上司が“唸る”会議議事録|作成のポイントと文例:現場で使える研修ならインソース

会議議事録~作成のポイントと文例


社内外で開催された会議の議事および討議の結論を簡潔に報告する文書です。 様式はほぼ決まっているので、文書の構成や表現などにはあまり悩まず、客観的な事実を記入します。

討議経過の記憶が鮮明なうちに、できるだけ迅速に作成することがポイントです。まず結論から書くようにし、 説明や理由は後回しにします。

また、必要以上の修飾語は避け、報告する内容のポイントを箇条書きにします。
議題ごと、検討項目ごとに簡潔にまとめます。

 

平成○○年○○月○○日

出席者各位

○○部 ○○課 ○○○○


○○会議議事録


下記のとおりご報告申し上げます。

1.日時:○○○○年○月○日(○) ○時○分~○時○分
2.場所:本社○階○○会議室
3.出席者:○○部○○課長、○○部○○課長、○○主任
4.議題:
(1)○○の件
(2)××の件
5.概要:
(1)○○の件 ○○について○○を○○することと決定した。
(2)××の件 今後継続して××を検討することとした。
6.議事の経過:
(1)○○の件
①○○は・・・
②さらに・・・
(2)××の件
①今後の・・・
7.次回日程
○月○日(○) ○時~○時 本社○○会議室にて
8.所見(当方の対応方針など、自分の見解)
①○○についてどのレベルまで対応するか、目標を決定し、先方に
見積もりを依頼する。
②さらに・・・・・・

以上

ページの先頭へ戻る

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

ページトップへ


ビジネス文書通信添削

インソースからの新着メッセージ

    新作研修

    業界随一の研修開発力を誇る
    インソースの最新プログラム

      コア・ソリューションプラン
      の新作情報

      250種類以上のコンサル事例!
      組織の「したい!」に全力で応える

        おすすめリンク

        直近の公開講座開催研修