プロジェクトマネジメント研修

プロジェクトマネジメント研修

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

研修の目的・特徴

業種に関わらず活用できるプロジェクトマネジメントの実践的な方法論が学べる

現代社会は「過去に展開されてきた数多のプロジェクトの成果が蓄積されて成り立っている」と言っても過言ではありません。歴史にその名を刻むプロジェクトが成功し たその陰には、常に卓越したリーダー、すなわち「プロジェクトマネージャー」が存在しています。彼らには共通した法則や理論があると仮定し、検証していくプロセスの中で生まれたのが「プロジェクトマネジメント理論」です。


プロジェクトマネジメント研修3つのポイント

プロジェクトマネージャーに求められる役割を自覚する

過去の事例を振り返り、プロジェクトマネージャーに求められる役割を再認識します。

プロジェクトを計画する段階の重要性を知る

  • ・プロジェクトを明確化し、目的達成に向けた計画プロセスを学びます
  • ・計画すべき内容をカテゴリー毎に整理し、その重要性の認識を促します

進捗管理手法が身につく

「進捗管理表」「進捗報告書」の活用法や管理のポイント、留意点など、「進捗管理手法」について具体的に学びます


プロジェクトマネジメント研修ご検討のお客さまからのご質問

インソースのプロジェクトマネジメント研修の特徴はなんですか?

A.プロジェクト管理手法以外にも、関係者との円滑なコミュニケーションの重要性に着目し、インソースが得意とする対人スキル系の研修内容にも触れながら、学びを深めていただけます。
以下の研修もあわせてご検討いただければ幸いです。

■調整力発揮研修
・調整力発揮研修 ステークホルダーマネジメント編(1日間)
・【公開講座】調整力発揮研修
・調整力研修(2日間)
・調整力向上研修(2日間)

■交渉力向上研修
・交渉力研修(1日間)
※半日間、2日間の研修もございます
・【公開講座】交渉力向上研修~ネゴシエーションスキルを上達させる
・交渉力研修 ~基礎編(半日間)
・交渉力研修 ~応用編(半日間)
・交渉力向上研修 ~双方が納得する交渉スキル習得編(2日間)

■人を動かすコミュニケーション研修
・コミュニケーション研修 ~基本を理解する編(1日間)
・人を動かすコミュニケーション研修~キーパーソンへ働きかける編
・コミュニケーション研修 コミュニケーションの本質を学ぶ編
・コミュニケーション研修 ~コミュニケーションの土壌作り編

また研修ではワークを充実させており、自身の振り返りや他の研修参加者とのコミュニケーションを通して、より実務的、実践的な内容に触れていただけます。

IT・システム開発業界以外からの参加も可能ですか?

A.業種・業界を問わず、プロジェクト型業務は存在しています。汎用性のあるプロジェクト管理手法について学ぶことにより、適切な管理方法を見つけていただけます。研修自体も、 敢えてIT・システム開発に特化した内容にはしておらず、自身の業務と照らし合わせながら受講することが可能となっています。

{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

{{heading}}のカリキュラムを選ぶ

本研修のカリキュラムを選ぶ

プロジェクトマネジメント研修のご提供コンテンツ

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①その他お問合せ→②を選択してください



×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!