loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

交渉力研修 債権回収における対人折衝編(1日間)

交渉力研修 債権回収における対人折衝編(1日間)

問題の本質は何か、を徹底的に考えたカリキュラムで、現場で役立つスキルやノウハウを習得!

研修No.B NEG170‐0000-2994

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 全階層

債権回収担当者の方

研修内容・特徴outline・feature

本研修では、お客さまのタイプ別攻略法や具体的な交渉技術を身につけ、お客さまとの折衝における苦手意識を払拭していただいた上で、自信と誇りを持って債権回収業務に臨んでいただくことを目的としています。
加えて、受講者が現場で直面しがちなケースで実践ロールプレイングを行い、現場での実践につなげていただきます。

研修プログラム例program

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.はじめに ~債権回収業務の意義を理解する
    (1)誇りを持って債権回収業務を行う
    (2)相手が求めているのは「心のつながり」
    (3)債権回収業務は「組織を代表している」という意識で行う
    (4)不適切な債権回収は「組織を危うくする」
講義
  • 2.債権回収における交渉の留意点
    (1)誠実な態度で臨む
    (2)自信のない態度は取らない(ひるまない)
    (3)時には強い態度で出ることも必要
    (4)早め早めの行動が肝心
    (5)相手のタイミング重視で行動予定を組む
    (6)案件を見極める
    (7)入念な事前調査が貴重な接触を成功に導く
    (8)想像力と嗅覚は経験を通じて磨く
    (9)悪いほうに考えるクセをつける
    (10)逃げ道を作らないための論理的な詰め
講義
  • 3.債権回収の流れ
講義
  • 4.事前準備
    (1)相応しい知識を身につける
    (2)情報を集めて相手を事前に把握しておく
    【ワーク】 交渉にあたる前に、知っておきたい相手方の情報が何かを考える
講義
ワーク
  • 5.シナリオ作り
    (1)相手の社会的立場、動きを推測する ~相手のプロファイリング
    (2)交渉のシナリオ作りと交渉目的の明確化
    【参考】架電
    (1)プロとして「名のる」
    (2)「依頼事項」を伝える
講義
  • 6.応対・交渉
    (1)訊く ~相手主導の質問とは
    【ワーク】拡大(オープン)質問、限定(クローズ)質問について、それぞれどんな場面で有効かを整理する
    (2)聴く ~相手に共感を示す
    【ワーク】あいづちの効果を体感する
    (3)相手を説得する ~功利的説得法
    (4)相手を説得する ~規範的説得法
    (5)相手を説得する ~情緒的説得法
    (6)相手を説得する ~アサーティブ・コミュニケーション
    (7)相手を説得する ~切り返しのテクニック
講義
ワーク
  • 7.クロージング
講義
  • 8.ケーススタディ
    【ケース】払う払うと言いながら、なかなか入金していただけない方の場合
講義
ワーク
  • 9.まとめ
    【参考】タイプ別対応方法
    (1)大前提
    (2)相手を理解することが「タイプ別」対応の始まり

994

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2018年 1月     28名
業種
介護・福祉
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
96.3%
参加者の声
  • 「返済しないのが悪い」という先入観を入れずに、相手を理解しようとする姿勢で話ができるようにしていきたいです。
  • 交渉術について具体的、理論的な話を聞く機会がないのでとても参考になりました。
  • 貸付業務だけでなく相談業務でも活かせる内容であった。

実施、実施対象
2017年 11月     17名
業種
大型市・区
評価
内容:大変理解できた・理解できた
94.1%
講師:大変良かった・良かった
82.4%
参加者の声
  • 債権内容が異なる職員同士で意見交換できたのは非常に有意義であった。
  • お互いが納得し、納付してもらえるような交渉ができるよう、また、少しでも多く納付してもらえるような計画を行っていきたい。
  • クロージングの方法が具体的に説明されており分かりやすかった。

実施、実施対象
2017年 1月     34名
業種
金融
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 交渉の際、段取り、お客様の反応を意識し、テクニックを有効に活用していきます。
  • 非常に内容的に実務に沿っており、再度、実務上での対応に生かせると感じ、有益だった。
  • グループワークも多く、講義頂いた部分について確認しながら、共有も行えたので有意義だった。

開発者コメントcomment

「債権回収率を上げるように」と言われても、お客さま次第なんだよな…。

そんな債権回収に悩まれる担当者向けに、少しでも自信を持って、お客さまとのやり取りを円滑に行えるように、どうしたらお客さまの心に、債権回収担当者(組織)の想いを伝えるかの方法を学び、「債権回収ってこうしたら良いんだ」と身につけていただくための研修をご用意しました。

そして、学ぶだけではなく、債権回収担当者自らの武器として、すぐに実践いただけるように、しっかりと演習(ワーク)も準備しております。
頭と体、全身で学んでいただきたいと思います。

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

銀行業界向け研修の評価
年間総受講者数
7,146
内容をよく理解・理解
97.7
講師がとても良い・良い
96.6

※2020年10月~2021年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

サービス内容
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
新作研修PICK UP

時代の変化を先取りするインソースの新作研修

新作研修一覧を見る

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集

人事のお役立ちニュース

人事のお役立ちニュース一覧を見る

初めてご利用の方へ

ご希望の日時・Web会議ツールでの商談ご希望の方はこちらへ オンライン商談ご予約専用フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

おすすめリンク

WEBinsourceの詳細・新規会員登録はこちら

直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!