3047ワークライフバランス研修 個人レベルで変革できることを考える編(半日間)

ワークライフバランス研修 個人レベルで変革できることを考える編(半日間)

お客さまのご都合に応じた受講方法をご用意しております。

本研修の「ねらい」

日本型ワークライフバランスとは、欧米型のそれとは違い、「ワーク」を「苦労・骨を折るもの」とだけ捉えるのではなく、「ワーク」の中にも「ライフ」の要素(余暇・遊び)を取り入れる工夫をし、「ワーク」そのものを楽しいものとして捉えようとする文化がありました。

上記の内容を踏まえ、本研修では、「ワーク」そのものを楽しむために、チームコミュニケーションや、タイムマネジメントといったスキルを習得していただいた上で、明日から個人レベルで変革できることは何があるかを具体的に考えて、実行に移していただくことを目指しています。


研修プログラム例

B CRR150‐0100-3047

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.本研修について
講話
  • 2.キャリアについて考える
    【ワーク】自身にとってのキャリアを考え意見交換をする
講義
ワーク
  • 3.ワークライフバランスについて考える
    【ワーク①】「ワークライフバランス」と聞いて感じることを率直に話し合う
    (1)従来の「ワークライフバランス」とは
    (2)従来のワークライフバランスへの取り組み事例
    (3)「日本型ワークライフバランス」とは
    【ワーク②】グループの意見やここまでの講義を踏まえて感じることを共有する
講義
ワーク
  • 4.ワークライフバランス実現のために① ~チームコミュニケーション
    (1) 職場におけるチームワークとは
    (2) コミュニケーションの第一歩
    (3) 仕事がスムーズに進むコミュニケーション
    (4) ほめ合うことでチームを盛り上げる
講義
  • 5.ワークライフバランス実現のために② ~タイムマネジメント
    (1) 原則:管理するものは、時間ではなく、仕事や行動
    (2) 効率的ではないケースとその対策例
    (3) 優先順位をつけることが仕事の成果をあげる
    (4) 仕事の優先順位を明確にする
    (5) 仕事を「緊急度」と「重要度」で考える
    (6) 仕事のゴール(QCDR)を明確にする
講義
  • 6.ワークライフバランス実現のために③ ~明日から自分は何をするか
    【ワーク①】本日の研修で感じたこと・考え方ことを自由に共有する
    【ワーク②】自組織での「自身の理想の働き方」と「その実現のための課題」を明確にする(まず個人レベルで変革できる点)
ワーク

※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

研修のプロがお答え{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

{{list[0]['categoryBottom']}}関連のよくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

テキスト作成者から

インソースは「働くを楽しく」を目指しています。「ワーク」=「働く」そのものを楽しむことを追究して生まれたのが本研修です。

具体的には、ワークライフバランス実現のために、①チームコミュニケーション ②タイムマネジメント といったスキルを習得していただき、③理想的な働き方と課題 を明確にしていただきます。

一人ひとりの主体的な取り組みが変革につながることを願って企画した研修です。

実績と受講者の声

実施、実施対象
2018年9月     78名
業種
大型市・区
評価
内容:大変理解できた・理解できた
96.2%
講師:大変良かった・良かった
98.7%
参加者の声
  • 自分を見直す良い機会となった。自分のみならず、周囲を巻き込むように仕事をする。相互理解の大切さを実感した。
  • 各職場ごとに軸があるだろうが、仕事のスケジュール管理をすることでワークバランスが出来ると分かった。
  • 突発的なことにも対応できるよう、優先順位を決めたり、予備時間をつくって業務に取り組みたい。

実施、実施対象
2018年 2月     74名
業種
現業系公務
評価
内容:大変理解できた・理解できた
95.9%
講師:大変良かった・良かった
90.5%
参加者の声
  • 単に残業時間を減らすだけではうまく業務が進められないことが分かった。今後の仕事の進め方の参考にしたい。
  • 部下の指導、職場の雰囲気づくり、家庭への心遣いにおいて、今回の研修内容を活かしていきます。
  • バランスというと、仕事と家庭で分け合うイメージがあるが、相乗効果によって2つとも向上させていくことが大切であると学んだ。互いが良い刺激を与えられるよう前向きに取り組みたい。

実施、実施対象
2017年 12月     48名
業種
非営利団体・官公庁関連組織
評価
内容:大変理解できた・理解できた
91.7%
講師:大変良かった・良かった
83.3%
参加者の声
  • 仕事と生活のバランスの大切さを理解できた。どちらかが不足することで、仕事の質、生活の質に悪影響が出るのだと知ることができた。
  • 仕事をしているとどうしても、プライベートが疎かになることが多い。仕事も大事だが、そうでない時間も有意義に生きられるよう、優先順位、効率、臨機応変などを意識していきたい。
  • ムダを省いて効率のよい業務ができるよう、小さなことも見直して改善を心がけたいと思います。

実施、実施対象
2017年 8月     80名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
92.5%
講師:大変良かった・良かった
93.8%
参加者の声
  • ワークライフバランスは「仕事のやり方を変えていく」「楽しさを入れていく」など、新しい発見があった。
  • ワークの中にライフを取り入れるという考えがなかったので、びっくりした。今の仕事をよりステップアップさせるために、職場の仲間とコミュニケーションをとりながら、チームとしての能力を高めていきたい。自分も仲間も気持ちよく働ければよいと思う。仲間から褒められるような仕事をしたい。
  • 自身に立ち返り考える時間があることで、すんなりと理解しやすい内容でした。

実施、実施対象
2017年 2月     44名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
97.7%
講師:大変良かった・良かった
95.5%
参加者の声
  • 現在、仕事のやり方、内容に対して見直さなければならないと感じているところだったので、今日の研修はとても参考になった。
  • コミュニケーションは何にしても大切だと感じました。自分がやるべきだと思ってやっていたことを、部下への役割として行ってもらうことも必要だと感じました。
  • 当然のことも、普段の仕事の中で置き去りにしてきていることもあり、再認識させられた。また、グループで実施したことでいろいろな考え方を聞くことができた。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。



キャリアデザイン研修の評価
年間総受講者数
14,027
内容をよく理解・理解
94.3
講師がとても良い・良い
93.7

※2017年10月~2018年9月

サービス内容
初めてご利用の方へ
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
■年代別
■階層別
■職種別
■女性活躍推進
新作研修PICK UP

時代の変化を先取りするインソースの新作研修

新作研修一覧を見る

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

インソースがご提供する
「これまでと違う」サービス。
 
最新の情報を無料配信中!
新作研修、新サービス、無料セミナー、公開講座割引、資料プレゼント、他社事例、研修運営のコツなどをお届けします。
メールマガジンのご登録

お仕事歳時記

人材育成の7つのポイント

スピード見積もり

インソース採用情報


×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!