loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

イノベーション創造ワークショップ(人工知能×ものづくり研修)(2日間)

イノベーション創造ワークショップ(人工知能×ものづくり研修)(2日間)

問題の本質は何か、を徹底的に考えたカリキュラムで、現場で役立つスキルやノウハウを習得!

研修No.B STR431-0100-3549

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 若手層
  • 中堅層

・組織の中にイノベーション(革新)を生み出したい方や、イノベーションを生み出すことを期待されている方

研修内容・特徴outline・feature

従来のフィールドワーク型ワークショップであるインソースグループ・ミテモ株式会社の「ものづくり研修」に、人工知能という軸をかけ合わせて開発した、新しい事業アイデア創造に挑戦する研修です。人工知能が次々に技術革新を起こしていく時代のライフスタイルを想定したうえで、新事業の創出につながる<座学1割、ワーク9割>の実践的なプログラムに取り組んでいただきます。

具体的には、ビッグデータの活用により明らかになった、私たちの生活に潜んでいる様々なリスクと、今後予想されていく技術革新の話を聞いた上で、神田、神保町エリアのフィールドワークを通じて、新時代のライフスタイルや、新事業を創出していくためのプロセスを実践的に学んでいただきます。

・組織の次代を担うリーダーとしての役割を期待される方
・視野を広げ、イノベーションを引き起こすことを期待される研究・開発職の方
・新規事業、新商品、新サービスを生み出したい企画職の方
・お客さまとの関係の中から新たな価値を生み出したい営業・マーケティング職の方

など、組織の中にイノベーション(革新)を生み出したい方や、イノベーションを生み出すことを期待されている方におすすめです。

研修プログラム例program

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.はじめに~アイスブレーク
ワーク
  • 2.イノベーションとは?
    【ワーク】身の回りの商品やサービスでイノベーションだと感じるものをあげる
    (1)イノベーションとは何か?
    (2)企業のイノベーション活動における「知の探索」と「知の深化」
    (3)企業のイノベーション活動を阻む「コンピテンシー・トラップ」
    (4)イノベーションを生み出すために求められるスキル
講義
ワーク
  • 3.イノベーション創造ステップ
講義
  • 4.STEP1 観察
    (1)フィールドワークとは?
    (2)観察のポイント ~ 6つの不で観察する
    (3)フィールドワークのポイント
    【ワーク】チームに分かれ、神保町の街をフィールドワークする(60分×2回)
講義
ワーク
  • 5.STEP2 仮説設定
    (1)仮説(インサイト)とは?
    (2)観察結果から仮説を導きだす方法
    【ワーク】フィールドワークで気づいたことを共有するとともに、イノベーションの種となる仮説を検討する
講義
ワーク
  • 6.STEP3.アイデア・ピッチとテーマ設定
    【ワーク】仮説を踏まえ、現時点でのアイデアを【スケッチ】化する。その後、ペアになり、お互いのアイデアをプレゼンしあう
ワーク
  • 7.STEP4.トレンド・リサーチ
    (1)トレンド・リサーチとは?
    (2)リサーチ方法
    (3)アナロジー思考
    【ワーク】仮説に対するリサーチを行い、仮説検証とアイデア出しを繰り返す
講義
ワーク
  • 8.STEP5.プロトタイピング 
    (1)プロトタイピングとは?
    (2)様々な種類のプロトタイピング
    (3)企画書の構成
    【ワーク】企画策定とプロトタイピングを行う
講義
ワーク
  • 9.STEP6.プレゼンテーション
    (1)プレゼンテーションのポイント
    (2)わかりやすい話し方
    【ワーク】各チームの検討結果についてプレゼンテーションを行う
講義
ワーク
  • 10.全体の振り返りとアクションプラン
ワーク

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

開発者コメントcomment

2016年3月15日、グーグルの囲碁の人工知能「AlphaGo」が世界王者に勝ったというニュースが世界を駆け巡りました。人工知能領域では、従来の人間が機械に学習をさせていくフェーズを超え、今では機械自身が学習を進めていく『ディープラーニング』がとてつもないスピードで発達しています。今後も人工知能の性能は上がり続け、一説によれば2045年ごろをめどに、人工知能が人間の知能を超える瞬間『シンギュラリティ』がやってくるとも言われています。

また、これまで人の力では収集、集約できなかった膨大な量のデータも、人工知能により精度の高い分析が可能となりました。以前は解決が困難であった各領域においても、適切なアプローチを取ることにより新たなビジネスやサービスが続々と現れています。ビッグデータの活用が問題解決のための前提となっていくことは時間の問題かもしれません。 また、これらの技術発展に伴い、今後、人間の生活、働き方も大きく変わっていくことが予想されます。産業界は、今、大きな転換期に立たされています。

そこで今回、「学びを3歩未来に進める」ミテモでは時代の変化に対応できる人材の育成支援ができるよう、 従来のフィールドワーク型ワークショップであるものづくり研修に、人工知能という軸をかけ合わせて新しい事業アイデア創造に挑戦するプログラムをシリーズ化することにいたしました。人工知能が次々に技術革新を起こしていく時代のライフスタイルを想定して実施いたします。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

ワークショップ関連研修
年間総受講者数
5,292
内容をよく理解・理解
97.7
講師がとても良い・良い
95.7

※2019年10月~2020年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

メールマガジンのご登録

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

思考力の使い方

マーケライズクラウド

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!