社内教育体系構築

 更新

研修の目的・特徴

<本サービスについて>

少数精鋭、業務の効率化が求める現在、社員教育と他の業務を兼務している方も多いのではないでしょうか。そのため、教育分野に長けていても、自ら考え、実行に移し、運用を継続していくことには限界があるでしょう。体系的な教育案の構築とその継続運用にお困りのご担当者様にインソースはご提供できるサービスがあります。

<本サービスのねらい>

①社内体制を整備し、組織として仕事ができる仕組みを作る
②従業員が自ら主体的に、組織の目標へコミットし達成できる
③組織で働く誰もが自分の役割を自覚し、それぞれを機能的に作用させる

<ねらいを実現するためのご提案>

・各階層に求められる能力と必要なスキルの明確化
・スキルに基づく教育体系の構築
・より良い組織へしていくために上記2つの運用の仕組みづくり

<本サービスの全体像>

本サービスは大きく2つのフェーズに分かれ、全てで5つのステップに分かれています。

<フェーズⅠ>スキルの明確化・教育体系の設計

STEP1 能力の定義に必要な要件(スキル)を洗い出す
STEP2 STEP1で出たスキルの妥当性を検討し、定義づけする
=教育内容の設計
STEP3 STEP2で出た教育体系の実現のための教育計画の立案

<フェーズⅡ>体系の運用

STEP4 STEP2・3で出た教育計画の運用
STEP5 運用とより良い制度設計のためのPDCAを回す

具体的な成果物と必要な期間は以下の画像をご覧ください。
(※画像をクリックしますと拡大されます)
教育体系・評価体系の設計・運用

☞スキルマップ例についてはこちらへ
☞研修体系例についてはこちらへ

<各STEPの具体的な支援サービス>

フェーズⅠ 教育体系の設計

STEP1 ヒアリングとスキルマップ作成のための研修を実施します
STEP2 STEP1で出た要件(スキル)を社会人スキルと専門スキルに分けて整理します

具体的な実施イメージ(各階層に求められる役割、能力の定義づくりの流れ)

① 社長インタビュー(1~1.5時間)
組織トップに今後の企業経営を考える際に、将来の業務を見据えて求められる人材像や幹部クラス(係長職以上)がどうあるべきかインタビューを実施します。

② 役員インタビュー(1時間~1.5時間)
自社の弱み強み、課長職以下に求められる能力についてインタビューを実施します。

③ 課長~係長、主任~リーダーでスキルマップ作成
各部門ごとで求められる人材要件についてスキルマップ作成座談会を実施します。特に社会的スキルについては徹底的に洗い出します。
※社会的スキルとは、業種・職種に関わらず、仕事をする上で普遍的に必要となる知識や技能をを表します。例)コミュニケーション能力、プレゼンテーション能力など

④(2回目)スキルマップ作成
2回目は、技術スキルまで含めて作成したスキルマップを精査し、教育すべき項目を整理し、体系化します。

⑤ 階層別の定義、要件成果物完成
成果物として2ヵ年の人材育成計画書を作成し、人材要件に合わせた研修プログラムも作成、ご提案いたします。

STEP3 STEP2のスキルマップを受けて、各要件を強化するための研修をご提案します

フェーズⅡ 体系の運用

STEP4 研修管理・人事サポートシステムLeaf(リーフ)にて研修効果を最大限にするための仕掛けづくりをします
STEP5 研修管理・人事サポートシステムLeaf(リーフ)にて、評価内容を取り出し標準偏差にて研修効果を測ります

【ITサービス】人事評価制度、目標管理、スキル管理をほぼクリックだけで簡単・効率的・徹底的に運用できます!研修管理・人事サポートシステムLeaf(リーフ)

研修ラインナップ

インソースの社内教育体系構築は、多くのプランをご用意しており、お客さまに最適な研修をお選びいただけます。

各サービス単体でもご支援が可能です。

※公開講座とは、1名さまから受講可能な研修のサービスです

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください