loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

アカデミックハラスメント防止研修(2時間)

アカデミックハラスメント防止研修(2時間)

問題の本質は何か、を徹底的に考えたカリキュラムで、現場で役立つスキルやノウハウを習得!

研修No.B HRS191-0500-2609

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修内容・特徴outline・feature

本研修は、大学職員の方を対象としています。パワーハラスメント、セクシュアルハラスメント、アカデミックハラスメントに関する正しい知識を身につけ、ハラスメントが起こらない職場環境作りを目指します。また、研修を通じて、職場全体でハラスメントの判断軸に対する共通認識を持つことができます。

まず、セルフチェックでハラスメントへの危機意識を高めていただきます。その上で、大学で実際に起こったパワハラ・アカハラ・セクハラの事例をご紹介しながら、予防策をお伝えし、考えていただきます。

研修プログラム例program

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.ハラスメントの定義
    (1)パワーハラスメント(パワハラ)
    (2)セクシャルハラスメント(セクハラ)
    (3)アカデミックハラスメント(アカハラ)
ワーク
  • 2.パワハラ危険度チェック
    【ワーク】あなたのパワハラ危険度をチェックする
講義
  • 3.パワーハラスメントとは
    (1)パワーハラスメントとは
    (2)4つのパワハラタイプ
    ①言葉の暴力 ②肉体的、脅迫的な暴力
    ③組織から孤立させる行為 ④理不尽な命令
    (3)一般的なパワハラの原因
    (4)パワハラの段階別行動
    (5)パワハラか正当な指導か
    (6)パワハラを起こさないために
    (7)大学で起こったパワハラ・アカハラ事例
ワーク
  • 4.セクハラ認識度セルフチェック
    【ワーク】あなたのセクハラ認識度をチェックする
講義
  • 5.セクシュアルハラスメントとは
    (1)セクシュアルハラスメント(セクハラ)とは
    (2)2つのセクハラタイプ
    ①「環境型」のセクハラ・・・就業環境が害されるもの
    ②「対価型」(地位利用型)のセクハラ・・・労働条件の不利益を受けるもの
    (3)セクハラの原因
    (4)セクハラの判断基準
    (5)セクハラが与える影響
    (6)セクハラを防ぐために
    (7)大学で起こったセクハラ事例
講義
  • 6.ハラスメントの防止策
    (1)留意するべき点は
    (2)日頃の良好なコミュニケーションがベースに
    (3)ハラスメントの相談をされたときの対応
ワーク
  • 7.まとめ

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2017年 12月     8名
業種
学校・学校法人
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • ハラスメントの具体例やエピソードを交えての研修で、分かりやすく勉強になりました。
  • 研修で学んだことを職場でフィードバックしてハラスメントが発生しないよう努めていきたいと思います。
  • 自分を含め、周りに対しても気を配ろうと気付かされた。自分自身の行動で周囲に働きかけることができると感じたので、自分から行動していこうと思った。

実施、実施対象
2017年 2月     29名
業種
学校・学校法人
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
86.2%
参加者の声
  • ハラスメントはどのようなものかということと、対策がわかりました。コミュニケーションをとるように心がけていきたいです。
  • 課員一人一人をもっと知って、各自に適した上司としての対応ができるように考えていきたい。
  • 日々のコミュニケーションにより個々を尊重する。そして、言動がハラスメントの方向に行かないよう意識して対応していきたい。

実施、実施対象
2016年 10月     108名
業種
学校・学校法人
評価
内容:大変理解できた・理解できた
95.4%
講師:大変良かった・良かった
92.6%
参加者の声
  • ハラスメントには明確なボーダーラインが引けない部分が多く、だからこそ、各自のハラスメントに対する意識や考えをしっかりと持つことが必要なのだと感じました。
  • ハラスメントは、どの職場でも誰の身に対してもおきることだと分かりました。判例などの具体的な事例も参考になりました。
  • 講師に、実話に基づいたお話をしてもらったので、わかりやすかったです。

開発者コメントcomment

大学教職員は学生を指導教育する立場として、厳しく接した方がいいのか、お客さまとして、接遇の対象として接した方がいいのか悩んでいらっしゃる方が多いのが、事前課題からの印象でした。
育成のため「叱る」ということは必要なので、ハラスメントと指導との区別を研修の中で認識していただき、必要以上に気を使うことなく、学生の成長につながるような指導を行っていただきたいという思いで作成しました。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

大学職員向けSD(職能開発)研修
年間総受講者数
14,347
内容をよく理解・理解
93.9
講師がとても良い・良い
90.3

※2019年4月~2020年3月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

メールマガジンのご登録

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!