loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

情報活用力養成研修~情報の収集・整理・分析編

情報活用力養成研修~情報の収集・整理・分析編

仮説を立てて情報を収集し、その情報を適切に扱えるようになることで、意味のある対策の立案力を習得する

研修No.1320300

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • リーダー層
  • 中堅層
  • 管理職層

・新商品の開発などの新しい企画を立案する立場にある方
・チームの売上向上の役割を担っている方
・組織内外における情報を駆使することで、問題解決につなげたい方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 自分が出したアイデアや企画について、「数値的な根拠がない」と言われたことがある
  • 基本的な数値の見方はわかるが、別のデータなどと関連させて仮説を立てることが苦手
  • 数値やデータの分析方法を身につけて、新企画の立案や営業活動に役立てたい

研修内容・特徴outline・feature

本研修は、現在抱えている課題について対策を考える時に、情報をどのように活用すれば良いのか、が分かる研修です。
まず仮説を立てることの重要性を認識していただきます。そのうえで、その仮説に沿って必要な情報を収集し、集めた情報を精査・分析する方法を学びます。最後に、分析結果をもとにした対策の立案ができるようになっていただきます。

※持ち込んだPCのご利用はできません。

到達目標goal

  • ①今ある問題について、真の原因を追究する手法を身につけることができる
  • ②不確定な情報に対し、情報を集め、状況を数値で分析することができる
  • ③数値分析から、最適な解決策を選択することができる

研修プログラム例program

  内容 手法
  • 1.情報とは何か
    (1)一次情報と二次情報 ~組み合わせて使う
    (2)定量情報と定性情報 ~用途によって使い分ける
    (3)事例から考える情報活用
    【ワーク】情報活用の視点で、とるべき行動について話し合いましょう
    (4)何のための情報収集・活用か
講義
ワーク
  • 2.情報活用の流れ
    【参考】~仮説検証型と知見探索型(データマイニング)の違い
講義
  • 3.仮説を立てる
    (1)仮説の立て方
    (2)仮説の検証のために必要な情報を見つけ出す
    【ワーク】売り上げが伸びない3つの原因の仮説について、その仮説を検証するために必要な情報を洗い出しましょう
講義
ワーク
  • 4.情報を収集する
    (1)情報収集の手段
    (2)情報収集において重要となる「時間軸の視点」
    (3)定性情報を定量情報へ変換しデータをつくる
    【ワーク】情報を収集するための手法と、その際の留意点を考えましょう
講義
ワーク
  • 5.情報を精査する
    【ワーク】どの店舗が一番効率よく運営しているか考えましょう
    【参考】信頼度95%の信頼区間の求め方
講義
ワーク
  • 6.情報を分析する
    (1)問題を絞り込む ~アンケート結果の分析
    【ワーク】お客様からのクレームのデータと、お客さまが選択する理由のデータを比較し、分析しましょう
    (2)「ばらつき」を発見する ~時系列で分析する
    【ワーク】売り逃しを減らすために、発注量を決めるデータの使い方・調べ方を考えましょう
    (3)優先順位をつけて管理する ~ABC分析
    【ワーク】①A・B・Cランク商品に分け、販売順位を決めましょう
    ②結果をもとに、売上増のためにどのような施策を行うか考えましょう
    (4)視点を定めて観察する ~動態観察による分析
    【ワーク】お客さまから商品に関するお問い合わせを受けた場合の対応について、動態観察項目・仮説を考えましょう
講義
ワーク
  • 7.対策を立案する
    (1)「対策」のポイント
    (2)対策の「スケジュール」
    (3)PDCAサイクルで確実に問題を解決する
講義
  • 8.まとめ
    【ワーク】本日学んだ中で、組織に戻って早速実践したいことを具体的に考えましょう
ワーク
  • 【参考】事例から学ぶアンケート調査
    (1)アンケート調査例
    (2)アンケート集計例

企画者コメントcomment

変化の激しい現代において、情報の収集や分析を行い、先を読んで行動を起こすことは大変重要となります。本講座では、収集した情報(数値、データなど)を整理して分析できるスキルを身につけていただきます。グループワークと座学にて、仮説を立てることの重要性をしっかりと認識するところから研修を進めますので、苦手意識をお持ちの方にも大変おすすめです。

スケジュール・お申込みschedule・application

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

※申込期日とキャンセル期日はオンライン開催とセミナールーム開催で異なります。ご注意ください

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年11月20日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

98.1%

講師:大変良かった・良かった

95.5%

※2019年10月~2020年9月

実施、実施対象
2020年12月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 「過去データとの比較」という発想が弱いことに気づけました。二次情報や定性情報で仮説を発見し、定量情報を精査して説得力のある根拠を導いていきます。
  • 仮説・検証を自ら対応できるようにしていきます。今期の教育施策の課題抽出と、来期の方針、施策策定に活用いたします。
  • 情報活用といっても多くの手法や考えがあることがわかりました。数値化できるものやできないものまで、それらをうまく使いこなすことや、現状の分析から仮説、課題が導き出されて、それを改善する一連のアクションも情報活用の大切なプロセスだということを改めて理解しました。今後に活かしていきます。
  • 情報を収集しても、それを整理するということを今まで考えたことがなかったので、どれが重要な情報で、無駄な情報は何かを考え、分析することをしていきます。

実施、実施対象
2020年11月     3名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 仮説を立てることが重要であるということを理解しました。今後、まずは仮説を立てることを習慣化したいと思います。また「役に立つことが大事」というお話も大変参考になりました。
  • 水平(批判)思考(=人の気持ちを理解)を前提としたゴールを考えていきたいと思いました。そのゴールに到達する為に本日学んだ情報活用の流れをうまく使い、取り組んでいきたいと思います。
  • 人を心から動かしていくために活かしていきたいと思います。また実際の業務では、定性を数値に変える事を意識していきたいと思います。

実施、実施対象
2020年8月     7名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
85.7%
参加者の声
  • 今まで深く考えずに行ってきた対策を、後々PDCAで検討できるように進めると効果が出るのではないかと考えました。また、ABC分析はエクセルで取得しているデータが多いので、すぐに活用したいです。
  • 本日の研修で学んだことを、会社内の情報分析業務で活用していきたいと思います。
  • 情報収集において仮説を大事にすることと、定性・定量情報の双方の利点・欠点に留意し業務を行うことを実践していきたい。
  • 不備やミスについて、原因までは考えていたが仮説を立てることまではしていなかったため、今後は仮説を立てることを意識していきたい。
  • 研修を受講して、仮説を立てるクセを付けることが大切だと思いました。今後活用していきます。

実施、実施対象
2020年3月     3名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 現場の効率化に向けた現状把握を行い、問題解決に努めます。
  • お客様の満足度向上のために現状分析と対策立案に研修内容を活かしたいです。早速、データ分析の業務に役立てたいと思います。
  • 問い合わせ対応記録をデータ化したものの、どの様に分析し対策を立てればよいか思いつかなかったので、今日学んだことをヒントにまずは分析を進めていきたいと思います。

実施、実施対象
2020年2月     12名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 情報活用の知見がなかったので、基本を理解することができ研修の目的を達成できました。情報分析についても、もう少し専門的なことを勉強して身につけたいと思います。
  • 仮説を立てることによる情報収集・分析の目的が明確になることを学べました。アンケート分析に活用し、改善案件につなげたいです。
  • 目的に応じた仮説の重要性を学んだ。学んだことを職場のメンバーとも共有して業務に活かしたい。
  • 問題から対策にいくまでの分析を大事にしようと思いました。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討中の研修テーマで、日程がなくお困りの場合は「研修リクエストサービス」をご活用ください。ご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
98.1
講師がとても良い・良い
95.5

※2019年10月~2020年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
58,332
開催数※1
8,445
講座数※2
2,859
WEBinsource
ご利用社数※2
13,492

※1 2019年10月~2020年9月

※2 2020年9月末時点

研修を探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
開催地で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修