loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

新入社員研修  コミュニケーションとビジネス文書編(2日間)

新入社員研修  コミュニケーションとビジネス文書編(2日間)

問題の本質は何か、を徹底的に考えたカリキュラムで、現場で役立つスキルやノウハウを習得!

研修No.B NEP304-0400-1091

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修内容・特徴outline・feature

1.自主性・コミュニケーションスキルの養成を目指す

インソースの研修では受講者はグループに分かれ、グループリーダーを受講者自らが選定し、グループワーク・ロールプレイングに取り組みながらスキルやノウハウを学んでいただきます。
これにより受講者の自発的な行動や発言を促し、自主性、コミュニケーションスキルを養成します。

2.演習の反復と相互評価による定着化を図る ~「分かる」ではなく現場で「できる」

インソースの研修は①講義⇒②演習(ワーク)の順で進みます。まず内容の意味や手順を丁寧に説明し、それを理解していただいた上で、実際にやってみて体で覚えるという順で進めることで、受講者の皆様のスムーズな理解を促進します。
また、演習は講師からのフィードバックのみならず、チェックシートなどを用いて受講者同士でも評価・フィードバックを行っていただきます。
これにより「なぜ出来たのか」「なぜ出来なかったのか」を明確化し、スキルの定着化を図ります。

研修プログラム例program

研修プログラム例【1日目/2日間】
  内容 手法
 
  • 1.コミュニケーションとは~相手の立場にたつことの重要性
  • (1)学生と社会人の違い 「協力して達成する」
  • (2)コミュニケーションの意義
  • (3)姿勢ではなく、結果が大事 
     ~コミュニケーションには結果責任がある
  • (4)コミュニケーションスキルの成長は、心がけ次第!
  • (5)多面的に考えるコミュニケーション
     【ワーク】もし自分が先輩社員だったら新人に「してほしい」
     「してほしくない」コミュニケーションを考える
講義
ワーク
  • 2.コミュニケーションのスタートライン 会話力の基礎を身につける
  • (1)第一印象 ~見た目は大事
  • (2)礼儀をわきまえる ~マナー・言葉遣いは超重要
  • (3)まずは相手を好きになること ~感情に気をつける
     【ワーク】相手をほめる言葉を思いつく限り洗い出す
  • (4)親しみやすい印象作り ~大人の「雑談力」とは
  • (5)雑談力を高めるコツ
講義
ワーク
  • 3.3つの「きく」スキル
  • (1)3つの「きく」 ~聞く/聴く/訊く
  • (2)聴くスキルとは?相手が話しやすさを感じる「聴き方」とは?
  • (3)「訊く」スキルとは?
  • (4)「訊く」スキルの必要性~相手のニーズは「見つけるもの」
  • (5)「訊き方」の種類
  • (6)相手が話しやすさを感じる「質問」をするために~6W3Hで訊く
     【ワーク】お客様からの要望に「確認すべきこと」や「訊き方」を考える
     【ワーク】お互いの悩みや、今後の目標を具体的にヒアリングする
講義
ワーク
  • 4.話すスキルのポイント
  • (1)情報をわかりやすく伝えるとは
  • (2)話の前に「人」と「人」との触れ合いがあるとはどんなことか
  • (3)説明で重視すべきこと
  • (4)なぜ、相手の気持ちになって話すのか
講義
  • 5.ホウ・レン・ソウ
  • (1)ホウ・レン・ソウの重要性
  • (2)ホウ・レン・ソウの方法
     ①まずは結論から報告する
     ②ミスも隠さず早めに報告する
     ③自分が伝えたいことよりも、上司が知りたいことを考える など
  • 【ワーク】ホウ・レン・ソウ ケーススタディ
講義
ワーク
  • 6.話すスキルロールプレイング
    • ・テーマ案
      ■「ホウ・レン・ソウ ~上司が不在の間におきたトラブルを報告する」
      ■「最高に上手くいったこと」
      ■「自社の会社案内」
ワーク



研修プログラム例【2日目/2日間】
  内容 手法
 
  • 1.ビジネス文書とは ~基礎知識
  • (1)ビジネス文書の種類
  • (2)ビジネス文書の作成の基本
講義
  • 2.ビジネス文書作成時のポイント
  • (1)望ましい文書の構成
  • (2)適切な文書の分量
  • (3)求められる文章の内容 
  • (4)読み手側の立場から考えると・・・
  • (5)短時間で文章を書くための工夫
  • (6)敬語・敬称に注意する 
講義
  • 3.文書作成スキルを向上させるヒント
  • (1)ビジネス文書を作成する前に~メモの取り方のポイント
  • (2)作成時のポイント~分量編
  • (3)作成時のポイント~構造編
  • (4)作成時のポイント~テクニック(文法)編
講義
  • 4.Eメール作成のポイント 【これまでの常識との違い】
  • (1)Eメールの特徴 ~メリットとデメリットは何か?
  • (2)Eメールの構造 ~ヘッダー部 メール本文 署名
  • (3)Eメール作成の重要ポイント 
     ~件名は大切/会社名は略さない  など
  • (4)EメールのNG集
     ①添付ファイルの容量に注意 
     ②個人情報の扱いにも十分な注意を
     ③メールだからこそ推敲は不可欠  など
  • (5)便利な機能
     ①メールの管理 ②テンプレートの活用 
講義
  • 5.社内文書
  • (1)基本形~慣用表現を活用して丁寧に
  • (2)社内文書の種類
講義
  • 6.社内文書

    <例文集と各ポイントまとめ>
    (1)社内文書~議事録、社内報告書、連絡書、ファックス送達表、書類送付状など
    (2)社外文書~招待状、案内状、お祝い状、お詫び状、お礼状 等

    <議事録作成と企画書作成のポイント>
    (1)議事録~思いっきり「メモ」をとろう、会議の話をまとめる、議事録の形式
    (2)企画書~企画書作成のポイント、企画書の構成~7つのステップで説明

  • ①基本形~慣用表現を活用して丁寧に
  • ②社外文書の種類
  • ③社外文書の慣用表現と時候のあいさつ
  • ④封筒・はがきの書き方
講義
  • 7.さまざまなビジネス文書の実際(演習)
  • (1)文章の要約 ~文書化のプロセスを学ぶ
     ①社内文書例を使い、「200字以内での要約」の練習
     →「要点は何か」素早く確実に掴む練習<2題>(個人演習)2時間
     ②でき上がった文章を7つのポイントによって評価
  • (2)ビジネス文書の作成
ワーク

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2018年 4月     17名
業種
中央官庁・国家機関
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
94.1%
参加者の声
  • 実際の業務を進めるうえで大変参考になる内容でした。相手に合わせた「ホウレンソウ」の内容という考え方を学びましたので、意識していきたいです。
  • 話し手としても聞き手としても互いに気持ちのよいコミュニケーションをとれるように積極的に行動に移したい(分かりやすい説明、具体性のある説明など)。
  • 日々の業務で、メール・プレゼン・報告書など相手に自分の考えを伝える場面が多いと思うので、ホウレンソウの基本を学ぶことができ参考になった。今回学んだ事を積極的に使っていき、コミュニケーション力の向上に努めたい。

実施、実施対象
2018年 4月     21名
業種
製造業(素材・化学)
評価
内容:大変理解できた・理解できた
95.2%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 企画書、報告書、メールはこの先使う機会がとても増えるので、実際の業務を行う時に今回の資料を活用していきます。
  • これまではメールを打つ際に、敬語の言い回しが重複することがあった。本日の研修で様々な言葉遣いを学んだので、活かしていきたい。
  • 今まで正しいと思っていた表現も、相手の立場によっては失礼にあたることがあったと反省しました。勉強になった研修でした。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座(申込み・支払い等)、WEBinsourceに関するお問い合わせ→①
講師派遣型研修、動画教材・e-ラーニング、人財育成スマートパック、その他のお問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

新入社員研修・新人研修カリキュラム
年間総受講者数
46,326
内容をよく理解・理解
97.6
講師がとても良い・良い
96.0

※2019年10月~2020年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集

ご希望の日時・Web会議ツールでの商談ご希望の方はこちらへ オンライン商談ご予約専用フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

2021年度新入社員の傾向と特徴

新人8大スキルアセスメントサービス

ビジネス基礎テキスト販売

ビジネス文書研修テキスト販売

同期の絆を強くするオンラインワールドカフェ

内定者オンラインセミナー

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

動画百貨店ランキングページ

冊子教材付きeラーニング・動画レンタルプラン

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報

WEBinsourceの詳細・新規会員登録はこちら

直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!