データサイエンティスト研修

データサイエンティスト研修

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

研修の目的・特徴

世の中は、誰もがデータを活用できるステージに移行した

IT産業の普及により、世の中には多くの情報(データ)が溢れています。「PCを扱うことができる」のと同様に、「データを扱うことができる」ことは、ビジネスパーソンにとって必要な基本的スキルの1つになろうとしています。以前は、コールセンターや営業企画部門への研修が多かったですが、最近はシステム部門や人事・総務部門の方を対象に実施をすることが多くなってきています。


データサイエンティスト研修の特徴

ビジネスでデータを扱うことは、数学の問題を解くのとは異なります。現場では日々状況が変わっていき、今まで効果的だったものが、急に効果的でなくなったりします。その中で情報を取捨選択して分析をし、出た結果を深く、柔軟に理解をする能力が、データサイエンティストには求められます。

データを読み解く力を醸成する

  • ・身近なデータを使って、情報を深く読む練習をします
  • ・足りない情報や、それを埋めて考える力を身につけます

データを使った問題解決力を鍛える

  • ・基本的な分析手法を学び、トライ&エラーを繰り返す能力を鍛えます
  • ・結果を疑うことを繰り返し、真の課題解決へとつなげます

分析内容を表現するスキルを身につける

  • ・分析結果を表現するフレームを学び、情報を整理するスキルを学びます
  • ・相手に伝わりやすい資料の見せ方を学びます

{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

{{heading}}のカリキュラムを選ぶ

本研修のカリキュラムを選ぶ

データサイエンティスト研修のご提供コンテンツ

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新



×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!