プロジェクトマネジメント研修 | 現場で使える研修ならインソース

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

プロジェクトマネジメント研修

プロジェクトマネジメント研修

検索ボタン

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修の特徴・目的

プロジェクトマネジメントが注目される背景

一般的にプロジェクトというと、最新テクノロジーを活用した国家の研究開発、1000人以上の作業員が関わる建設事業などの大規模な計画がイメージされることが多かったですが(※奈良時代のプロジェクトマネジメント)、IT企業のシステム開発プロジェクトは、現代における代表的な「プロジェクト」の一例です。IT企業だけでなく、多数の企業・組織で組織横断的なチームを編成して行われる多種多様なプロジェクトが増加しており、それに比例してプロジェクトを推進・運用するマネジメント(プロジェクトマネジメント)への関心も高まっています。


プロジェクトマネジメント研修3つのポイント

インソースのプロジェクトマネジメントに関する教育プログラムは、
①企業・組織で組織横断的に行うプロジェクトマネジメント
②IT企業のシステム開発におけるプロジェクトマネジメント
③プロジェクトを推進するための関連スキルの向上
に大きく大別しています。

企業・組織で組織横断的に行うプロジェクトマネジメント

プロジェクトマネージャーとそれをサポートする現場リーダーが、プロジェクトの各プロセスに必要なスキル・行動を理解する内容で構成しています。 作業の洗い出し、やるべきこと・やらないことの範囲を決定するスコープ、コスト管理や実行可能性の判断などプロジェクトの全体像を設計するためのポイント、管理表・報告書を活用した管理や課題管理の仕方のコツをはじめとし、ステークホルダー間のコンセンサスマネジメント・コンフリクトマネジメントを学びます。このほかWBSやガントチャートを計画に落とし込むものや、リスク・コスト・進捗管理に特化したものなど、組織の課題に合わせたプログラムをお選びいただけます。

IT企業のシステム開発でのプロジェクトマネジメント

主にIT事業に従事する方向けに、「プロジェクトマネジメントの極意」を開発しました。プロジェクト管理・要件定義・進捗管理・テスト・障害トラブル・リレーショナルデータベース開発という6つのプロセスに分け、その秘訣を習得いただけます。

複数のITエンジニアからなるプロジェクトチームをマネジメントしながらシステム開発を進めるプロジェクトマネージャーの業務は多岐に渡ります。過去に自身が参加したプロジェクトの経験だけでは、実際にさまざまな困難な場面に対峙した時に対応できないこともあります。そうしたトラブル時・いざというときにお役立ていただけるのが本シリーズです。初めてプロジェクトマネジメントに挑むことになった若手の方でも理解できるように基礎的な考え方や心構えについても言及し、発現場で起こり得るワークやケーススタディで適切な対応を考える応用力を身につけられます(PMBOKには準拠しておりませんが、相当の内容は含まれています)。

プロジェクト推進のための5つの関連スキルを向上させる

①アジャイル~スピード感、現場での臨機応変な対応
アジャイルとは、「素早い・機敏な」という意味です。VUCAの時代のいま、目まぐるしい速さで社会やビジネスのあり方が変わってきており、その環境変化のスピードに対応する形で登場したのがアジャイルの手法です。このアジャイルのあり方を、部署・プロジェクトの意思決定に応用して組織デザインを行う組織も出現しています。環境の変化に迅速に対応するために、管理者・PM(プロジェクトマネージャー)に、現場の意思決定を権限移譲しておくなどがその一例です。

もちろん、各組織やチームのベクトルがバラバラになってしまって組織としての方向性がブレないように、指針となる組織方針やビジョンを明確にしておく必要があります。仮説~実行~検証のプロセスを高速で行うために、リーダー自身の判断軸形成を強化し、同時に変化に耐えうるメンバーを育成することが重要です。

②調整力
最初は志も士気も高く全員が熱意あふれていたチームも、プロジェクトが進むにつれ、意見の食い違いや思わぬトラブルの発生などが原因で不協和音がすることもあります。そのような状況下では、プロジェクトマネージャーはチーム内の利害を調整し、チームの力を前に向けるよう立ち回らなくてはなりません。チーム内部だけでなく、様々な部署や協力会社、場合によってはクライアントであるお客さまなどのステークホルダーとの折衝・交渉も起こり得ます。関係者に気持ちよく協力してもらう、または無理を聞いてもらう場面では人を動かす人間力も問われるのです。

③人を動かすアサーティブコミュニケーション
調整・交渉をするうえで、欠かせないのがアサーティブコミュニケーションスキルです。自分が伝えたいこと、相手に受け入れて欲しいことを明確にして、相手に自信を持って真正面からアプローチすることで、相手に行動の変化を求めるメッセージ性を高めます。

④問題解決、判断力
プロジェクトを進める中では、大小様々な問題が日々発生します。そういった問題が発生した際に迅速かつ正確な判断を下すのがプロジェクトマネージャーの役割です。問題を根本的に解決するための原因分析や適切な課題設定、そしてその課題を具体的にどのように解決する力が求められます。

⑤チームビルディング
メンバー意識を統一する目標設定力や、プロジェクトの目的をメンバーに伝える力、安心してやりがいをもって働ける環境を作り出す心理的安全性の構築方法を体得し、チームを一枚岩にします。個々の個性やスキルを認めたうえで成果を最大化する業務采配と人員構成がなされ、かつチームメンバー全員が積極的に参加する健全なマインドが醸成されれば、そのプロジェクトは成功に大きく近づきます。


プロジェクトマネジメント研修ご検討のお客さまからのご質問

インソースのプロジェクトマネジメント研修のおすすめのポイントはなんですか?

A. たくさんありますが、一番のポイントは、1日でコンパクトにプロジェクトマネジメントのプロセスの全体像とその際に何をすべきかを理解できることです。研修では、スケジュール作成・管理やコスト管理、関係者とのコミュニケーションなどについて、それぞれを適切に行うためのポイントをワーク中心のプログラムを通じて、網羅的にプロジェクトマネジメントのプロセス、マネジメントに必要なスキルを身につけていただきます。

オンラインの受講も可能ですか?

A.このページでご紹介しているすべての研修でオンライン形式での研修実施は可能です。インソースのオンライン研修はウェビナーのような一方的な発信だけのセミナーではなく、講師がライブでホワイトボードの前で話しながら登壇し、またグループワークもオンライン上でグループ分けして演習を実施するなど、ほぼリアルの集合研修と変わらない内容で 実施をいたします。

動画のコンテンツもありますか?

A.プロジェクトマネジメント基礎研修~ミッションを達成するステップを学ぶ(冊子教材・テスト付き)」がございます。オンライン研修の実施も難しい場合は、動画視聴という選択肢で研修を受講いただくことも可能です。

{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

プロジェクトマネジメント研修のおすすめプラン

若手・中堅のためのはじめてのプロジェクトリーダープラン

はじめてプロジェクトリーダーを任された若手・中堅が、部門を横断したプロジェクトの「計画」「進捗管理」などを推進するために、必要なスキルを短期間で一気に身につける

役職者のプロジェクト推進に必要な5つのスキル強化プラン

役職者がプロジェクトを強力に推進するために、必要なスキルを5つ「チームマネジメント」「指導力」「調整力」「戦略立案」「リスク管理」に分解して徹底的に強化する

PMのレベルに応じた体系的なビジネススキル強化プラン

PMの「ビジネス感覚・知識」や「プロジェクト管理、対人関係、マネジメント」スキルを継続的に向上させるレベルごとの育成体系を構築し、個々のスキルアップをはかる

プロジェクトマネジメント研修のおすすめ動画教材・eラーニング

プロジェクトマネジメント研修のご提供コンテンツ

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

おすすめリンク

【コア・ソリューションプラン】

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!