loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

課題解決力強化研修~PDCAサイクル実践編(1日間)

課題解決力強化研修~PDCAサイクル実践編(1日間)

課題解決の基本フレームワークを踏まえて必要なスキルを習得し、実践的に問題解決力の強化を図る

研修No.B PRB210-0000-0191

研修内容・特徴outline・feature

課題解決の基本フレームワークを踏まえ、実践的な問題解決力を強化

仕事・職場で困っていることについて、問題点を洗い出し、解決方法を検討していきます。さらに、リーダーとして組織力を最大限に活用し、成果を出すために、課題解決のための基本フレームワークを踏まえて必要なスキルを習得し、実践力を養います。

研修中には、自社の問題解決のための活動計画を作成、自らの問題を自らの言葉で検討していただきます。

研修プログラム例program

研修プログラム例(所要時間:6~7時間)
  内容 手法
 
  • 1.はじめに
    ~各チーム単位でリーダー、チーム名を決めてアイスブレイク
ワーク
  • 2.課題解決のための基本フレームワーク
    (1)問題解決の基本フレームワークとは?
    ①基本フレームワークにもとづく課題解決の流れ
    ②目標のタイプによる課題解決プロセスの違い
    ~PDCAサイクルと戦略サイクルを回すことの違い
    (2)基本フレームワークの4つの効用
    (3)基本フレームワークの運用ルール
    ①課題解決活動全般に関わる2つの定石
    ②問題解決プロセスに関わる2つの定石
    ③意思決定プロセスに関わる3つの定石
講義
  • 3.課題解決のための基本フレームワーク上級編
    (1)ステップ1
    ①日常で感じる疑問が出発点
    ②価値ある情報は社内外の一流人材から
    ③最後は自らがデータで検証し、自らの言葉で語る
    (2)ステップ2
    ①市場全体を掌握する
    ~市場の成長性、市場における自社のポジション、強み弱みなど
    ②より高い志、目標を持つ
    ③クオリティに妥協はしない
講義
  • 4.自社の課題解決実習
    (1)自社の課題を「課題解決のための基本フレームワーク」を踏まえ検討する
    (2)課題解決企画書作成
    ~グループで企画書を作成し、シナリオ分析や8:2の法則を用いてベストな解決案を作成する
演習
ワーク

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

問題解決・課題解決研修の評価
年間総受講者数
7,554
内容をよく理解・理解
92.2
講師がとても良い・良い
91.2

※2020年10月~2021年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

サービス内容
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集

人事のお役立ちニュース

人事のお役立ちニュース一覧を見る

初めてご利用の方へ

インソースからの新着メッセージ

    新作研修

    業界随一の研修開発力を誇る
    インソースの最新プログラム

      コア・ソリューションプラン
      の新作情報

      250種類以上のコンサル事例!
      組織の「したい!」に全力で応える

        本テーマのおすすめリンク

        おすすめリンク

        WEBinsourceの詳細・新規会員登録はこちら

        直近の公開講座開催研修

        閉じる