loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

ビジネス活用のためのRPA研修/WinActor(R)研修

ビジネス活用のためのRPA研修/WinActor(R)研修

問題の本質は何か、を徹底的に考えたカリキュラムで、現場で役立つスキルやノウハウを習得!

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 全階層

・RPAを導入してみたいが、何から手をつけて良いか分からない方
・総務・人事など、主に管理部門の現場におり、RPAの適用可能性を検討したい方
・とりあえず何ができるか学習をしつつ、RPAツールのデモンストレーションを見てみたい方

研修内容・特徴outline・feature

RPAの導入に必要なことを一から学んでいただく研修です。
まずは、「RPAとは何か」、「RPAでどのようなことができるのか」に加え、「どのような種類のツールがあるのか」、「費用はいくらかかるか」、そして「何から手を付ければ良いのか」などにもお答えします。
また、本研修では、社内でどのようなRPAから手を付ければ良いのかについて考えるパートや、実際にRPAツール「WinActor®」でシナリオを作る様子をご覧いただくパートもご用意しており、現場ですぐに活かせる内容になっています。

※「WinActor®」はNTTアドバンステクノロジ株式会社の登録商標です。

研修プログラム例program

研修プログラム例
  内容 手法
  • 1.RPAの活用事例
    (1)RPAについて
    (2)RPAの活用事例の整理と紹介
    【ワーク】RPA導入にあたってのメリットと障壁を挙げる
講義
ワーク
  • 2.RPAの基本知識
    (1)従来のシステム化との違い
    (2)RPAでできること、できないこと
    (3)RPAの現状と今後
    【ワーク】RPAの導入に伴い増える業務、減る業務について考える
講義
ワーク
  • 3.RPA導入について
    (1)RPA導入のステップ
    (2)RPA導入のポイント
講義
  • 4.RPAの費用と成果
    (1)RPAの導入にかかるコスト
    (2)ツールの比較
    (3)RPAでやりたいことを検討する
    【ワーク①】職場で導入してみたいRPAを挙げてみる
    【ワーク②】①で考えたRPAを導入する上で検討すべき項目について考える
講義
ワーク
  • 5.RPAツールの紹介(WinActor🄬)
    (1)WinActor🄬の特徴
    (2)シナリオ作成時の注意点
    (3)RPAの動作紹介と仕組みの説明
     ・エクセルデータからWEBシステムへの転記
     ・名刺の自動作成
     ・ECサイトからデータを抽出
講義
ワーク
  • 6.職場でRPAを活用するには
    (1)職場で始めやすいRPAとは
    (2)RPA導入時にあると良い知識
    (3)現在の職場でRPAを活用する計画の策定
    【ワーク】学んだことを踏まえ、職場でのRPA活用計画を策定する
講義
ワーク

5959

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2019年11月     11名
業種
金融
評価
内容:大変理解できた・理解できた
90.9%
講師:大変良かった・良かった
81.8%
参加者の声
  • RPAや業務フロー作成についての知識がほとんどなかったので、新しい領域を知ることができて楽しかったです。各々の現在の業務フローに対して、効率化できそうなポイントを教えていただき勉強になりました。
  • RPAについて知らないことばかりでしたが、研修に参加し知識を身につけることができ、有益な時間になりました。今後は、自業務もRPAにできないかという視点で考えることができるようになったと思います。
  • 自動化できる部分が多い業務や属人化している業務の整理ができた。部内に研修で学んだことを共有したい。

実施、実施対象
2019年10月     30名
業種
人材・教育サービス・BPO
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • チーム内で作成しているフロー図をもう一度見直して、RPA化できる部分は実現に向けて導入を検討したいです。
  • 自分自身の担当業務の中で何が工数を増やしているのかをもう一度確認・整理してもっと効率よく進められるように改善しなくてはと感じました。
  • 今後のRPA開発とその準備や業務改善を行い場面でも、フロー作成やレーンの概念が活用できると思った。ムリ・ムダな作業の整理をしていく。

実施、実施対象
2019年3月     20名
業種
情報通信・ITサービス
評価
内容:大変理解できた・理解できた
85%
講師:大変良かった・良かった
80%
参加者の声
  • 導入までの手順整理、選択を学んだので、RPA化できる業務を探していきたい。
  • 日頃の業務におけるRPA化が適切な部分を再考し、業務効率化に向け努めようと思う。
  • 全く知識がなかったため、「RPAとは」という基本的なところが理解できてよかった。業務改善を検討する際の参考にしたい。

関連の研修を探す


お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

業務拡大につきIT講師募集中

誰でもできるRPA

デジタル人材の育成

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!