loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

プロジェクトマネジメント研修 実践編(1日間)

プロジェクトマネジメント研修 実践編(1日間)

問題の本質は何か、を徹底的に考えたカリキュラムで、現場で役立つスキルやノウハウを習得!

研修No.B PMG240-0000-2312

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 中堅層
  • リーダー層

プロジェクトマネージャーの方

研修内容・特徴outline・feature

本研修では、プロジェクトマネジメントの基本を1度振り返った上で、より実践的なプロジェクトマネジメントを学んでいただきます。

具体的には、参加者同士で過去の成功・失敗事例を共有し、お互い学びあいます。その上で、実務で発生しうるような現実的なケーススタディによる演習を通じて、より高いレベルの問題解決力を身につけていただきます。

研修プログラム例program

研修プログラム例
 
内容
手法
 
  • 1.プロジェクトマネージャーがなすべきことの確認
    様々な切り口で、普段のマネジメントを振り返り、成功事例と失敗事例を参加者同士で共有し、お互いの学びとする。

    例:PM自身がボトルネックにならないために行っていること
      顧客のキーパーソンを巻き込むために行っていること
      プロジェクト要員の超過・不足、疲弊防止のために行っていること
      要員配置(知識・経験)と業務分担のために行っていること
      協力・関係会社の不備、過剰依存を防止するために行っていること
      成果物の品質不備、過剰品質を防止するために行っていること
      成果物の仕様明確化のために行っていること
      技術不足を防止するために行っていること
      予算獲得や予算超過防止のために行っていること
      正確な作業見積りのために行っていること
      要員のスキル(テクニカル・ヒューマン)向上のために行っていること
      ルール・手順を浸透させるために行っていること
      コミュニケーション不足を防止するために行っていること
    ※振り返りの切り口は、ご相談によって優先度を決定し、約10問へ絞りこみます
ワーク
  • 2.プロジェクトマネジメントの基本のおさらい
    ・ディスカッションを通じたことのまとめ
    ・プロジェクトマネジメント基本手法の確認
    ・プロジェクトマネージャーの状況判断のポイント
講義
  • 3.プロジェクトにおける問題解決演習
    実務で発生しうる状況に対して、グループディスカッションにより解決策(回避のための事前防止策/対症療法)を検討する。

    例:【要件が定まらないうちのプロジェクト開始】
    もともとスケジュールに余裕のないプロジェクトであるが、顧客側の要
    件なかなか定まらず、一部だけでも確定したものからプロジェクトを進めていくことを判断。追加で出された要件は、先行確定した要件の見直しが必要とされるものであった。

    例:【経験が浅く、仕切りが弱い顧客側担当者】
    顧客側の経験が浅く、仕切りが弱いため、当方で仕様を作成し、確認をとりながらプロジェクトを進めることにした。顧客側担当者は、本来業務を別に持っており、多忙のため随時確認をとるも、明確なフィードバックがない。プロジェクト中盤を過ぎ、成果物が目に見えるようになってきた段階で、「この条件が実現されないと話にならない。当然含まれるものだと思っていた」と要求してきた。

    ※演習内容は、事前課題により、約5問作成いたします
ワーク
講師講評
  • 4.プロジェクトマネージャーの行動指針
    研修を踏まえ、各自プロジェクト行動指針を作成し、発表
 

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2018年 1月     24名
業種
情報通信・ITサービス
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
95.8%
参加者の声
  • 基本中の基本ができていなかったことを改めて実感した。プロジェクトリーダーとしてのノウハウを知ることができて良かった。
  • 経営側、管理側、プレーヤー側それぞれの視点から求めていることを常に意識して、基本を守りながら業務をこなしていこうと思います。
  • プロジェクトの進捗管理に甘さがあったことを発見できました。改善策へのアプローチ方法もわかったので、これからはチーム全体が納得して、プロジェクトを進行できるのではないかと期待しています。

実施、実施対象
2017年 11月     31名
業種
医療
評価
内容:大変理解できた・理解できた
96.8%
講師:大変良かった・良かった
96.8%
参加者の声
  • 進め方のマニュアルでなく、各々ステップの意味を改めて理解できた。
  • 自分のプロジェクトの管理は、非常に問題があると感じており、そのヒントを頂いたと思います。
  • 目的を明確にすることの重要性、そして共有することの難しさを意識し、業務を進めていきます。

実施、実施対象
2017年 2月     12名
業種
情報通信・ITサービス
評価
内容:大変理解できた・理解できた
83.3%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 問題の解決案を企画書を使って見える化し、期間を設けて解決していくことを実践していこうと思います。
  • 今まで漠然と、問題とその解決方法を考えていましたが、真の原因が分からないといけない、ということの重要性を感じました。
  • 常に業務を振り返る癖をつけ、そこから現在の問題をまず洗い出すことを繰り返す。問題解決力を向上させていきたい。

開発者コメントcomment

■経験から学びあう

過去のプロジェクトを振り返り、成功事例と失敗事例について議論・分析することで、受講者同士がお互いの経験から学び合うことを目的としています。


■プロジェクトマネジメントを担う方へ

特に、定型のプロジェクトマネジメント手法では対処しきれない事例についてトラブルの事前防止と対症療法について考えます。
プロジェクトマネジメントの実践経験者を対象とした研修です。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia リーダーシップ

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia メンター制度

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia 課長に求められる3つの役割

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia ナレッジマネジメント

コア人材育成なら未来創造&カンパニーにお任せください

人気研修で川柳 七一歳シルバー新入社員 銀子の一句

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!