ハラスメント防止研修 セクハラを防ぐために(2時間)

ハラスメント防止研修 セクハラを防ぐために(2時間)

研修No.B HRS191-0200-3810

お客さまのご都合に応じた受講方法をご用意しております。

対象者

・ハラスメント相談窓口の方
・管理職の方

本研修の「ねらい」

セクハラが原因で、組織のイメージが低下するという事例は今までにも数多く発生しています。セクハラの問題は、個人間の問題にとどまらず職場環境を悪化させ組織全体に影響を与えます。

本研修を受講することで、「どこからがセクハラに該当するのか?」「セクハラを防止するには具体的にどうすればよいのか?」という疑問を解消することができます。


ワークのポイント

・普段の行動を振り返り、セクハラ認識度をチェックする
・セクハラグレーゾーンについて考え、判断基準を明確にする

研修プログラム例

B HRS191-0200-3810

研修プログラム例
  内容 手法
  • 1.本日の研修で学ぶこと
講義
  • 2.セクハラ認識度セルフチェック
     【ワーク】10問の質問に答えて、自身のセクハラ認識度をチェック
講義
ワーク
  • 3.セクシュアルハラスメントとは
    (1)セクシュアルハラスメント(セクハラ)とは
    (2)2つのセクハラタイプ
    ①「環境型」のセクハラ
    ・・・就業環境が害されるもの
    ②「対価型」(地位利用型)のセクハラ
    ・・・労働条件の不利益を受けるもの
    (3)セクハラの原因
    ・男女の認識のズレ
    ・固定的な性役割の押し付け
    ・権力・立場に対する認識不足
講義
  • 4.セクハラに該当する行為とは
    (1)セクハラの判断基準
    (2)セクハラグレーゾーン
    【ワーク】10個の項目についてセクハラ行為に該当するか、理由もあわせて考える
    (3)セクハラが与える影響
    ①被害者にとって
    ②加害者にとって
    ③組織にとって
    【参考】セクハラと認定された事例
講義
ワーク
  • 5.セクハラ防止するためには
    ・セクハラ防止に必要な4つのこと
    ①性に対する価値観は人それぞれ
    ②自身の言動に注意する
    ③セクハラを見かけたらすぐに対処する
    ④相談を受けたら、相手の立場で考える
講義
  • 6.部下からセクハラの相談を受けたら
    ・部下からの相談で気をつけるべき7つのポイント
講義
  • 7.本日の研修のまとめ

※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

研修のプロがお答え{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

{{list[0]['categoryBottom']}}関連のよくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。



ハラスメント防止研修の評価
年間総受講者数
23,382
内容をよく理解・理解
94.3
講師がとても良い・良い
90.0

※2017年10月~2018年9月

サービス内容
初めてご利用の方へ
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
新作研修PICK UP

時代の変化を先取りするインソースの新作研修

新作研修一覧を見る

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

インソースがご提供する
「これまでと違う」サービス。
 
最新の情報を無料配信中!
新作研修、新サービス、無料セミナー、公開講座割引、資料プレゼント、他社事例、研修運営のコツなどをお届けします。
メールマガジンのご登録

最短1週間で研修を実施できます

「プロ」のおすすめ インタビューリレー

人気研修で川柳 七〇歳シルバー新入社員 銀子の一句

お仕事歳時記

人材育成の7つのポイント

スピード見積もり

インソース採用情報


×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!