loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

組織力強化研修~理念・体制・制度・風土の4つで組織を強くする(1日間)

組織力強化研修~理念・体制・制度・風土の4つで組織を強くする(1日間)

組織力強化研修 ~理念・体制・制度・風土の4つで組織を強くする

研修No.B MGR323-0400-4604

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

・組織の理念や目的が伝わらないと感じている方
・組織の問題点はわかるが、改善策を見つけられない方
・上層部と現場の意識の乖離を埋めたい方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 組織としての理念が今いち社員に浸透していない
  • 組織としての目標は立てているが、なかなか達成できない
  • 社員のモチベーションが上がらない。またマネジメント方法もわからない
  • 社員をどう育成していいかわからない

研修内容・特徴outline・feature

本研修は組織力の強化を主眼としています。「理念」」「組織運営」「人材」「組織風土」という4つの観点から、自社の課題と改善策を見つけることが目的です。リーダー以上の役職の方を対象に、自社を次のステージに引き上げる何らかのヒントを必ず得ることができます。
組織の課題は1つの要因が引き起こしているのではなく、多くの場合、複数の要因が絡みあって生まれています。そこで本研修では、組織の構成要素でも特に重要な上述の4つに焦点を当てました。そしていずれの要素も陥りやすい課題から改善策を具体的に理解できるよう、カリキュラムを丁寧に組んでいます。終盤では実際に組織力強化に成功した企業の事例も紹介します。

到達目標goal

  • ①組織の理念や目標を明確に示せるようになる
  • ②部下の適性を見極め、スキルを最大限引き出せるようになる
  • ③組織の風通しを良くし社員同士のコミュニケーションを活発にする
  • ④コンプライアンス違反やハラスメントを未然に防止する

研修プログラム例program

内容 手法
  • 1. 今、組織力が必要な理由
    (1)VUCAの時代にあらためて問われる組織力
    (2)組織を強化する4つの柱
     ①社員のベクトルを揃えるための「理念」
     ②明確な目標と計画にもとづく運営のための「体制」
     ③人材の力を最大限に発揮させるための「制度」
     ④風通しをよくし協業を促すための「風土」
講義
  • 2. 社員のベクトルを揃えるための「理念」
    (1)組織の維持に理念が必要な理由
    (2)成長し続ける企業が持つ理念の特長
    (3)理念を全社員の行動指針とするために
    【ワーク】次の実在する企業の理念が社員の意識の方向付けにどう影響を与えているかを考えるワーク
    【コラム】最近流行りの"パーパス"も理念と同じ効果を持つ!?
講義
ワーク
  • 3. 明確な目標と計画にもとづく運営のための「体制」
    (1)組織の形が変われば組織力の発揮の仕方も変わる
     ①ピラミッド型  ②フラッド型  ③マトリックス型
    【コラム】最先端の組織形態といわれる「ティール組織」の特長とは?
    (2)戦略、目標、計画の一貫性
    (3)KGIとKPIの整合性
    【ワーク】自社の戦略と自部門の目標・計画の一貫性と、それに基づく活動目標の整合性を確認する
講義
ワーク
  • 4.人材の力を最大限に発揮させるための「制度」
    (1)制度を考える前にどんな人材を作りたいのかを考える
    (2)評価する人材像を定義する人事評価制度
     ①職務等級制度と職能資格制度の違い
     ②能力評価と業績評価の位置づけ
    (3)労働の価値を定義する労務管理制度
     ①テレワークがあぶりだした労働時間管理の限界
     ②自由度の高い働き方の利点と課題
    (4)「個」を活かすためのダイバーシティ推進策
     ①効率性か価値創出か
     ②ダイバーシティからインクルージョンへ
    (5)組織と個がともに成長するキャリア開発推進
     ①求められる自律的なキャリア形成
     ②1on1面談を通じた成長支援
    【ワーク】求められる人材を作っていくうえで、自社の制度における課題点を挙げ、改善の方向性について 考えるワーク
講義
ワーク
  • 5.風通しをよくし協業を促すための「風土」
    (1)これからの時代における愛社精神の醸成とは
    (2)エンゲージメントと理念の関係
    (3)人間関係における心理的安全性の重要性
    (4)コンプライアンス違反とハラスメントの徹底排除
     ①「後ろめたさ」を伴う仕事は持続しない
     ②ハラスメントという人権侵害
    (5)イノベーションを促進する"共創"活動の促進
     ①チャレンジを奨励し失敗を許容する
     ②透明性の高いオープンな組織風土
    【ワーク】自身の部署の風通しのよさをチェックリストで測る
講義
ワーク
  • 6. 組織強化における事例
    (1)管理者教育を抜本的に改革
    (2)会議の運営方法を徹底的に合理化
講義
  • 7. 総合演習
    ■自社における組織力強化のための施策を考えましょう。
講義
ワーク

7115

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

開発者コメントcomment

現代はますます不確実性が増しているように感じます。不測の事態や逆境を乗り越えるには組織の結束力が必要です。しかし実際「どうすれば組織をまとめられるのか」と悩まれている方は、多いのではないでしょうか。本研修はそうした「自社の現状を変えたいが、どうすればいいかわからない」という方向けに開発しました。組織のあるべき姿を提示し、そこに向かって着実にステップを踏んでいけるよう内容を構成しています。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座(申込み・支払い等)、WEBinsourceに関するお問い合わせ→①
講師派遣型研修、動画教材・e-ラーニング、人財育成スマートパック、その他のお問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

中級管理職(中級管理者向け)研修
年間総受講者数
32,808
内容をよく理解・理解
94.7
講師がとても良い・良い
92.3

※2019年10月~2020年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

メールマガジンのご登録

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!