loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

部下コミュニケーション向上研修~1対1面談を通した部下育成支援(1日間)

部下コミュニケーション向上研修~1対1面談を通した部下育成支援(1日間)

1対1面談を通して、部下・後輩のモチベーションを高め、チームに一体感を持たせる

研修No.B ITV266-0400-3872

対象者

  • リーダー層
  • 管理職層

・これから1対1面談を実施する現場リーダー・管理職の方
・1対1面談で育成力を高めたいと思っている方
・部下との面談に課題を感じている方
・既に実施しているものの、効果を実感できていない方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 1対1面談を導入することになったが、どのように面談を進めていけばよいかわからない
  • 1対1面談を取り入れているものの、その効果が実感できない
  • 面談を通して、部下・後輩の仕事に対する意欲を高めたい

研修内容・特徴outline・feature

職場を構成する社員の年齢層や雇用形態が多様化したことにより、社員個人の事情や制約に合わせたマネジメント・指導が求められてきています。そのようなマネジメント・指導を実現させるためには、定期的な1対1面談を通して、社員1人1人と時間をかけて話し合うことが重要です。本研修では、1対1面談の意義、進め方を理解した上で、面談で取り上げるべき内容(自部署の目標や方向性、部下の働き方、体調、人間関係の悩み)を習得します。

到達目標goal

  • ①1対1面談の意義や進め方を習得することで、上司・部下双方にとって有意義な1対1面談を実施できるようになる
  • ②1対1面談を進める時のポイントを理解する
  • ③部下・後輩のやる気を引き出す対話のコツを習得し、実践できる
  • ④チームに一体感を出すために、ビジョン・方向性を自分の言葉で語れるようになる
  • ⑤部下・後輩の体調や悩みも聞くことで、リスクの芽を事前に摘み取ることができる

研修プログラム例program

内容
手法
  • 1.部下指導~日々のコミュニケーションを大切にする
    (1)部下に関与する覚悟
    (2)部下への関心度合いチェック
    (3)コミュニケーションをとりやすい環境作り
    【ワーク】日常的なコミュニケーションを通じて、部下が相談しやすい環境を作るため普段工夫していることを共有する
    (4)対話により部下のやる気を引き出す
    【ワーク】部下のほめる点をできるだけ多く洗い出す
    (5)振り返りによる適切な部下へのアドバイスで成長を促す
講義
ワーク
  • 2.1対1面談とは
    (1)1対1面談実施の背景
    (2)1対1面談実施の意義
講義
  • 3.1対1面談で使用する質問話法
    (1)質問話法①~オープン・クローズド質問
    (2)質問話法②~未来質問・過去質問
    【ミニワーク】質問スキル実践「ファイブ・クエスチョン」質問話法を使って「話し手の好きな食べ物」を当てる
講義
ワーク
  • 4.1対1面談のプロセス
    (1)1対1面談のプロセス
    (2)プロセス①面談で話す内容に関して、事前準備をする
    【ミニワーク】 1対1面談の時間配分を考える
    (3)プロセス②部下の働きぶりを認める
    【ワーク】部下1人を想定し、面談を始める時に伝えたいセリフを書く
    (4)プロセス③雑談をする
    【ワーク】「キドニタテカシ衣食住」(季節、ニュース、テレビの3つを除く)の中で、今まで部下と話したことのある内容とその時に得た情報を書く
    【ワーク】部下と話したことがないわるいは話したけれど記憶にない内容から3つ選び、面談の時に部下に聞いてみたいことを書き出す
    (5)プロセス④面談の本題に入る
    (6)プロセス⑤次回の面談までにやるべきことを決める
    (7)プロセス⑥次回の面談では振り返りから始める。相手の気持ちを前向きにする
講義
ワーク
  • 5.自部署の目標や方向性の共有~チームの一体感の醸成
    (1)意義の共有(=コンセンサス)
    (2)熱く語る(=ナラティブ)
    【ワーク】経営理念、中計等を踏まえた部署のミッション、今期の重点施策、意義を端的に自分の言葉で語れるよう整理し、2~3分間でグループメンバーに発表する
    【ワーク】方針を伝えるとともに、「自部署で重視したい価値観」を考える
    【ワーク】「自部署で重視したい価値観」を端的に自分の言葉で語れるよう整理し、2~3分間でグループメンバーに発表する
    (3)分解する(=ブレイクダウン)
    【ワーク】自部署の目標達成に向けて、部下に期待する役割や成果を考える
講義
ワーク
  • 6.部下との対話を通じたリスクマネジメント
    (1)部下の働き方チェック
    (2)メンタル不調の予兆把握 
    (3)職場でメンタル不調者に気づいた際の対応
    (4)人間関係の悩みについての対応 
    【ワーク】部下から人間関係の悩みについて相談された時に、注意したことあるいは苦労したことがあればグループ内で共有する
講義
ワーク
  • 7.まとめ
    【ワーク】本日学んだことの中で、明日から実行しようと思うことを挙げて、グループメンバーに発表してください。

5703

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2019年10月     19名
業種
建設・プラント
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
84.2%
参加者の声
  • 昨年、突然若手の部下が辞めてしまいました。上手に話を聞けていなかったと反省しました。今後は1対1面談できちんと向き合いたいです。
  • 話を聞くのが8割、こちらが話すのが2割という傾聴の姿勢を身につける。傾聴力と質問力のレベルアップを図って、部下の意見を吸い上げたい。
  • 質問力を磨き、部下のモチベーションを高められるようにしたい。面談前の事前の準備が重要だと感じた。

実施、実施対象
2019年4月     27名
業種
情報通信・ITサービス
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
96.3%
参加者の声
  • 部下の関心ごとを知り、コミュニケーションを図っていきたいと思います。メンバーの成長を共有しながら最高のリーダーを目指します。
  • 研修で学んだスキルを活かして、メンバーとの距離を縮め、メンバーが安心して満足感の得られる環境を作っていきます。
  • 部下を育成する場面で、成長に協力するという姿勢から、組織のためにともに考えるという姿勢に変えていきたい。面談時に研修で学んだスキルを活用する。

開発者コメントcomment

部下と1対1面談を設定する際に、「社内で1対1面談の導入を検討しているが、そもそもどのような取組なのか分からない」「最近導入したが、進め方が分からず、評価面談と変わらない内容になってしまっている」といったお話をお聞きします。

本研修は、実際に面談をする管理職・リーダーが、1対1面談の意義や進め方を具体的に学んでいただき、面談を通した部下育成について具体的に考えていただく研修です。1対1面談の意義や進め方について詳しく取り上げた研修がこれまでなかったため、今回開発いたしました。

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

サービス内容
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集

人事のお役立ちニュース

人事のお役立ちニュース一覧を見る

初めてご利用の方へ

インソースからの新着メッセージ

    新作研修

    業界随一の研修開発力を誇る
    インソースの最新プログラム

      コア・ソリューションプラン
      の新作情報

      250種類以上のコンサル事例!
      組織の「したい!」に全力で応える

        本テーマのおすすめリンク

        おすすめリンク

        WEBinsourceの詳細・新規会員登録はこちら

        直近の公開講座開催研修

        閉じる