loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

アサーティブコミュニケーション研修(半日間)

アサーティブコミュニケーション研修(半日間)

相手の話の内容、意図、心情を読み取る傾聴や、納得しやすい話の順番などの伝え方を理解する

研修No.B CMN520-0300-0676

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 全階層

相手の意図を汲み取り、自分の伝えたいことを「スムーズに」伝えられるようになりたい方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 相手に依頼したり、言いにくいことが言えず、仕事が滞ってしまう
  • いつも他部署の担当者と口論になってしまう
  • 他部署に仕事の依頼をスムーズに行えるようになりたい

研修内容・特徴outline・feature

相手の意図を汲み取り、自分の伝えたいことを「スムーズに」伝えるために、以下の3点を習得します。
①アサーティブの考え方、行動パターンを理解する
②相手との関係性を深め、相手の話の内容、意図・心情を理解するための傾聴力
③相手の立場を配慮しながら、相手が受け容れやすい(納得しやすい)ような伝え力(順番・構成、表現の留意点など)

到達目標goal

  • ①受身でも、攻撃的でもなく、相手が受け容れやすい形でコミュニケーションを行う、アサーティブの考え方、行動について理解する
  • ②相手との関係性を深め、相手の話の内容、意図、心情を読み取るための傾聴の仕方について理解する
  • ③DESC法による相手が納得しやすい以下の流れのような話の伝え方を理解する。「相手に自分が言いたい全体像を提示」(描写、Describe)→「相手の反応を受け止め、それについて回答」(表現、Express)→「自分の考えを相手が受け容れやすい、納得しやすいように伝える」(提案、Specify)→「相手の反応を受け、論点を互いに整理し、最良と思われる解決策を相手に提示」(選択、Choose)

研修プログラム例program

内容
手法
  • 1.こういう場合どうする?
    <自分の思考・行動パターンを振り返る>

    【ワーク】スーパーで、レジ待ちの際に割り込みをされた時の対応
ワーク
  • 2.アサーティブであるということ
    <アサーティブの定義を理解する>

    (1)考え方と行動のパターン(非主張的、攻撃的、アサーティブ)
    (2)なぜアサーティブになれないのか
    (3)アサーティブになれない場面を具体的に考える
    【ワーク】正直な気持ちを伝えづらい場面の本音を書き出し、パターンと難易度を考える
    (4)感情を整理する(考え方を切り替える、他人は思い通りにならない)
    【参考】認知の歪み
    (全か無か思考、一般化のしすぎ、結論の飛躍、すべき思考 等)
講義
  • 3.アサーティブ・コミュニケーションにおける話の聴き方
    <聴き方のコツを学ぶ>

    【ワーク】相手を尊重する聞き方を考え、共有する
    (1)相手の話を受け止める(最後まで話を聴く、背景まで思いをはせる)
    (2)相手の言葉に反応を示す
    ①あいづち ②相手の言葉を繰り返す
    ③心情理解 ④プラスアルファの情報を与える
    【ロールプレイング】2人1組になり、自由なテーマで会話をし、「聴く」練習を行う
    【ワーク】話を聴いていることが相手に伝わる返事・反応を考え共有する
講義
ワーク
  • 4.アサーティブ・コミュニケーションにおける伝え方
    <伝え方の手順・コツを学ぶ>

    (1)アサーティブ・コミュニケーションの手順~DESC法
    ・描写(Describe)  ・表現(Express)
    ・提案(Specify) ・選択(Choose)
    (2)ステップ① ~描写する
    (状況を客観的・具体的に整理する、簡潔に伝える)
    (3)ステップ② ~表現する
    【ワーク】例文を「 I メッセージ」で言い換える
    (4)ステップ③④ ~提案をする、さらなる提案をする
    ・提案する際のポイント ・お互いが納得のいく結果への導き方
講義
ワーク
  • 5.ケーススタディ
    <学んだアサーティブ・コミュニケーションを実践する>

    【ケース1】異動してきたベテラン従業員に、処理手順を現部署のものに変えてもらいたい
    【ケース2】仕事が山積みのため、参加必要のない説明会への出席を今回は断りたい
ワーク
  • 6.まとめ
    <研修を振り返り、明日からの具体的な行動を決める>

ワーク

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2019年11月     13名
業種
人材・教育サービス・BPO
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 自分の意見を押しつけるのではなく、自他尊重を意識し業務に取り組んでいきたいと思います。
  • 相手に伝える難しさを改めて痛感しました。理解してもらえるような伝え方を意識しながら説明できるようにしたいです。
  • Iメッセージとアサーティブコミュニケーションが普段できていないことを実感しました。1日1つ取り入れるところから始めます。

実施、実施対象
2017年 11月     21名
業種
金融
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 自分の意見を我慢するだけでなく、きちんと相手に伝えることで、コミュニケーションを活発にしていきたい。
  • 「自分の気持ちに正直になる」というポイントが繰り返し説明され、わかりやすかった。
  • ロールプレイングが特に勉強になりました。人と自分の考え方の違いを実感できました。他部署の方と事例の共有ができ良かったです。

実施、実施対象
2017年 6月     33名
業種
大型市・区
評価
内容:大変理解できた・理解できた
97.0%
講師:大変良かった・良かった
97.0%
参加者の声
  • 言葉にせず我慢していたことも多かったと気付きました。職場のコミュニケーションなどに活用していきたいと思います。ありがとうございました。
  • アサーティブコミュニケーションはプライベートでも仕事でも必ずいるものだと思うので為になりました。
  • とても参考になりました。他部署の方とお話しする良い機会でもありました。

開発者コメントcomment

相手の意図を汲み取り、自分の伝えたいことを「スムーズに」伝えられるようになりたい全階層の方向けの研修です(管理職も対象)。アサーティブの考え方、行動について理解し、相手との関係性を深め、相手の話の内容、意図、心情を読み取るための傾聴の仕方、DESC法による相手が納得しやすい以下の流れのような話の伝え方を理解する。「相手に自分が言いたい全体像を提示」(描写、Describe)→「相手の反応を受け止め、それについて回答」(表現、Express)→「自分の考えを相手が受け容れやすい、納得しやすいように伝える」(提案、Specify)→「相手の反応を受け、論点を互いに整理し、最良と思われる解決策を相手に提示」(選択、Choose)

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

コミュニケーション研修の評価
年間総受講者数
29,860
内容をよく理解・理解
95.5
講師がとても良い・良い
93.8

※2020年10月~2021年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「インソースのもと」

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集

ご希望の日時・Web会議ツールでの商談ご希望の方はこちらへ オンライン商談ご予約専用フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

ショートフィルムを使った研修

オンラインセミナー支援サービス

新入社員・指導者レベルアップ研修

インソースの営業研修

remonade~メンバーの心が見えるリモートワークツール

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

冊子教材付きeラーニング・動画レンタルプラン

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報

WEBinsourceの詳細・新規会員登録はこちら

直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!