでは、ハラスメントは防止できない

ハラスメントのニュースが大きく報道されると、部下と積極的に関わらないほうがいいと考える管理職もいるでしょう。しかし、距離を置くマネジメントでは、部下に対し、適切な業務配分やコミュケーションを取ることができず、上司としての役割を全うできません。必要なのは、冷静かつ積極的な部下へのアプローチです。

■ハラスメントのイエローサインや、ハラスメントと指摘された時のことまでカバー

ハラスメントを防ぐための部下の見方や、ハラスメントだと指摘されてしまってからの対処方法についてもお伝えします。本研修は、管理職としてのスキルを高めながら、ハラスメントについて学ぶことのできる一挙両得の研修です。

【研究レポート】ハラスメント対策・防止の3つの視点~職場の事例から考える

研修プログラム例program

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.ハラスメント防止に求められるのは、冷静な、先手のマネジメント
    【ワーク】ハラスメント事例から感じたこと、管理職として難しいと思うことを共有する
    (1)ハラスメントは組織の大きなリスク ~組織の信頼・売上に直結する
    (2)ハラスメントは、加害者も被害者も組織も疲弊する
    (3)関わらない・距離を置くマネジメントでは、ハラスメントは防止できない ~積極的な部下へのアプローチがハラスメントを防止する
講義
ワーク
  • 2.ハラスメントの基礎知識
    (1)無知・無自覚がハラスメントを招く
    【ワーク】セルフチェック
    (2)セクシュアルハラスメント・パワーハラスメント
    (3)ダイバーシティ時代の多様なハラスメント ~マタハラ、パタハラ、ケアハラ等
    (4)労務管理の基礎知識   
    (5)大前提 ~仕事とプライベートは切り離す
講義
ワーク
  • 3.管理職としての現状認識
    (1)管理職としての自分を見直す
      ハラスメント加害者になる上司は、部下をあなどり、部下からもあなどられている
    (2)現状把握 ~部下との信頼関係を築くために
      ①采配力・・・部下の能力に適した業務配分を行い、管理しているか
      ②コミュケーション力・・信頼関係を築くコミュケーションを取れているか
      ③常識力・・・・人として当たり前のことができているか
      ④仕事力・・・部下の信頼を得るほどの仕事力があるか
    (3)信頼獲得戦略を考える ~自分はどんなリーダーになり得るか
    【ワーク】自己チェックを行い、信頼獲得戦略を考える
講義
ワーク
  • 4.采配力 ~部下の力量に合わせた業務配分
    (1)采配のミスが、過重労働を引き起こす
    (2)采配とは、業務配分を間違わないこと
      ①部下に適した業務を配分する
      ②部下に能力以上の要求をしない
    (3)部下の業務能力を正確に把握する
      ①部下によって成長スピードは違う
      ②部下のタイプを知る ~ファンタジスタであるか、堅実な遂行者
       であるか
    (4)自分の部下管理力を冷静に把握する ~何人の部下ならマネ
       ジメントできるか
    【ワーク】自チームの部下に適した仕事を考える
講義
ワーク
  • 5.コミュケーション力 ~成長を願う心で行う部下指導
    (1)信頼関係を築く日常のコミュケーション ~コミュケーションを通して部下を観察する
    (2)ハラスメントにならない褒め方・叱り方
    (3)言ってはいけないことを知り、言い換え方を学ぶ
    【ワーク】NGワードを部下に言い換えて伝える
講義
ワーク
  • 6.リスク管理 ~自己研さんで信頼を得る
    (1)信頼される上司としての立ち居振る舞い ~身だしなみ、話し方、品行方正
    (2)信頼を得るためには、賢慮も時には必要 
    (3)業務を与えたら、「理由」と「内容」を記録する
講義
  • 7.ハラスメントだと指摘されたら
    (1)抱え込まない ~組織で対処する  
    (2)迅速に対処する
     【コラム】部下がハラスメントだと感じるイエローサイン
     ■部下の変化に気づく ~目を合わせない、元気がない、報告・相談がない
講義
  • 8.まとめ
    【ワーク】管理職として明日から取り組むことを書き出す
ワーク

4735

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2020年7月     19名
業種
非営利団体・官公庁関連組織
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
94.7%
参加者の声
  • 直感や気分で発言することが無いように気を付ける。また、ハラスメント防止を自分だけの心がけにせず、周囲や組織全体にも広めていく。
  • パワーハラスメントなどの防止だけに留まらず、より良好な職場環境作りや、部下との関係について示唆深い研修でした。各人が働きがいを感じられる職場作りに努めたいです。
  • 「ハラスメント防止」という目的の研修だったが、「よい職場とは何か」という基本を気づかせてもらえた。部下とのコミュニケーションのを深め、いい人間関係を築くことでパワーハラスメントの防止に努める。

実施、実施対象
2020年2月     28名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
92.9%
参加者の声
  • 相手に関心を持ち、育成する。叱る場面でも、成長の糧となるような言葉遣いやほめることを意識する。
  • 部下の話を聴く「積極的傾聴」を業務に活かしていきたい。コミュニケーション向上のため、皆をよく観察し声をかける。
  • ハラスメントだけでなく、コミュニケーション面からも充実した内容であり、業務全般に活かしていきたい。

実施、実施対象
2018年 2月     12名
業種
年金・共済・健康保険
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • ハラスメントについてあいまいだった線引きが、少し分かった。注意するときの指導もしっかりと行いたい。
  • ハラスメント防止について再認識ができ、明日から実践する自信がついた。
  • 誰が悪いということではなく、なぜハラスメントが起きたのか、どうしたら防ぐことができるのか、管理職で話し合いができたので良かった。

実施、実施対象
2017年 8月     66名
業種
現業系公務
評価
内容:大変理解できた・理解できた
92.4%
講師:大変良かった・良かった
86.4%
参加者の声
  • 具体的で大変分かりやすかった。自らを振り返り、改善すべき点を洗い出すことが必要だと感じました。
  • 職員への対応の振り返りや、日ごろの自己の行動を反省する機会となりました。
  • 研修を通して、知っているつもり・理解しているつもりになっていた部分を把握できた。職場環境を良好な状態にするためにこのような研修を受講することが大切と感じた。

実施、実施対象
2017年 7月     18名
業種
運輸・倉庫
評価
内容:大変理解できた・理解できた
94.4%
講師:大変良かった・良かった
94.4%
参加者の声
  • 今まで以上に自分の言動に注意を払い、コミュニケーションを取っていこうと思います。
  • ひとことでハラスメントと行っても多岐にわたることが理解できました。業務に活かせるようにしていきたいです。
  • 具体的で分かりやすく、すぐに実践できるものばかりでした。今まで気づかなかったことを学べました。今後の部下との接し方に活かします。

開発者コメントcomment

本研修は、ハラスメントに対する防止意識を醸成し、同時にハラスメントにならないマネジメント方法を学びたいというお客様の声から生まれました。

前半では、管理職として求められるハラスメントに対する考え方を理解します。
そして後半は、ハラスメントを招かないためのスキルとして「采配力」「コミュニケーション力」「リスク管理」を学びます。

ハラスメントに対する意識だけでなく、マネジメントスキルも身につくと好評の研修です!

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

ハラスメント防止研修
年間総受講者数
44,506
内容をよく理解・理解
93.4
講師がとても良い・良い
89.8

※2019年4月~2020年3月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

メールマガジンのご登録

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia ハラスメント

全力ケーススタディ コンプライアンス研修編

今、求められる組織のリスク対策教育

研修の現場より 現代の管理職のみなさまへ

管理職研修プログラム

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!