【DVD】内部告発対策 企業を救うヘルプライン 全1巻

【DVD】内部告発対策 企業を救うヘルプライン 全1巻

社外へ噴出する前に主体的に解決!

  • 発行:日経BP 日本経済新聞出版本部
  • 監修:田村直義(インターリスク総研法務 リスク部上席コンサルタント)

対象者TARGET PERSON

  • 部長・経営層
  • 管理職層

研修内容・特徴OUTLINE・FEATURE

内部告発で発覚した相次ぐ企業の不祥事。もし、あの時、社外への告発が行われる前に自社で主体的に対応できていたら、経営トップの辞任、果ては会社の解散にまで追い込まれることはなかった…。そう悔やんでも遅すぎます。長引く不況で社内に膿はたまっていないでしょうか?告発による不祥事露見は、どの企業にも起こりうる「今そこにある危機」です。

だからこそ求められるのが「企業倫理ヘルプライン制度」。社内に潜む法令違反などの重要な問題をヘルプライン(社内相談・通報窓口)で吸い上げ、企業内の自浄作用を働かせて解決する、そのための体制作りが緊急課題となっているのです。今や企業倫理ヘルプライン制度はリスクマネジメントの1つとして欠かせません。経営者・管理職が知っておかなくてはならない制度です。

このDVDでは、ヘルプライン制度の構築法と運営の仕方を分かりやすく解説し、さらに、実際に窓口に告発が寄せられた後の緊急時対応をどう進めたらいいのかをケースドラマで詳しく紹介します。

おすすめポイントPOINT

  • 経営者・管理職として理解しておくべき企業倫理ヘルプライン制度の情報を網羅しています。
  • 第1巻ではヘルプライン制度の必要性と運営要領の作り方を解説します。もちろん、制度は作っただけでは意味がない。有効活用されるためのポイントも示します。では、いざヘルプラインに相談が寄せられたら、どう対応すればいいのか。第2巻では、その手順と注意点をケースドラマに添って説明します。
  • ヘルプライン制度の運営要領の作り方、柱立て、盛り込むべき内容、運用上の留意点を解説したテキストを同梱しました。ビデオと併せてご利用いただくと、より効果的です。

収録内容DETAIL

第1巻 企業倫理ヘルプライン制度の構築(約25分)

「社内相談・通報窓口はどう作ればいい?」

●ヘルプライン制度はリスクマネジメントの一環
今、ヘルプラインが必要な理由/ヘルプライン制度の目的

●運営要領の作り方

●制度構築、7つのポイント

制度の所管、既存制度との関係/社外窓口は必要か/相談内容の対象/通報・相談の対象者/匿名か実名か/事実確認・真相究明への展開/通報者の保護


第2巻 窓口に告発が!緊急時の対応策(約25分)

「窓口に告発が寄せられた!その後、どうする!?」

●久々のヒット商品に問題発生 緊急時の対応と判断は?

窓口での対応/社内緊急会議の設定と対応/社内調査委員会の設置と対応/事実確認の際のポイント/本社対策本部の設置と対応/対策検討のポイント/通報者への報告/情報開示への対応とポイント

価格PRICE

■DVD(コピー不可)にて購入~DVDプレーヤーにて再生できる形式

  • 本DVDに関しては、社内のイントラネット・LMSへの搭載ができません
  • その他、本DVD利用上の注意事項・禁止事項について、詳しくはこちら

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座(申込み・支払い等)、WEBinsourceに関するお問い合わせ→①
講師派遣型研修、動画教材・e-ラーニング、人財育成スマートパック、その他のお問合せ→②を選択してください

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!