情報活用力養成研修~情報の収集・整理・分析編

情報活用力養成研修~情報の収集・整理・分析編

研修No.1320300

  • 研修プログラム例
  • スケジュール
  • 受講者の評価
  • お問合せ

対象者対象者

・新商品の開発などの新しい企画を立案する立場にある方
・チームの売上向上の役割を担っている方
・組織内外における情報を駆使することで、問題解決につなげたい方

研修内容研修内容

本研修では、まず仮説を立てることの重要性を認識して頂きます。そのうえで、その仮説に沿って分析、対策を立案するまでの流れを、一つのケースをもとに考えて頂きます。

<研修のポイント>
①今ある問題について、真の原因を追究する手法を身につける
②不確定な情報に対し、情報を集め、状況を数値で分析する力をつける
③数値分析から、解決策を一つ選択する力をつける

ワークのポイントワークのポイント

①架空のケースをもとに、仮説を立てる方法を学ぶ
②仮説を検証するために、どのような情報を集めればいいのかを学ぶ
③さまざまな分析手法を学ぶことで、ケースにあった分析ができるようになる

研修プログラム研修プログラム例

研修プログラム例
  内容 手法
  • 1.情報とは何か
    (1)一次情報と二次情報 ~組み合わせて使う
    (2)定量情報と定性情報 ~用途によって使い分ける
    (3)事例から考える情報活用
    【ワーク】情報活用の視点で、とるべき行動について話し合いましょう
    (4)何のための情報収集・活用か
講義
ワーク
  • 2.情報活用の流れ
    【参考】~仮説検証型と知見探索型(データマイニング)の違い
講義
  • 3.仮説を立てる
    (1)仮説の立て方
    (2)仮説の検証のために必要な情報を見つけ出す
    【ワーク】売り上げが伸びない3つの原因の仮説について、その仮説を検証するために必要な情報を洗い出しましょう
講義
ワーク
  • 4.情報を収集する
    (1)情報収集の手段
    (2)情報収集において重要となる「時間軸の視点」
    (3)定性情報を定量情報へ変換しデータをつくる
    【ワーク】情報を収集するための手法と、その際の留意点を考えましょう
講義
ワーク
  • 5.情報を精査する
    【ワーク】どの店舗が一番効率よく運営しているか考えましょう
    【参考】信頼度95%の信頼区間の求め方
講義
ワーク
  • 6.情報を分析する
    (1)問題を絞り込む ~アンケート結果の分析
    【ワーク】お客様からのクレームのデータと、お客さまが選択する理由のデータを比較し、分析しましょう
    (2)「ばらつき」を発見する ~時系列で分析する
    【ワーク】売り逃しを減らすために、発注量を決めるデータの使い方・調べ方を考えましょう
    (3)優先順位をつけて管理する ~ABC分析
    【ワーク】①A・B・Cランク商品に分け、販売順位を決めましょう
    ②結果をもとに、売上増のためにどのような施策を行うか考えましょう
    (4)視点を定めて観察する ~動態観察による分析
    【ワーク】お客さまから商品に関するお問い合わせを受けた場合の対応について、動態観察項目・仮説を考えましょう
講義
ワーク
  • 7.対策を立案する
    (1)「対策」のポイント
    (2)対策の「スケジュール」
    (3)PDCAサイクルで確実に問題を解決する
講義
  • 8.まとめ
    【ワーク】本日学んだ中で、組織に戻って早速実践したいことを具体的に考えましょう
ワーク
  • 【参考】事例から学ぶアンケート調査
    (1)アンケート調査例
    (2)アンケート集計例

スケジュールスケジュール

かんたんお申込みシステム WEBinsource

公開講座を手軽にお安く受講いただけます!
※一部の研修は、割引対象外となります。
→WEBinsourceの詳細と新規登録はこちら

注意点お申込み時の注意点→お申込みから研修当日までの流れ

(1)同業の方のご参加はご遠慮いただいております。
(2)最低履行人数の4名に達しなかった場合、研修が中止となる可能性がございます。中止の可能性がある場合は研修日の2週間前に中間報告、1週間前に開催可否の連絡をさせていただきます。
(3)研修実施3週間を切った時点で、お申込み者数が0名の場合、開催日程をHPから削除させていただくことがあります。

※登壇予定の講師は予告なく変更になる場合がございますことをご了承くださいませ

4名様以上でのご検討の際、日程の都合が合わない場合や、開催予定が表示されていない場合には、開催のリクエストが可能です。
公開講座部(03-5259-0071)までご相談ください。

研修リクエストサービスとは?

評価受講者の評価

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた
96.9%
講師:大変良かった・良かった
97.6%

※2017年10月~2018年9月

実施、実施対象
2018年 5月     7名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 近日中に実施予定のアンケートの分析にCSポートフォリオ分析を活用し顧客の満足度を上げる目的を達成するアクションにつなげたい。
  • ABC分析、上下20%のデータを比べる手法などは初めて学んだので、ぜひ活用したいと思います。
  • 意思決定に寄与する情報収集と情報から見える事実をアウトプットする事をセンスや経験から身につけたい。回答数などアンケートに必要なことを事前に確認し意思決定に利用したい。

実施、実施対象
2017年 6月     15名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
93.3%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 異業種の方や講師の意見やひらめきを聞き、自分だけでは良い結果が得られないことを実感した。自身の同僚の意見を取り入れ業務に活かしていきたいです。内容については、単なる数値のみでは分析ができないことが良く理解できた。自身の業務について、現場、周りの知識を知るようにしていきたいです。
  • 日頃の業務において、取り組み計画や分析、改善を行う際に、どんな仮説に基づいているか問われることが多かったので、本講座を受講して、その目的をよく理解することができました。
  • データを使用するだけでなく、全体像の把握や人を巻き込む力などのお話も伺えたので、そういったことも考えながら業務に活かしていきたいと思います。

お電話でのお問合せ0120-800-225

メールでのお問合せ お問い合わせフォームへ

タイミングが合えば1名様からでも格安で受けたい研修が受けられる研修リクエストを受付中!

※研修リクエストの詳細は
こちら

TEL:03-5259-0071

FAX:03-5259-0077

お問い合わせフォームへ

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
96.9
講師がとても良い・良い
97.6

※2017年10月~2018年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
55,948
開催数※1
7,238
講座数※2
2,292
WEBinsource
ご利用社数※2
8,564

※1 2017年10月~2018年9月

※2 2018年9月末時点

お得なサービスプラン
WEBinsource
8,564社以上のお客さまがご利用中!公開講座をカンタンにお申込みできる無料のWEBサービス
※2018年9月までの累計
人財育成スマートパック

公開講座をリーズナブルに受講できるお得な割引パックをご用意しております

くわしくはこちら

公開講座Leaf

受講者が研修を申し込めるシステムです。

くわしくはこちら

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
インソースがご提供する
「これまでと違う」サービス。
 
最新の情報を無料配信中!
新作研修、新サービス、無料セミナー、公開講座割引、資料プレゼント、他社事例、研修運営のコツなどをお届けします。
メールマガジンのご登録

おすすめ研修・サービス

公開講座新作研修

2018年12月13日
プログラミング的思考力強化研修~Scratch言語を活用して業務フローを学ぶ
2018年12月11日
社内ヘルプデスク研修
2018年12月 7日
トリプルシンキング研修(2日間)
2018年12月 7日
(新入社員・新社会人向け)Microsoft Office研修~Word基礎編
2018年12月 4日
クロージング研修~成約率を上げるための引き出しを増やす