loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

データサイエンティスト研修

データサイエンティスト研修

検索ボタン

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修の特徴・目的

世の中は、データ資本主義へと変化してきている

IT産業の普及により、世の中には多くの情報(データ)が溢れています。これらのデータをうまく集め・活用してきた企業が、近年はより多くの利益を得るようになりました。企業が利用する経営資源は、永らく「人」「モノ」「金」であると言われていましたが、「情報(データ)」や「時間」も加えて考えるように変化してきており、データ自体を資本と捉える「データ資本主義」の社会になってきたのです。

世の中に溢れている膨大なデータは、IoTと呼ばれる社会で、様々な「モノ」から収集されています。そして、一般的なソフトウェアなどでは到底処理しきれないビッグデータと呼ばれる、複雑なデータの集合体となって蓄積されます。飛行機の運行データ、個人ごとの医療・バイタルデータ、店舗の購買データ、電気・ガス・水道などのインフラデータなど、あらゆる業種・状況の中で、その活用方針を明確に定めずとも常に蓄積されていきます。

今までの多くの企業では、統計・分析の担当者は他業務の合間や兼務で仕事をしていました。しかし先に述べたように、データを扱うことへの重要度が非常に高くなったために「データサイエンティスト」として、専門的に業務にあたる方が増加しています。データサイエンティストは、社内外に蓄積されたデータの中から必要なものを抽出・加工し、ビジネスの現場で活用できるようにします。Excelなどを用いて簡単なデータの処理をすることから、AI技術を用いたビッグデータの分析、そこから最適解を導き出し検証するなど、求められる業務やレベルは多岐に渡ります。

インソースでは、急務となったデータサイエンティスト育成のためのプログラムを多数ご用意しています。組織の状況やご要望に合わせて、対象者のスキル向上を支援いたします。

<いま注目の研修プログラム>

データ活用人材育成コース

AI開発人材育成コース


データサイエンティスト研修のポイント

データサイエンスは、データを扱うあらゆる領域の業務を含みます。データの収集・分析を中心とする「データアナリスト」の領域、データの蓄積・分析ツールや仕組みの構築を中心とする「データエンジニア」の領域。これらは、必要となるスキルに違いこそあれど、「ビジネスの現場で効果を発揮する成果物を出す」という目的は同じです。

日々状況が変わるビジネスの前線で、情報を適切に取捨選択して分析し、出た結果について、深く柔軟に捉え、実際に活用する力が、データサイエンティストには求められます。インソースの研修では、データサイエンティストが持っておくべきスキルの到達地点を、「現場で活用できる成果物を出せるようになること」と定めて、そのレベルに達するように導きます。

【理解力の向上】データを読み解く力を醸成する

身近なデータを使って、情報を読みこなせるようになるための基本を学びます。このスキルを応用し、不足している情報に気づくことができたり、足りない情報を自分なりに補足・仮説を立てる力の習得も目指していただきます。

ビジネスデータの分析研修~職場で活かせる統計の基礎とデータ活用法を学ぶ(1日間)
情報活用力養成研修~情報の収集・整理・分析編(半日間)
仮説構築力研修(1日間)
(半日研修)なぜなぜ分析~考えるクセをつける

【分析力の向上】データを使った問題解決力を鍛える

基礎的な分析手法を習得し、トライ&エラーを繰り返す力を鍛えます。結果を何度も疑うことの重要性を理解し、根拠をふまえたうえで真の課題解決へとつなげられるように解説します。

AI・機械学習研修~回帰・分類・レコメンド編(2日間)
ビジネスデータの分析研修~既存データの活用に向けてデータを加工する編(1日間)
<速習!>(半日研修)(中級者向け)Excel研修~データの集計・分析編
ゼロから学ぶGoogleアナリティクス実践講座

【表現力の向上】分析内容を表現するスキルを身につける

分析結果を表現するフレームワークを習得し、情報を整理する実践スキルを身につけることが目的の研修です。相手に伝わりやすい資料の見せ方を学びます。社内資料作成の場面だけでなく、自組織のWEBページやSNS、エンドユーザー向けに販売しているシステムなどの使い勝手を良くするための知識を得る研修もございます。

分かりやすい資料の作り方研修~ワンペーパーで伝える編(1日間)
図解力向上研修~情報を整理し、分かりやすくする編(1日間)
UI(ユーザーインターフェイス)設計力向上研修(1日間)

役職・部門別おすすめ研修

①データ分析・企画部門、システム部門、若手~中堅向け
統計に関する基本的な知識を身につけ、ビジネス場面で活用できるレベルになることを目指します。エクセルを使って相関分析、回帰分析などを行う演習に時間を割いたプログラムや、ビジネス場面で統計を使うための基本的な考え方や統計知識・手法をもとに、目的を意識したデータ分析のポイントを学ぶものがおすすめです。

②データ分析・企画部門、管理者向け
管理者層の方には社内のデータと社外のデータの両方を用いた、需要予測スキルの習得を目指す研修をおすすめしています。予測の基本的な手順や、精度の上げ方について学んでいただけます。

③システム部門、若手~管理職向け
システム部門に配属されている方向けには、エクセルなどだけでなく、AIツールであるMicrosoft Azure MLを使って、統計の基本手法やAI・機械学習を学ぶ研修がおすすめです。データ操作を行う実担当者に受講いただき、組織のAI活用の活動を推進します。


{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

データサイエンティスト研修のおすすめプラン

組織のDXを推進するために社内人材を育成する支援プラン

DX推進に向けた体制づくりから、「全社員へのDX知識付与」「既存業務を整理するDX推進人材の育成」「AIを活用できるスペシャリストの育成」までを長期的に支援する

新人・内定者から始める!DX研修3コース×2週間プラン

デジタルネイティブ世代である内定者、新人、若手を対象に、3つのコース(システム設計、AIプログラム、データサイエンティスト)に分かれて、短期間でDX人材を育成

社内人材から「データサイエンティスト」を育てるプラン

社内人材から、データ分析が得意な「データアナリスト」を育てる。さらに、一部のメンバーは、多岐に渡りデータをビジネスに活かす「データサイエンティスト」を目指す

ITエンジニアとしての基本知識を2カ月で習得するプラン

新人やSEへの職種転換者など、SE未経験者を対象に、2か月でIT知識やプログラミング言語を学んでもらう。最後の開発演習はPHPかJavaのいずれかを選択可能

データサイエンティスト研修のおすすめ動画教材・eラーニング

データサイエンティスト研修のご提供コンテンツ

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

おすすめリンク

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座(申込み・支払い等)、WEBinsourceに関するお問い合わせ→①
講師派遣型研修、動画教材・e-ラーニング、人財育成スマートパック、その他のお問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!