loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

タフ・ネゴシエーション研修~4つのスキル強化で困難な交渉をWin-Winに導く(1日間)

タフ・ネゴシエーション研修~4つのスキル強化で困難な交渉をWin-Winに導く(1日間)

不利な状況下においても伝えるべきことを伝え、相手を納得させるスキルを身につける

研修No.B NEG170-0000-4366

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 中堅層
  • 管理職層

・難易度の高い交渉をうまく妥結させる方法を学びたい方
・互いにとってWin-Winとなる「最高のゴール」に導くための交渉スキルを身につけたい方
・ロールプレイを通じ交渉スキルを徹底的に学び、習得したい方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 立場が不利な状況での条件交渉で、相手に押し切られ、条件をのむ形になってしまう
  • 失敗できない重要な交渉において、どのような事前準備をすればよいのか知りたい
  • 相手に負担を強いるような交渉の際に、うまく説明するのが難しいと感じる

研修内容・特徴outline・feature

本研修では、困難な状況においても相手に押し切られることなく、互いにとって納得感のある交渉をするためのポイントを学びます。
①利害関係者の洗い出しと調整 ~コンセンサス・マネジメント
②タフな条件の中での論理的な説得 ~プレゼンテーション
③タフな状況下で主張を伝える ~アサーティブ・コミュニケーション
④お互いの主張の中から解決策を見出す ~合意形成
よくあるケースに基づいたシナリオ作りやロールプレイを複数回行うことで、実践力を身につけます。

到達目標goal

  • ①交渉にあたっての事前の根回しやキーパーソンの見極めができるようになる
  • ②立場が不利な状況であっても自分の主張を分かりやすく、印象よく伝えられるようになる
  • ③意見が対立した際の切り返しや代替案の提示ができるようになる
  • ④ロールプレイを通じて、相手にとってメリットを感じられる説明力を身につける

研修プログラム例program

内容 手法
  • 1.交渉の失敗例から実践的なポイントを理解する
    【ワーク】過去の交渉の失敗経験を振り返る
    ■タフな交渉が破綻してしまう4つの原因
講義
ワーク
  • 2.交渉の原則と基本的な手順
    (1)当事者の利益の総和が最大となる解決策(Win-Winの解決策)を見つけ出す
    (2)面と向かって交渉しない ~根回しという方法も有益
    (3)ビジネスにおける交渉は友好的に行うべき
    (4)交渉の前に
    (5)交渉の実際
講義
  • 3.利害関係者の洗い出しと調整 ~コンセンサス・マネジメント
    (1)交渉の前にまず調査
    (2)コンセンサス・マネジメント
    (3)立場の違いが意見の違いを生む
    (4)関係者を洗い出す
    (5)コンセンサス・マネジメントのポイント
    (6)コンセンサス・マネジメントの手順
    (7)ケーススタディ
    【ワーク】ケースに基づき考慮に入れるべき関係者を洗い出し、最高のシナリオを達成するための調整すべき相手、説得のポイントを考える
講義
ワーク
  • 4.タフな条件の中での論理的な説得 ~プレゼンテーション
    (1)「伝える」ための3つの要素
    (2)プレゼンテーションのゴールを明確にする
    (3)構造化する
    (4)展開を作る
    (5)慣用的な展開の「型」を使う
    (6)より説得力のある話の展開
    (7)ケーススタディ
    【ワーク】ケースに基づき説明するシーンを想定し、お互いにプレゼンテーションを行う
講義
ワーク
  • 5.タフな状況下で主張を伝える ~アサーティブ・コミュニケーション
    (1)相手の話を受け止める
    (2)相手の言葉に反応を示す
    (3)相手の感情に配慮しながら主張を伝える
    (4)ステップ① 描写する
    (5)ステップ② 表現する・共感する
    (6)ステップ③④ 提案をする、さらなる提案をする
    (7)ケーススタディ
    【ワーク】ケースに基づきシナリオを作り、ロールプレイを行う
講義
ワーク
  • 6.お互いの主張の中から解決策を見出す~合意形成
    (1)合意形成のスキル
    (2)コンフリクトマネジメント
    (3)合意形成のポイント
    (4)テクニックとしての「切り返し話法」「応酬話法」
講義
  • 7.実践ケーススタディ
    【ワーク】以下のステップでロールプレイを行う
    ①考慮に入れるべき関係者の洗い出し
    ②最高のシナリオ・中くらいのシナリオ・最低限死守すべきシナリオの洗い出し
    ③最高のシナリオを達成するために調整すべき相手と立場、説得のポイントの検討
    ④ロールプレイ
ワーク

6699

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

開発者コメントcomment

すでに相手を怒らせてしまっていたり、相手に納得してもらえそうにない等の状況において、交渉の難易度は上がってしまいます。こうした状況下においても、相手の言いなりにならず、互いが納得できる妥結点を見出し、相手にとって納得のいく説明をするスキルを身につけていただきます。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

交渉力研修(ネゴシエーション研修)
年間総受講者数
1,855
内容をよく理解・理解
96.6
講師がとても良い・良い
93.9

※2019年10月~2020年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

メールマガジンのご登録

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!