loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

説明力向上研修 学校法人向け積極的に情報公開を行う編(半日間)

説明力向上研修 学校法人向け積極的に情報公開を行う編(半日間)

問題の本質は何か、を徹底的に考えたカリキュラムで、現場で役立つスキルやノウハウを習得!

研修No.B MDA196-0000-0745

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 管理職層

・学校に求められる説明責任(アカウンタビリティ)についての正しい知識と、情報を適切に伝えるスキルを習得したい方

研修内容・特徴outline・feature

学校に求められる説明責任(アカウンタビリティ)についての正しい知識と、情報を適切に伝えるスキルを学ぶ研修です。

不祥事や緊急のトラブル発生時に限って会見を開くだけでは、説明責任を果たすことは難しい時代となりつつあります。日頃から学校内での出来事は表に出にくいため、ひとたび問題が噴出すると、それまでの学校に対する不信感・不安感が一気に爆発してしまう、という構図が背景にあるからではないでしょうか。

日頃から積極的に情報公開することも説明責任だという認識があると、リスクヘッジはもとより、利害関係者との信頼関係構築にもつながります。それらを踏まえたうえで、本研修では実践的な演習を通じ、翌日から学校の代表として説明責任を果たせる教員・職員となることを目指していただきます。

研修プログラム例program

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.立場を変えて考える
    【ワーク】あなたが保護者だったら、学校の何を知りたいと思うかを考える
ワーク
  • 2.教育事業に携わるものに課せられた説明責任
    (1)説明責任とは
    (2)教育事業における説明責任を果たす場面
    (3)説明責任を果たすために強化すべき力
講義
  • 3.論理的思考で情報を整理する力を高める
    【ワーク】相手に伝わりやすい話をするため、文書を書くためにどんな工夫をしているか共有する
    (1)簡素化のロジック ~伝える内容を構造化する
    (2)階層的に整理する ~幹と枝葉の区別
講義
ワーク
  • 4.型を覚えて伝わるように構成する力を高める
    (1)論理的な展開を考える ~基本は結論を先に述べる
    (2)心理的な展開を考える ~目的に応じて結論の位置は変える
    (3)慣用的な展開の「型」を使う
    (4)「帰納法」と「演繹法」を活用する
講義
  • 5.分かりやすい話の進め方
    (1)要点を明確にする ~内容・緊急度・重要度を意識して
    (2)「話す」にあたっての注意点
    【参考】本番までの3ステップ
    (3)丁寧な話し方に留意する ~説明者は学校の代表である
    【参考】緊急時記者会見
    【参考】記者会見のシナリオの例
    【参考】分かりやすい文書の書き方
講義
  • 6.実践説明演習
    ケース例:あなたが勤める学校は、校舎の老朽化が進んでいるため、大規模改修工事を行うこととなりました。工事期間、門の閉鎖や騒音などが予想されるため近隣住民や保護者への説明会を行うことになりました。
    【ワーク①】ケースをもとにシナリオを作成する
    【ワーク②】想定される質問とその回答を用意する
    【ワーク③】説明者を決め、グループメンバーに向かって説明会を行う
    【ワーク④】メンバーが説明者にフィードバックを行う
ワーク
  • 7.まとめ

5487

1205369

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

開発者コメントcomment

昨今、ハラスメントや行き過ぎた指導によりマスコミを賑わせてしまうことは、もはや他人事ではなくなってきています。マスコミや世間から叩かれる前にできることはなかったのか?と考えたのが、本研修を企画したきっかけです。私も3人の子の母なので、子どもたちの通う学校がこんな学校になるといいなという思いも込めて作成しました。

学校内の情報を取得したい場合、企業や自治体と異なり、ネットで検索しても知りたい情報がヒットすることはごく稀です。子どもたちの様子を必要以上にさらさないという配慮かもしれませんが、圧倒的に情報が少ないと感じていました。

情報公開をネガティブに捉えるのではなく、ポジティブな目的で捉えられるようになると、もっと、学校と利害関係者との距離が近くなるのではないでしょうか。説明責任(アカウンタビリティ)は由々しき事態のときにのみ果たすものではないことを改めて実感していただくために、実践演習は身近に起こり得る学校説明会にしています。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座(申込み・支払い等)、WEBinsourceに関するお問い合わせ→①
講師派遣型研修、動画教材・e-ラーニング、人財育成スマートパック、その他のお問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

大学職員向けSD(職能開発)研修
年間総受講者数
8,676
内容をよく理解・理解
95.4
講師がとても良い・良い
91.0

※2019年10月~2020年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

メールマガジンのご登録

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

冊子教材付きeラーニング・動画レンタルプラン

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!