調剤薬局向け研修

調剤薬局向け研修

研修の目的・特徴

薬局業界では、医薬分業率が上限に近づいており、これまで通りに薬局の店舗数を増加させるだけで、売上を向上させることは難しくなっています。
そこで、M&Aや店舗の差別化、業務改善を進めています。また、ドラッグストアの参入許可や、薬学部6年生への移行といった大きな法改正があり、業界再編が行われています。

これらの状況を踏まえ、調剤薬局の薬剤師向けに以下の研修をおすすめします。

1.新任薬局長向けマネジメント研修


調剤薬局の薬剤師は、20代や30代から「薬局長」として店舗の管理を行う役職に就きます。
店舗全体の管理とは、スタッフを含む薬剤師の育成、リスク管理、店舗の業務改善、店舗の目標管理などマネジメントに必要な項目が求められます。
これまで、実務担当者として業務を遂行していた薬剤師にはマネジメントを体系的に習得する必要があります。
そこで、新しく薬局長となった方を対象にマネジメント研修をおすすめします。

2.接遇研修・接遇指導者研修


調剤薬局と同様、ドラッグストアにも処方せんを扱う許可がおりました。ドラッグストアは医薬品以外にも様々な商品を扱っており、「小売業界」として高水準の接遇が求められてきました。
今後、調剤薬局は小売業界と同様の接遇レベルが求められます。
通常店舗では、3つのCS向上のポイントが求められます。
1点目は基本的なお客さま対応のマナーです。身だしなみやあいさつから、コ
ミュニケーションまで幅広いスキルが求められます。
2点目はお客さまからの苦言・ご要望などへの対応スキルです。
3点目は接遇スキルを店舗のスタッフや薬剤師に伝播するスキルです。

これまでの薬剤師の接遇スキルの見直しや基礎の徹底を再度行う必要性から、接遇研修・接遇指導者研修をおすすめします。

3.若手薬剤師向けコミュニケーション研修


薬学部6年生への移行期間を終え、昨今、若手の薬剤師が大量に採用されています。
一方、現場では若手薬剤師を指導・育成するための力が不足しています。店舗内での育成風土を向上させる一方、若手薬剤師に自律して業務を遂行させる必要があります。
特に若手薬剤師には、上司や先輩の薬剤師とのホウレンソウといった職場内のコミュニケーションや、お客さまとのコミュニケーションが総合的に求められることから、コミュニケーション研修をおすすめします。

お問い合せ・お申込み

※各業界向けカリキュラムのカスタマイズは可能です

{{heading}}のカリキュラムを選ぶ

本研修のカリキュラムを選ぶ

研修のプロがお答え全力Q&A

お客さまから「{{trainingName}}」に多く寄せられるご質問を抜粋して掲載しております。
質問をクリックすることで、回答が表示されます。


      

インソースグループのおすすめ商品

研修用DVD
大人数での研修には、時間や場所を選ばずに実施できるDVDの活用がおすすめです。具体的なノウハウが詰まった100種類以上のDVDで、効果的な社内研修を行いませんか。
社会人基礎力診断
効果的な研修を実施するためには、まず現状の課題を把握する必要があります。こちらの社会人基礎力診断では、仕事をする上で必要になる12の能力について組織の現状を分析し、効果的な研修の企画・提案をいたします。
*個人結果レポートサンプルあり
eラーニング教材購入
利用期限なし、売り切りの"教材提供型"eラーニングです。何人使っても18万円という価格だけでなく、お客様の学習環境に合わせた納品方法が選べるため、貴社LMSや社内ネットワークへの掲載が簡単に行えます。マナーやビジネススキルなど65テーマ190本以上の動画から、お求めの教材をお探しください。
教材テーマ例:リスク管理、メンタルヘルスmitemo

研修ラインナップ

インソースの調剤薬局向け研修は、多くのプランをご用意しており、お客さまに最適な研修をお選びいただけます。

※公開講座とは、1名さまから受講可能な研修のサービスです

豊富な実績

1年間の総受講者数
164

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

94.8%

講師:大変良かった・良かった

90.7%

※2017年10月~2018年9月

受講者の声

  • 今まで患者さんへ対応していて私には何か患者さんへの対応が足りないのではないかと感じていましたが、今日ヒントを見つけられた気がします。明日から少しづつ行動に移していけたら良いと思います。
  • ロールプレイなども多く取り入れてあったので、研修も有意義に進みました。今後はすぐに答えを出したり、自分で完結するのではなく部下に自発的に解決できるようなリーダーシップをとっていきたいと思います。ご指導ありがとうございました。
  • 今まで会社と部下の目標がつながっている事を考えた事が有りませんでした。部下のやる気を出す方法を学べたと思います。これからこれを活用してより良い店舗にしたいと思います。
  • 私が一番興味をもって話を聞けた事は、アーサーティブについてです。認知の歪みなど、とても興味深く、自分にも当てはまる所があり、直したいと思う事がわかりました。仕事はもちろん、自分にとってこれからの人生にとても役立つ事でした。
  • 今回の講習がなければ、急にその現場になったとき、混乱してしまうことが、より多くなると思います。特に、メモの取り方、敬語の使い方、名刺の交換など、直接、仕事に関わることが中心だったので、とても勉強になりました。どうもありがとうございます。

実施業界実績(一部)

2012年秋調剤薬局店長向け研修~クレーム応対 2012年秋調剤薬局店長向け研修~職場のコミュニケーション 2012年夏調剤薬局接遇研修 2012年夏調剤薬局店長研修~店舗の目標管理 2012年夏調剤薬局新入社員フォロー研修 2012年夏調剤薬局薬局長研修 2012年夏調剤薬局薬局長研修 2012年春調剤薬局管理職向けメンタルヘルス研修 2012年冬調剤薬局接遇研修 2012年冬調剤薬局コミュニケーション研修 2011年秋調剤薬局CS・接遇研修

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください



×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!