loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

管理職向けロジカルシンキング研修~問題解決を通してコンセプチュアルスキルを高める(1日間)

管理職向けロジカルシンキング研修~問題解決を通してコンセプチュアルスキルを高める(1日間)

概念化能力を高め、物事の本質をとらえる応用力を身につける

研修No.B LTH220-0000-4272

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層

・管理職の方
・管理職を目指す方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 抽象的思考を身につけたい
  • マネジメントスキルをさらに高めたい
  • 問題解決を通して「コンセプチュアルスキル」を高めたい

研修内容・特徴outline・feature

社会人として仕事を遂行するうえでは、「コンセプチュアルスキル」が必要と言われております。「コンセプチュアルスキル」を身につけるためには、事象や問題、課題をさまざまな観点で見ることのできる「視点」を身につけることが重要です。本研修では、日常の問題を解決していくプロセスを通して、こうした「視点」を学び、コンセプチュアルスキルを高めていただきます。

※コンセプチュアルスキルとは、事象や問題・課題を、大きな枠組み(フレームワーク)でとらえて、考えることができる能力のことです

到達目標goal

  • ①コンセプチュアルスキルに必要な要素を身につける
  • ②様々な視点から事象や問題、課題をとらえられるようになる
  • ③事象を深掘りして、原因を追究できるようになる

研修プログラム例program

内容
手法
  • 1.はじめに ~コンセプチュアルスキルとは
    【ワーク】概念化能力(コンセプチュアルスキル)とはどのような能力なのか考える
    (1)コンセプチュアルスキルと問題解決
     ①カッツ・モデルとは
     ②コンセプチュアルスキルと問題解決
    (2)コンセプチュアルスキルを支える視点
     ①様々な立場から考える
     ②なぜグセをつける
     ③「5W1H」「6W3H」で考える
     ④時系列、流れで考える
     ⑤2軸、マトリクスで考える
     ⑥層別で考える
講義
ワーク
  • 2.現状(事象)のとらえ方 ~「問題」とは何か
    (1)起きている現状(事象)をどう感じるのか
    【ワーク】自身の業務を進めるうえで、「もう少しこうだったらいいな」と思うことを考える
     ①当たり前と思うことからの脱却
     ②疑問の切り口
    (2)事象と問題
     ①現状(事象)とは
     ②疑問から問題意識へ ~現状(事象)と目指すべき姿
     ③現状(事象)と問題の違いは何か ~問題の定義付け
    【ワーク】「もう少しこうだったらいいな」と思った自分にとって、何が問題か考える
     ④人や立場によって、事象のとらえ方が変わる
     ⑤問題を具体的にとらえる ~問題に曖昧さはNG
    【ワーク】定義があいまいな表現を見つけて、何があいまいなのかを指摘する
講義
ワーク
  • 3.原因の究明 ~事象を深掘りする
    (1)現状(事象)と原因
    (2)なぜなぜの繰り返し
     ①「なぜ」と考える癖づけ
     ②「なぜ」を深堀する
    【ワーク】なぜなぜを繰り返して「なぜそうなるのか」という原因を洗い出す
    (3)真の原因
     ①特性要因図
     ②連関図法
    【ワーク】特性要因図、連関図法のいずれかを使用して、2章冒頭のワークで取り上げた問題の真因を考える
講義
ワーク
  • 4.課題設定と計画立案
    (1)課題とは何か
    (2)計画立案時のポイント
     ①重要な課題設定
     ②計画は、より具体的に
    (3)計画とは何か ~まずは一度立ててみましょう
    【ワーク】整理した内容から課題を設定し、具体的な対応策としての計画を立案する
     ①計画の優先順位
     ②結果系とプロセス系の管理項目と達成基準
講義
ワーク
  • 5.まとめ
    【ワーク】本研修を振り返り、改善活動で取り上げるテーマを1つ決め、今後すべきことを洗い出す
ワーク

6460

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

開発者コメントcomment

カッツ・モデルにおける「コンセプチュアルスキル」は、職位が上がるほどその必要性・重要性が増し、簡単に習得できるようなものではありません。良い訓練になるのが、「問題解決」への取り組みです。そこで、問題解決へのアプローチ法や手法の活用をとおして、「コンセプチュアルスキル」を深めていただく本研修の企画に至りました。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

ロジカルシンキング研修
年間総受講者数
11,204
内容をよく理解・理解
93.3
講師がとても良い・良い
92.5

※2019年4月~2020年3月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

メールマガジンのご登録

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

思考力の使い方

作り込み型研修

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!