ゆっくり学ぶ部下指導(2日間)

ゆっくり学ぶ部下指導(2日間)

新人・若手を早期に育成し、戦力化するために、実践的なワークを通じて「指導スキル」を強化

研修No.B OJT255-0000-4216

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

対象者

  • リーダー層
  • 中堅層
  • 管理職層

・新入社員の指導担当者としてOJTを行う若手や中堅層の方
・新人や若手の指導を担うチームのリーダー層の方
・部下とのコミュニケーションにお悩みの方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 新人のOJT指導を任されることになったので、手法を学びたい
  • 新人の受け入れが久しぶりで、育成ノウハウを持っている人が社内にいない
  • 部下のタイプ別に、どのように関わっていくか学びたい

研修内容・特徴outline・feature

OJTの真の目的は、“自分で考えて動ける”自立した人材を早期に育成することです。そのためには、仕事の仕方を教えるのはもちろんのこと、仕事の判断軸を養っていくことが重要になります。まず、「なぜ」「何を」「どうやって」や「まずやって見せる」といった、ティーチングの基本となる考え方と行動を身につけます。そのうえで、「傾聴」「質問」「承認」といった、部下の考えや行動を引き出すコーチングスキルを身につけます。

また、部下を持つ立場の方たちが共通して持つ、「コミュニケーションの悩み」を解決するため、具体的な部下のタイプやシチュエーションを踏まえて、上司としてどのように対応すべきかを実践的に学んでいただきます。

到達目標goal

  • ①新人・後輩指導における漠然とした不安を解消する
  • ②指導の具体的な手法(ティーチング、コーチング)を理解する
  • ③タイプ別の部下との関わり方を理解し、自身の部下について考える
  • ④部下の特性に合わせたコミュニケーションの取り方を習得する

研修プログラム例program

研修プログラム例(1日目/2日間)
内容
手法
  • 1.はじめに
    (1)指導される側の頃に不安だったことは
    【ワーク】指導される立場だった頃に「不安」を感じた場面を共有する
    (2)不安のもとは不慣れな「仕事」と「人間関係」
講義
ワーク
  • 2. 現場での指導力とは何か~OJTによる指導
    (1)OJTとはOn the Job Training
    (2)「実務能力」を習得させる
    (3)「考え方の軸」を確立させる
    (4)OJTは「準備」、「継続」、「計算」
    (5)Off‐JTも大切
    (6)指導者(指導を担う人)の役割
    【ワーク】OJTトレーナーとして、組織から求められている役割を考え、共有する
    (7)指導者に求められるもの
講義
ワーク
  • 3. ティーチングとコーチングの違い
    (1)目的の違い
    (2)指導内容と指導方法の違い
    (3)コーチングが効果的でない時
    (4)コーチングが求められる時
講義
  • 4. 現場での指導の進め方①~ティーチング
    (1)指示の仕方
    (2)指示した内容を確認する
    (3)報告させる、相談を受ける
    (4)効果的なほめ方
    【ワーク】部下の一人を想定し、ほめるところをできる限り書き出す
    (5)「叱る(注意する)」ということの理解
    【ワーク】注意しなければならないのに言いづらいこと、その伝え方を共有する
    (6)不平不満の受け止め方~まずはきちんと聞く
講義
ワーク
  • 5. 現場での指導の進め方②~コーチング
    (1)コーチングの基本的な考え方
    (2)コーチングの前提
    (3)コーチングの効果
    (4)コーチングスキル①~「傾聴」
    【ワーク】テーマを題材にして、「聴く練習」をする
    (5)コーチングスキル②~「質問」
    【ワーク】相手が抱える問題を訊きだす質問を考える
    (6)コーチングスキル③~「承認」
    【まとめのワーク】1日目の研修を振り返り、気付いた点や感じたことを共有する
講義
ワーク

研修プログラム例(2日目/2日間)
内容
手法
  • 【参考】GROWモデルの活用
  • 6.部下・後輩の話を受け止めるコミュニケーション
    (1)コミュニケーション障害の根源にある「無関心」
    (2)上司・先輩に求められる部下・後輩に関与する覚悟
講義
  • 7.タイプ別の部下・後輩との関わり方
    (1)目標達成志向型 VS リスク回避重視型
    (2)意識的バックレ型 VS 無意識ダダモレ型
    (3)優柔不断型 VS 頑迷型
    【ワーク】部下を6つのタイプにあてはめ、特徴を具体的に書き出し、どのような接し方が有効か考える
講義
ワーク
  • 8.一歩踏み込んで部下・後輩を知る
    (1)「仕事とプライベートは切り分ける」の功罪
    (2)扱いづらい部下・後輩に対して
講義
  • 9.ケーススタディ
    ①指示待ちタイプのAさんのケース
    ②ミスを繰り返すBさんのケース
    ③すぐに上司に丸投げしようとするCさんのケース
    ④仕事に余裕をなくしているDさんのケース
ワーク
  • 10.まとめ
    (1)3カ月後に達成すべき「目標」を1つ設定
    (2)いきなり100ではなく、1つずつステップアップする姿をイメージ
    (3)今日から開始する「コーチングプラン(行動計画)」を作成
ワーク

6217

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

お問合せ急増中のテーマ

新人研修2020

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia タイムマネジメント

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

人財育成パッケージプラン

全力ケーススタディ

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

新作研修~こんな研修できました

コンサルティング事例集

人材育成の7つのポイント

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

LMS・研修管理

eラーニング・映像制作

交流型無料セミナー

スピード見積もり

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!