loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

Python(パイソン)プログラミング研修

Python(パイソン)プログラミング研修

検索ボタン

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修の特徴・目的

ビジネスパーソンなら知っておきたいプログラミング言語Python(パイソン)とは

このところプログラミング言語Pythonが、ITエンジニアだけでなく、一般のビジネスパーソンからも注目を浴びるようになっています。注目を浴びている背景には、次のようなPythonの特徴が挙げられます。

・無料で初心者でもわかりやすく、小学生向けプログラミング教室でも採用されている
一般的なプログラミング言語と比べてPythonは、シンプルで読みやすい文法です。加えて、ソフトウェア部品が数多く無料で提供されているため、実現したいプログラムを容易に作ることができます。もちろん、Pythonそのものも無料で使うことができます。

・応用範囲が広い
いったんプログラミング言語を覚えてしまえば、Excelのファイル操作などマクロ・VBAとほぼ同じことができるほか、AI(人工知能)、業務効率化のためのシステム(WEBアプリケーション)、IoT(Internet of Things)システム、スマホアプリやデスクトップアプリなどに応用することができます。著名なITサービスの構築にも活用されています。

・AI開発の事実上の標準
AI に必要な統計解析のための処理が、細部を知らずに使えます。

IPA(独立行政法人情報処理推進機構)でもAI人材育成ニーズを踏まえて、「基本情報技術者試験」に採用されることが発表されており、ITエンジニアの間でも習得したい言語として注目されています。

Python研修(パイソン)のポイント

弊社ではPythonを誰もが学ぶべきプログラミング言語として位置づけており、業務効率化に活用することをおすすめしております。

一般のビジネスパーソンを対象に0から丁寧に解説します

初心者でもプログラミングができるようになるために、「プログラムとは何か」から始まり、変数・リスト・型などのデータ構造や、分岐・繰り返しなどの制御構造について、1つひとつの概念・考え方を丁寧に解説いたします。初心者がとくにつまずきやすい箇所ですので、しっかり時間をかけてお伝えします。

Excel操作や統計処理、AI(人工知能)などすぐに業務に必要なものから学べます

Python研修を受講後、すぐに業務で活用できるよう、利用頻度の高いExcel操作や統計処理・データ分析に関する研修を多く扱っています。また最近注目のAIについても、データを扱うすべてのビジネスパーソンがAIを開発できるよう、AIに関連する研修ラインナップも多数ご用意しています。

自社業務を効率する業務システムも開発できる

DX(デジタルトランスフォーメーション)を実現するうえでは、既存のアプリケーションをただ使うだけでなく、自社業務を効率化するためのシステムが欠かせません。弊社の研修では、自社業務に最適化した業務システム(WEBアプリケーション)を開発できる講座もご提供しております。

<いま注目の研修プログラム>

WEBアプリ開発人材育成コース

AI開発人材育成コース

データ活用人材育成コース

Python研修(パイソン)ご検討のお客さまからのご質問

インソースのPython研修の特徴はなんですか?

特に対象としている受講者が、「一般のビジネスパーソン」であることが特徴です。これまでプログラミング経験が全くなかったという方から、データ分析を日常的にしておりAIをPythonでできるようになりたい方、ちょっとした業務システムを開発し生産性を高めたい方などを対象としています。

プログラミング初心者を対象とした講座では、プログラミングの概念・考え方について、つまづきやすい箇所は時間をかけて解説するとともに、演習問題を通じてスキルの定着を図ります。

業務での利用イメージがついている方向けの研修では、職場に戻ってすぐに活用できるようなプログラムを、研修を通じて作成いただきます。

Python研修の対象者はITエンジニアですか?

主として、一般のビジネスパーソンを対象としていますが、これからPythonエンジニア・AIエンジニア・データサイエンティストを目指すという方にもおすすめです。

もちろん、すでにITエンジニアの方も受講いただくことはできますが、講座によっては進行速度を一般の方に合わせているものがあります。あらかじめご了承ください。

Pythonと他のプログラミング言語との違いは何ですか?RPA(Robotic Process Automation)との違いは何ですか?

Excelマクロ・VBAは、Pythonと比べて自動処理できる範囲が狭いです。基本的にはExcelなどのオフィスソフトの範囲内でしか処理することができません。

RPAはExcelマクロ・VBAと比べると自動処理できる範囲が広いですが、Pythonと比べると処理速度が遅いほか、できることが限られます。RPAでは、Excelファイル操作、マウスやキーの自動入力、画面表示内容の自動取得といったことができます。

他のプログラミング言語とPythonを比べると、文法がシンプルであるほか、ソフトウェア部品が多く提供されているため、効率よくプログラムを作成することができます。AI開発や統計処理、Excelファイル操作のためのソフトウェア部品が多いのも特徴の1つです。

Pythonを使うためには何が必要ですか?

最低限、Pythonプログラムを動かすためのアプリケーションのみ、インストールが必要です。

Pythonプログラム自体は「メモ帳」アプリで作成することもできますが、テキストエディタを使うと、効率よくプログラムを作成することができます。テキストエディタも複数の製品が無料で提供されています。

組織内でDXを進めるうえで受けておくべき研修はありますか?

プログラム作成をしていると、「作り手の目線」に陥りやすくなります。あらかじめ「使い手の目線」をしっかり決めておく必要があります。また、システムには画面やデータベースなどの要素も必要になります。そのためには、次のような研修を併せて受講するのがおすすめです。


・業務整理~システム開発の考え方・流れが学べます
システム・IT理解研修

・プロトタイピング研修(開発すべき画面イメージの作り方が学べます)
プロトタイピング研修~Adobe XDによるシステム画面設計編

・画面を開発するための言語が学べます
HTML/CSS/JavaScript基礎研修(4日間)


AIを組織内で開発するのであれば、統計やデータ分析に関する知識も身につけておいた方がスムーズに理解することができます。

情報活用力養成研修~情報の収集・整理・分析編
ビジネスデータの分析研修~職場で活かせる統計の基礎とデータ活用法を学ぶ

{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

Python(パイソン)プログラミング研修のおすすめ動画教材・eラーニング

Python(パイソン)プログラミング研修のご提供コンテンツ

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

【WEBサイト上の情報を自動取得したい】

おすすめリンク

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座(申込み・支払い等)、WEBinsourceに関するお問い合わせ→①
講師派遣型研修、動画教材・e-ラーニング、人財育成スマートパック、その他のお問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!