loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

【プロマネ養成シリーズ】ステークホルダー対応力養成研修(1日間)

【プロマネ養成シリーズ】ステークホルダー対応力養成研修(1日間)

プロジェクトの成否のカギを握るステークホルダーマネジメントの要諦を学ぶ

研修No.B PMG240-0000-5465

対象者

  • 全階層

・事業開発や販売促進、システム開発部門などのプロジェクト型の業務に携わる方
・人事や総務、情報システム部などの全従業員を対象とした業務に携わる方
・組織横断的なプロジェクトでリーダー役を担う方

よくあるお悩み・ニーズ

  • プロジェクトオーナーからの無茶ぶりにいつも苦労させられる
  • 協力してもらいたい人とどう関係を作っていけばいいか知りたい
  • 想定していなかった人にプロジェクトの足を引っ張られることがある

研修内容・特徴outline・feature

プロジェクトとは組織横断的に推進されるものであり、そこではさまざまな立場の人が直接的、間接的に関係してきます。この利害関係者(ステークホルダー)の協力が得られないと、プロジェクトの成功はおぼつかなくなります。そのため、各ステークホルダーと適切なコミュニケーションを取り、良好な関係を維持していくことが必要です。さらに、プロジェクトを後押ししてもらえるよう、ステークホルダーに積極的な関与を促すことも、プロジェクトマネージャーには求められます。

本研修では、そうしたプロジェクトならではの特性を踏まえつつ、ステークホルダーマネジメントにおける実践的なスキルを身につけます。

研修のゴールgoal

  • ①プロジェクトオーナーとの関わり方のポイントを理解する
  • ②ステークホルダーの洗い出しの観点を身につける
  • ③ステークホルダーごとの関わり方を合理的に決めることができる

研修プログラム例program

内容
手法
  • 1.プロジェクトにおけるステークホルダーとは
    【ワーク】過去のプロジェクトでステークホルダーへの対応が原因でうまくいかなかった例を共有する
    (1)なぜプロジェクトにおいてステークホルダーが重要になるのか
    ①プロジェクトの影響が多方面に及ぶため
    ②プロジェクトの成功には多方面からの協力が必要なため
    ③プロジェクトチームが組織横断的に組まれるため
    (2)ステークホルダーマネジメントとは
    (3)プロジェクトの推進に向けて適切に関与してもらうために
講義
ワーク
  • 2.プロジェクトオーナーとの関係構築
    (1)プロジェクトオーナーとは
    ①プロジェクトの依頼者であり最終責任者
    ②プロジェクトの成功とはオーナーの期待を越えること
    (2)プロジェクトオーナーとの関係とは
    ①オーナーは「上司」ではなく「クライアント」
    ②「指示を受ける」ではなく「意向を汲んで提案する」 
    ③「信頼関係」から一歩進んだ「共闘関係」へ
    【ワーク】自身が関わるプロジェクトのオーナーを特定して依頼内容を整理し、相手の期待値や関心事、懸念点などを具体化する
講義
ワーク
  • 3.プロジェクトの立ち上げ期~ステークホルダーの特定
    (1)プロマネから見たステークホルダーとは
    ①プロジェクトオーナー ②プロジェクトメンバー ③メンバーの元部署の上司
    ④プロジェクトの影響を受ける他部署 ⑤プロジェクトに関わる顧客・ユーザー
    ⑥プロジェクトに関わるサプライヤー・パートナー
    (2)ステークホルダーの立ち位置と影響を分析する
    ①関与度×関心度で分類する ②それぞれの姿勢をAs Is-To Beで表す
    【ワーク】自身が関わっているプロジェクトのステークホルダーをすべて洗い出し、分析する
講義
ワーク
  • 4.プロジェクトの計画期~ステークホルダーマネジメントの計画化
    (1)関係構築のためのコミュニケーションを想定する
    ①意向確認のためのヒアリング ②進捗状況の報告 ③課題解決のための討議
    ④承認を得るための根回し ⑤協力を得るための相談
    (2)コミュニケーションをプロジェクト計画の中に組込む
    (3)ステークホルダーマネジメントにおける留意点
    ①プロジェクトの初期に重要な「異常なし報告」 
    ②敵に回したくない相手への「こまめな報告」 
    ③協力を得るための「事前の根回し」
    【ワーク】前章で洗い出したステークホルダーに対するコミュニケーションの内容を具体化し、プロジェクト計画の中に書き出す
講義
ワーク
  • 5.プロジェクトの実行期~ステークホルダーマネジメントの実行
    (1)計画に沿ってコミュニケーションを実施する
    (2)目指す関係性が築けているかを確認する
    (3)ステークホルダーマネジメントで求められるスキル
    ①信頼関係の構築 ②積極的傾聴 ③コンフリクトの解消 ④抵抗に対する克服  
    ⑤合意形成 ⑥社内調整・政治力
    【ワーク】各ステークホルダーとのコミュニケーションにおいて、起こり得る問題とそこで必要となるスキルを整理する
講義
ワーク
  • 6.まとめ
ワーク

8854

全力Q&A{{list[0]['category']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

開発者コメントcomment

プロジェクトオーナーを含むステークホルダーの存在は、定常業務ではあまり意識することがないかもしれませんが、プロジェクトにおいては、慎重にマネジメントすべき優先順位の高い事項となります。不慣れな人も少なくないステークホルダーマネジメントのポイントを簡潔に理解していただくために、この研修を企画しました。

特集

プロジェクトを組んで遂行する上で欠かせない「プランニング力」「プロジェクト推進力」「チーム編成・運営力」「ステークホルダー対応力」を習得する
プロマネ養成シリーズ

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

最新作・ニュース

新卒採用募集中

新卒採用に関するお知らせ オンライン・全国で会社説明会開催中

研修を探す

同じジャンルで探す

  • WEBins
  • モンシャン
初めてご利用の方へ

インソースからの新着メッセージ

    直近の公開講座開催研修

    新作研修

    業界随一の研修開発力を誇る
    インソースの最新プログラム

      コア・ソリューションプラン
      の新作情報

      250種類以上のコンサル事例!
      組織の「したい!」に全力で応える

        本テーマのおすすめリンク

        おすすめリンク

        閉じる