loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

企画力研修~企画立案から企画書作成までの流れを学ぶ

企画力研修~企画立案から企画書作成までの流れを学ぶ

良いアイデアを生み出す発想法を学び、説得力のある企画書作成の要件を理解する

研修No.1300000

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 若手層
  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層
  • ・企画、営業部門などの中堅社員あるいは現場リーダークラスの方
  • ・企画の立案から確実な実現までの一連の流れを学びたい方

よくあるお悩み・ニーズ

  • アイデア出しや、アイデアを形にすることが苦手
  • 新規事業の立案をはじめて担当することになったため、企画立案の基本の流れを学びたい
  • 企画書の差し戻しを受けることが多いため、作成方法を一から勉強したい
  • 企画実現のためのプレゼンテーションスキルを身につけたい

研修内容・特徴outline・feature

良い「企画」を立案し、それを実現するためには、
(1)アイデアを形にするために効果的な情報の収集と分析
(2)アピールポイントが明確な「企画書」の作成
(3)企画を実現させるための「プレゼンテーション」
という3つの過程が存在します。

本研修では、実際に企画書を作成・発表していただくことで、これらの企画立案~企画実現までの流れを体感いただきます。

到達目標goal

  • ①「自身のアイデア」と「現状調査・分析結果」を結びつけ、企画書に説得力を持たせることができる
  • ②数値・グラフ・フローチャートなどを用いて、企画書に具体性を持たせることができる
  • ③企画実現における費用対効果と想定リスクを洗い出し、実現の可能性を高めることができる
  • ④関係者への企画説明にて意見・情報を再度収集し、企画内容の改善を行うことができる

研修プログラム例program

  内容 手法
  • ■企画立案の基本的な流れ
講義
  • 1.「発想」の出し方
    (1)発想が出る方法
    (2)考える時の工夫 ~短時間集中と見える化
    (3)5つの方法から発想を出す
    【ワーク】マトリクス法を使って発想し、企画・アイデアを出す
    【参考】お客さまに改善点を発想してもらう「プロシューマ―戦略」
    【参考】定点観測の方法
講義
ワーク
  • 2.現状調査・分析の方法 ~ひらめきを検証する
    (1)現場から・現物から・自分の目でデータを集める
    (2)データの取り扱い 
    (3)見えない現実を数値化する
    (4)ブレーンストーミング <Brainstorming> 
    (5)親和図
    (6)工程分析 (フローチャート・流れ図作成)
    (7)パレート図による分析 
    【参考】パレートの法則   【参考】フェルミ推定
    (8)特性要因図から原因は何かを体系的に考える
講義
  • 3.企画書作成のポイント
    (1)企画立案時のポイント
    【参考】広報の重要性
    (2)事業計画の重要性 
    (3)企画書作成の注意事項
    (4)ねらいの書き方 
    (5)事業内容、詳細内容の説明方法
    (6)費用対効果を説明する
    (7)実施に伴うリスク 
    (8)スケジュール(実施におけるステップ)
講義
  • 4.最後に...
    【企画書作成】

    講師が有効なテーマを数個選択
     (例)・社内情報共有システムの構築
        ・新商品アイデアコンテストの実施 等
    ①グループ毎にテーマを選び、企画案を詰める
    ②途中発表しながら進行
     ・演習途中で、全体の考え方・進捗・内容を共有する
    ③自分の関心あるテーマと同じ関心を持つメンバー同士でグループを組むことにより、活発に論議し、より深く考えられる
    ④取り纏めた企画書は、自分の職場で即役立てる(活用する)ことができる

    【企画書発表】
    ◆プレゼンテーション(グループ毎)
      ・プレゼンテーションは、グループメンバーで分担し全員で行なう
      ・時間は、グループ発表5分→質疑応答8分→評価2分の 計15分
      ・他グループの発表を評価
       評価シートに基づきグループ論議の結果をフィードバック
    <評価シート項目>
     1.世の中に役立つか
     2.Something Newがあるか
     3.費用対効果があるか
     4.発表の仕方が適切か
ワーク
発表

企画者コメントcomment

変化の激しい現代では、どの組織でも時代に即した「新しい企画」が常に求められています。さらに人材の流動化を踏まえるならば、組織内に「企画立案のスペシャリストが数人いる」ことよりも「一定の企画力を持つ人材が多数いる」ことがより重要となります。

そこで、「アイデア出し~企画書作成」の一連の流れを学び、企画を確実に実現するためのポイントを習得していただけるような本研修を開発いたしました。企画立案がはじめての方にもおすすめです。ぜひご参加ください。

スケジュール・お申込みschedule・application

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

※申込期日とキャンセル期日はオンライン開催とセミナールーム開催で異なります。ご注意ください

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年11月20日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

97.3%

講師:大変良かった・良かった

96.2%

実施、実施対象
2021年3月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
80%
参加者の声
  • 企画の立案時には、考えを整理するため自分用の企画書を作成します。また、企画書作成時には、目的・根拠を明確にし、1文1義を心掛けます。
  • 目的のぶれない企画書作りに活用します。企画を行う際の6項目について意識しながら取り組みます。
  • 企画をするために必要な力が自分に不足していることを痛感した。他の受講者の方々の目線や周囲の人たちからの情報や考えを貰うことで、自分の力や業務に活かしていく。特に発想するための工夫などは習慣化していく。

実施、実施対象
2020年12月     10名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 普段意識して書いていなかった企画に対するリスクやシンプルに企画書を仕上げるというポイントを、徐々に経験を積みながら身につけていきたい。
  • 良いプレゼンの方法の「1つめは・・・2つめは・・・」という話し方を真似していきたいと思います。発想力の訓練はすぐにでも始められるので、早速実践し継続していきたいと思いました。
  • 企画書作成の基本を知ることができたので、実業務に活用します。また、課員からの企画に対して的確なコメントができるようになりたいです。
  • 日頃の業務でも、なかなか発現が沸きません。発想を得るための具体的な方法を教えていただいたので、問題を発見し、改善提案をしていきたいと思います。
  • 企画立案をするうえでの下準備、柔軟な発想力の重要性を学びましたので、今後の企画提案業務に役立てていきます。

実施、実施対象
2020年10月     10名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 業務における課題への改善策を企画立案したいです。企画書の作成、ブレゼンテーションは一定の日数経験が必要だと思ったので、小さな案件からでも積極的に実施し、企画力向上に努めていきます。
  • 情報収集の方法、分析方法、要所となる情報の伝え方など、日々の営業に役立つことを学びました。何気なく行っていた会話も一つひとつ大切にしていきます。
  • 企画をするケースが多くはないですが、文書のまとめ方や説明の仕方という点でとても有意義なことを学びました。
  • 企画提案する際の発想の出し方を、実際に資料を作成する際のポイントに活かします。まず背景から伝えることなど、非常に勉強になりました。
  • 普段から論理的に考えて発言するようにして、わかりやすい企画書を作成していきます。なかなか聞くことのできない基本的なことを多く学ぶことができました。

実施、実施対象
2020年9月     6名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 企画書を発表することは少ないですが、今回習った企画書の流れを人へ説明する際に意識できればと思います。また、費用面、特に投資回収について、今後は意識します。
  • 企画するうえで、体系的な内容を作っていくことが非常に重要だと感じました。また、数値や仮説も有効的だと改めて認識しました。
  • 具体的な数値を示して、相手にわかりやすい内容を明示する為にも、事前に多くの情報や調査が必要なことがわかりました。また、本番に向けて自分の自信につながる為にも練習と質疑のイメージを持ちたいと思います。
  • 企画書の書き方については基礎のおさらいだったが、企画書に使うデータの集め方や考え方、また伝わりやすくするための図やグラフの適切な使用の仕方を学ぶことができた。

実施、実施対象
2020年8月     4名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 日々の営業活動において企画実施へ活用していきたい。また、部下への企画力育成の支援にも活かす。
  • 異業種の方と話すことで発想が広がりました。目的を決めて、アイディアのストックをつくって業務に活かしたいです。
  • 自らの新規ビジネス開発、そのプロジェクトチーム運営に、研修での学びを活かしていきたい。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討中の研修テーマで、日程がなくお困りの場合は「研修リクエストサービス」をご活用ください。ご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
97.3
講師がとても良い・良い
96.2

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修