loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

業務改善研修~人員不足を乗り越える編(半日間)

業務改善研修~人員不足を乗り越える編(半日間)

現状の人員で、変革目標を達成するために、どのように業務改善を行うべきか

研修No.B IMP211-0000-3958

対象者

  • 管理職層
  • 部長・経営層

・現状の人員で目標を達成することが求められる管理職の方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 人員が増える見込みがないが、高い目標を達成することが求められている
  • 業務改善で仕事を効率化し、人材や時間を捻出したい

研修内容・特徴outline・feature

本研修は、人手不足対策としての業務効率化と、内部体制の強化を図る研修です。今の人員でできる業務効率化を考え、実行するための方法を学びます。5年後、10年後のために「今行うべき変革」が何かを考えたうえで、変革目標を立て、改善時間の捻出方法やチームの強化方法を、心構えから実践スキルを身につけます。

研修のゴールgoal

  • ①5年後、10年後を見据えて、自チームの変革目標を立てる
  • ②人材や時間を捻出するために、既存業務をどのように変えるべきか検討する

研修プログラム例program

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.今求められている業務改善の意義とは
    【ワーク】自身の職場で進められている「働き方改革」に関連した施策を共有する
    (1)経営のハードルが上がる中での業務改善
    (2)生産性向上における「業務改善」の位置づけ
講義
ワーク
  • 2.変革目標を設定する
    (1)将来を考えるための時代認識
    (2)5年後、10年後を考える
    【ワーク】5年後、10年後の「チャンス」と「ピンチ・課題」を4つの視点で考える
    (3)実例から学ぶ変革すべきものの洗い出し方
    (4)実例から学ぶ変革すべきことの決め方
    (5)変革目標とKPIの設定
    【ワーク】自チームの変革目標とKPIを考える
講義
ワーク
  • 3.業務改善で人材や時間を捻出する
    (1)業務改善の方法 ~仕事を効率化し、人材や時間を捻出する
    (2)人材や時間の捻出策を考える
    【ワーク】人材や時間を捻出するために、既存業務の何をどう変えるかを考える
講義
ワーク
  • 4.多様な人材で実現するチーム作り
    (1)違いを「特徴」として受け止める
    (2)多様な人材と一緒に働くことのメリット
講義
  • 5.まとめ
ワーク

6652

1258059

全力Q&A{{list[0]['category']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声/研修の感想・得た学びVOICE & learning

実施、実施対象
2019年9月     9名
業種
運輸・倉庫
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 変革目標を実践し、メンバーとのコミュニケーションを見直す。上司から指示されたことだけでなく、メンバーとともにゴールを模索することも実施してみたい。
  • 業務変革も含め、個人の意識変革が必要であるため、今回の研修を復習したうえで業務に活かしていきたいと思います。
  • リーダーとしての自分を見つめ直し、自己改善を図ります。また、部下の育成方法を改めます。業務改善にも取り組む必要があると感じました。

実施、実施対象
2018年7月     34名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 常に変化している世の流れを掴むようアンテナを立て、感度を磨くことで職場の問題を発見し、問題を解決に導けるリーダーを目指す。
  • 業務の目標を明確に数値化することの必要性に気づかされた。改めて優先順位を付け、処理時間をメンバーに配分することで業務改善につなげたい。
  • 職場には時間外勤務が慢性化している課とそうでない課があるため、本日学んだ業務改善の手法を活用して、生産性の向上につなげていきたい。

実施、実施対象
2018年5月     15名
業種
学校・学校法人
評価
内容:大変理解できた・理解できた
86.7%
講師:大変良かった・良かった
80%
参加者の声
  • ともに受講した同期も自分と同じように業務改善への問題意識を持っていることが分かり、心強かった。自分から改善の声を発信していく。
  • 漠然と効率化に取り組むのではなく、しっかりとした理論に基づいて、チームメンバー全員の幸福のために改善をするという意識で進める。
  • 業務改善目標の設定について、何をどのようにいつまでにと具体的な行動を考えるきっかけになりました。業務をどんどん改善していきます。

開発者コメントcomment

「人員は増えないのに、業績目標が高く、達成が難しい」とお悩みの管理職も多いかと思います。

本研修では、経営のハードルが上がる中での業務改善の必要性を理解し、人員不足を乗り越えるための改善ポイントを学び、今の人員で組織をどのように活性化させることができるのかを考えていただきます。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

最新作・ニュース

新卒対応speed&challenge

新卒採用に関するお知らせ オンライン・全国で会社説明会開催中

研修を探す

同じジャンルで探す

  • WEBins
  • 20周年特別タイアップ企画
  • モンシャン
初めてご利用の方へ

インソースからの新着メッセージ

    直近の公開講座開催研修

    新作研修

    業界随一の研修開発力を誇る
    インソースの最新プログラム

      コア・ソリューションプラン
      の新作情報

      250種類以上のコンサル事例!
      組織の「したい!」に全力で応える

        本テーマのおすすめリンク

        おすすめリンク

        閉じる