実践!評価者研修 期末面談・フィードバック編(半日間)

実践!評価者研修 期末面談・フィードバック編(半日間)

問題の本質は何か、を徹底的に考えたカリキュラムで、現場で役立つスキルやノウハウを習得!

研修No.B ITV266-0000-3904

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

対象者

  • 管理職層

・評価者研修を実施したが、フォロー、ステップアップとしてさらなる評価、目標管理スキルの向上を目指したい管理職の方
・昇任・昇格された管理職の方
・評価に関する知識、スキルは一程度あるが、実践につながっていない管理職の方

研修内容・特徴outline・feature

期末の面談では、評価者が部下に評価を伝えますが、部下からは、「評点の根拠がわからず納得できない」「評価者が一方的に話して話を聞いてくれない」「悪い結果をどうすればよくできるかアドバイスをしてくれない」などの不満が多いです。本研修では、期末面談で相手に納得性高く評価結果をどう伝えるか、次の成長につながるように効果的なフィードバックをおこなうかなど、評価者・部下の双方で話し合いながら有効な面談の実施の仕方について理解を深めます。部下のタイプ別での動機づけ、対応の仕方のポイントも理解していただき、フィードバック力の向上を図ります。

研修プログラム例program

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.目標管理の勘所~期末面談、フィードバック編
    (1)期末面談、フィードバックを行う前提~期中に部下を観察する
    ■期中の部下の行動をどう記録するか
    (2)面談で部下と話すこと①~目標達成の場合
    ■部下の効果的な動機付けの仕方~ニューロロジカルレベル
    (3)面談で部下と話すこと②~目標未達成の場合
    【参考】目標管理を行う目的
講義
ワーク
  • 2.面談のポイント
    (1)評価面談の意義 ~成長意欲を引き出す
    (2)期中に部下をよく見ていることが大前提
    (3)評価面談実施の前に ~部下、上司共に面談の「準備」を行う
    (4)面談のフロー
    ①話す内容を事前に整理する
    ②部下をねぎらい、面談の目的を伝える
    ③相手の自己評価を聴く
    ④自分と相手との評価の同異を整理する
    ⑤自分の評価を伝える
    ⑥最後に部下の心を前向きにさせる
    (5)面談の留意点①~相手の自己評価をしっかりと聴く
    (6)面談の留意点②~自分と部下の評価の相違点を整理する
    (7)面談の留意点③~最後に部下の心を前向きにさせる
講義
ワーク
  • 3.部下のタイプ別 効果的な面談方法
    (1)方針に従わず自分の好きな仕事しかやらない部下
    (2)マイペースで自分の担当業務にしか興味がない部下
講義
  • 4.実践ケーススタディ
    上記(1)・(2)の部下のタイプに合わせたケーススタディ
ワーク
  • 5.研修のまとめ~評価者としてのあり方
ワーク

5862

1290959

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2020年5月     34名
業種
情報通信・ITサービス
評価
内容:大変理解できた・理解できた
97.1%
講師:大変良かった・良かった
97.1%
参加者の声
  • 部下の声に耳を傾ける、理解している、という思い込みがあるのではないかという危機感を感じる機会になりました。相手の立場や環境の変化もあり常に声を聴き敏感に努めようと思います。
  • 観察の仕方、成長成果ポイントなど聞きたかった、教えてほしかったと感じる内容が多かったので活用していきたいです。
  • オープンクエスチョン、クローズドクエスチョンについて意識したことがなかった。このようなテクニックも意識して使いたい。
  • 今後のフィードバック面接で、日々の記録にほめる事を中心に記録しておくなどしっかり準備して対応していきたい。

実施、実施対象
2020年2月     8名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • まだ評価する立場ではありませんが、目標の立て方や具体的な数値での評価など大変勉強になりました。
  • 評価者として1年目であり、部下の評価をする方法、注意点を具体的に知る事ができた。公平・公正・客観視を忘れずに評価に取り組む。
  • もう一度研修で学んだことを見直す事で、適正な評価につなげていきたい。面談をする際には、準備をしっかりとして資料を準備して臨むようにしたい。

開発者コメントcomment

基本的な研修はすでに受講したが、評価や目標管理において、
「部下の現状やレベル感とあっていなので目標が形骸化」
「進捗管理をしてないのですぐに目標が形骸化」
「評価の結果を納得性高く伝えられない」
などの実践的な課題を克服するための研修です。
①期初:目標設定、②期中:進捗管理、③期末:評価面談の3つのプロセスを1つずつ短時間(3時間)でコンパクトにスキル、ノウハウを高める研修です。

関連の研修を探す


お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

評価者・考課者研修
年間総受講者数
28,439
内容をよく理解・理解
91.5
講師がとても良い・良い
89.9

※2019年4月~2020年3月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

メールマガジンのご登録

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

人事評価シートWEB化サービス

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia メンター制度

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia OJT教育のやり方

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!