loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

コミュニケーション研修 ~コミュニケーションの土壌作り編(1日間)

コミュニケーション研修 ~コミュニケーションの土壌作り編(1日間)

相手の意図を汲み取り、自分の伝えたいことをスムーズに伝えるための3つのスキルを学ぶ

研修No.B CMN520-0800-0677

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修内容・特徴outline・feature

相手の意図を汲み取り、自分の伝えたいことをスムーズに伝えるために、下記のスキルの習得を目指します。

①円滑なコミュニケーションの土壌となるきっかけ作りを意識する
②相手の言いたいことに、耳を傾けて、しっかり「聴く」
③相手の立場を配慮しながら、言いにくいことを伝える

組織変革やリスク管理にも触れることで、次世代リーダーとしての意識付けを図りながら、明日から使っていただけるコミュニケーションスキルを習得します。

研修プログラム例program

研修プログラム例(所要時間:1日間)
  内容 手法
 
  • 1.アイスブレイク
     ~自己紹介、チームリーダー、チーム名を決定
ワーク
  • 2.求められるコミュニケーション力とは
    1. 理想の「コミュニケーション」とは何か
      「自分の成長を支援してくれた上司・先輩は、自分に何をしてくれたか?」
    2. コミュニケーションの土壌を作るひと工夫【考え方のヒント】
      ①相手を必ず名前で呼ぶ
      ②何気ないことも口に出して表現
      ③笑顔でいる
      ④当たり前の挨拶を当たり前にする
      ⑤職場に目を向けて観察する
    3. コミュニケーションの垣根をはずす
      ~コミュニケーションのきっかけ作り・心情理解 自分の感情を率直に伝えること、ほめること・叱ること
講義
ワーク
  • 3.「聴く」スキル=「傾聴力」のポイント
    1. 「聴く」スキルとは?
    2. 「聴く」ための心構え ~「聴く」ペースと間の取り方
    3. 相手が話しやすさを感じる「聴き方」とは?
講義
  • 4.「訊く」スキル=「質問力」のポイント
    1. 「訊く」スキルとは?
    2. 「訊く」のポイント
    3. 「訊き方」の種類
    4. 相手が話しやすさを感じる「質問」をするために
講義
  • 5.アサーティブ・コミュニケーション
    1. 組織変革~周囲に働きかけ多くの人を動かすコミュニケーションの有効性
    2. リスク管理~コミュニケーションから生じるリスク
    3. アサーティブ・コミュニケーションとは
    4. 【ケーススタディ】
      業務効率の悪い仕事の進め方をしているメンバーを注意するには
        ①アサーティブ・コミュニケーションの手順と技法
        ②ケース別アサーティブ・コミュニケーションのポイント
         ア.よく知っている人に意思を伝える場合
         イ.反対の意見を言っている人に意思を伝える場合
         ウ.感情的にならないように、後輩に意思を伝える場合
講義
ワーク
  • 6.まとめ
講義

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2019年9月     26名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
92.3%
講師:大変良かった・良かった
92.3%
参加者の声
  • 報連相のやり方であったり、報告書の書き方、職場でのコミュニケーションの取り方を学んだ通りに実践していきたいです。
  • 普段コミュニケーションがとりにくいと思っていた上司や先輩職員と、うまくコミュニケーションがとれるような気がします。今回教えていただいた聞き方・話し方を念頭に置き、今後の業務や普段の交流に活かしていきたいと思います。
  • 上司への報告の際、短時間で効率よく伝えるべきことを伝えられるよう、情報の取捨選択、話の構成を意識したい。

実施、実施対象
2018年 5月     23名
業種
金融
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • なぜ自分は上手に相手の質問の受け答えができないのか、会話が途切れてしまうのか、足りない能力を知り、補う為の知識を得ることが出来ました。この知識を体得し、さらにお客様に信頼されるように努力していきたいです。
  • 表情やリアクション等に留意して、先輩職員や上司、お客様が話しやすいと思える「訊き手」になります。
  • 突拍子もなく思ったことを質問してしまうことが多かったので、意図や目的、相手の状況を確認することが大事だと思った。これから実践していきたい。

実施、実施対象
2017年 5月     27名
業種
労働組合
評価
内容:大変理解できた・理解できた
96.3%
講師:大変良かった・良かった
85.2%
参加者の声
  • 実例を交えてお話し頂き、わかりやすく楽しく受講することができました。研修を受講したことで、普段話をしないメンバーから現場の話を聞き、人柄を知ることができ、良い機会となりました。
  • 実際に研修を受講するまで、コミュニケーションがどれほど重要なのか、今一つ理解しておりませんでしたが、非常に大切であることがよくわかりました。
  • ロールプレイングが中心だったので、日頃思っていることを共有でき、不安を解消できました。

実施、実施対象
2016年 9月     29名
業種
学校・学校法人
評価
内容:大変理解できた・理解できた
96.6%
講師:大変良かった・良かった
96.6%
参加者の声
  • 具体的な技法も交えての講義で、ためになりました。明日からの自分の行動で、どのように相手(部下)が変わるのか楽しみです。
  • アサーティブとIメッセージは自分の中にあまりない思考でした。相手の事を考えすぎてしまい、自分の意見が言えないので、今後はこの考え方を少しずつでもいいので実践できるように努めたいです。
  • 資料に沿い、確認しながら進められていたので、わかりやすかった。
  • 一方的に話を聞くだけでなく、グループワークを通じて自ら考える内容になっていたのがよかった。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座(申込み・支払い等)、WEBinsourceに関するお問い合わせ→①
講師派遣型研修、動画教材・e-ラーニング、人財育成スマートパック、その他のお問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

中堅社員研修
年間総受講者数
24,084
内容をよく理解・理解
95.8
講師がとても良い・良い
94.7

※2019年10月~2020年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集

ご希望の日時・Web会議ツールでの商談ご希望の方はこちらへ オンライン商談ご予約専用フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

階層別テスト ビジネスで必要な「知識」と「活用力」を測定するテスト

オンライン階層別研修

中堅社員タイプ別研修

1冊10分の時短読書で自ら学べる人を育てる flier

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia リーダーシップ

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

動画百貨店ランキングページ

冊子教材付きeラーニング・動画レンタルプラン

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報

WEBinsourceの詳細・新規会員登録はこちら

直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!