loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

3時間で学ぶ仕事の基礎知識研修~非正規・委託人材活用の基本を学ぶ

3時間で学ぶ仕事の基礎知識研修~非正規・委託人材活用の基本を学ぶ

様々な条件の下で働く人材の特徴と制約条件を理解し、職場の生産性向上に資する活用方法を模索するための研修

研修No.B LMG194-0000-4495

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 全階層

・正社員以外の人材が混在する職場で働く、一般職から管理職までの幅広い方
・Facebook®、Twitter®、Instagram®、YouTube®の特徴と広報での活用方法を知りたい方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 新たなプロジェクトを立ち上げるにあたってどのような観点で人材を調達すればよいかを知りたい
  • コンプライアンス上問題のない労務管理や委託業務管理のやり方を知りたい
  • 携わる業務に合わせた費用対効果の高い人材調達の方法を知りたい

研修内容・特徴outline・feature

働き方の多様化が進む一方で、組織の人材調達の方法にも多様になっています。この研修では、非正規雇用(「パート・アルバイト」、「契約社員」)と、派遣社員、業務委託(「準委任契約」、「請負契約」)の5つのパターンに分けて、それぞれの人材の使い方に関する根拠法を提示しつつ、費用対効果の高い活用と適切なオペレーションのあり方について学んでいただきます。

到達目標goal

  • ①何を判断基準にして、雇用、派遣、業務委託のいずれかの選択をすればいいかが分かる
  • ②非正規人材や委託人材に関わる最新の関連法について理解できる
  • ③コンプライアンス上の問題が起きないよう、人材の調達方法ごとの留意すべき点が理解できる

研修プログラム例program

  内容 手法
  • 1.人材の多様化が進む現代の職場
    (1)複雑化する職場の人材
     ①縮小する労働人口の補完
     ②求められる労働生産性の向上
     ③働き方改革にともなう労働環境の改善
     ④競争力強化のためのダイバーシティ推進
    (2)多様な人材の最適活用のために
     ①求めるスキルレベル ②人材を必要とする期間
     ③調達のしやすさ ④調達にあたってのコスト
     ⑤使用者としての責任 ⑥指揮命令権の有無
    【ワーク】自身の職場で、一緒に働いているメンバーを契約形態で分類する
講義
ワーク
  • 2.パート・アルバイト
    (1)パート・アルバイトの定義
    (2)今日のパート・アルバイトを取り巻く環境変化
     ①ひっ迫する若年層と増えるシニア層
     ②改正労働契約法による影響
     ③「パート・アルバイト≠補助的な労働者」の認識の変化
    (3)法の上での正社員との違いは"有期契約"であることのみ
    (4)パート・アルバイトに適した業務
     ①一時的な発生 ②短時間
     ③土日、夜間帯 ④人件費の抑制
    (5)「需要の波」と「人材流出リスク」
講義
  • 3.契約社員
    (1)契約社員の定義
    (2)今日の契約社員を取り巻く環境変化
     ①ジョブ型雇用への注目 ②同一労働同一賃金
     ③無期転換ルールの適用
    (3)パート・アルバイトとの違いは"正社員に準じた"働き方
     ①正社員と同じ勤務体系 ②日給月給制
     ③正社員登用の道 ④特別なスキル
    (4)「嘱託社員」というもう一つの契約社員
    【ワーク】パート・アルバイト、契約社員に関する正誤問題
講義
ワーク
  • 4.派遣社員
    (1)派遣社員の定義
    (2)今日の派遣社員を取り巻く環境変化
     ①伸び悩む派遣市場 ②派遣法改定による影響
    (3)「雇用リスクなし×指揮命令権あり」の好都合な労働力
    (4)使い勝手に応じて高まる調達コスト
    (5)労働者派遣法における制約事項
     ①日雇い派遣の原則禁止 ②派遣期間の制限
     ③派遣できない業界 
講義
  • 5.準委任契約
    (1)準委任契約の定義
    (2)今日の準委任契約を取り巻く環境変化
    (3)業務委託というもう一つの人材調達手段
    (4)準委任契約がよくつかわれるケースとは
     ①スキルの享受が目的 ②完成ではなく遂行
     ③一時的な人材需要 ④中止リスクの回避
    (5)準委任契約における成果と報酬
    (6)準委任契約における義務と責任
     ①指揮命令権がない ②瑕疵担保責任がない
     ③善管注意義務は求められる
講義
  • 6.請負契約
    (1)請負契約の定義
    (2)今日の請負契約を取り巻く環境変化
    (3)準委任契約との違いは「完成責任」の有無
    (4)請負契約がよくつかわれるケースとは
     ①成果物が具体的にイメージできる
     ②完成期限が明確に決まっている ③費用を確定させたい
    (5)民法改正による影響のポイント
     ①瑕疵から契約不適合への変更
     ②未完成での部分報酬請求 ③瑕疵追及の期間
講義
  • 7.総合演習
    【ワーク】自社の具体的な業務に充てる人材の契約形態を考える
ワーク

6939

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

開発者コメントcomment

「労務」に関わる法律はたくさんあり、また人に関わる幅広い内容が包含されているため、本格的に勉強しようと思うと骨が折れるものです。人事部門で働くわけでもないので、通常の職場の中で必要となる人事労務知識を端的に学びたい、という声にお応えする研修として企画された「3時間で学ぶシリーズ」、今回は、「“社員以外”の人材を使う場合の注意点を学ぶ」というコンセプトで構成いたしました。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座(申込み・支払い等)、WEBinsourceに関するお問い合わせ→①
講師派遣型研修、動画教材・e-ラーニング、人財育成スマートパック、その他のお問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

人事・人材開発担当者/研修担当者向け研修
年間総受講者数
1,169
内容をよく理解・理解
95.3
講師がとても良い・良い
94.9

※2019年10月~2020年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

メールマガジンのご登録

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!