loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

情報セキュリティ研修(1日間)

情報セキュリティ研修(1日間)

情報セキュリティ事故の種類とその脅威・対策について理解するとともに、ヒヤリハット・リスクを洗い出す

研修No.B PRV141-0200-3677

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 全階層

・管理職を含む全社員・職員の方
・正しい情報セキュリティ対策を身につけ、その具体的な方法を知りたい方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 個人情報や機密情報などの漏えいの対策や教育を定期的に行っていない
  • 不正アクセスや人為的なミス(ソーシャルエンジニアリング)への対策・教育が不足している
  • 情報漏えいのリスクの洗い出しができていない

研修内容・特徴outline・feature

個人のプライバシー、サーバー攻撃、人為ミス、情報漏えいなどの情報セキュリティ事故の事例等も参考にし、脅威を正しく理解しその対策を具体的に学びます。また、身近に潜むリスクを知り、情報セキュリティ対策を考えます。

到達目標goal

  • ①情報漏えいが発生した場合の損害賠償などの影響の大きさや、発生するリスク事項とその対策について理解する
  • ②ヒヤリハットやリスクを洗い出し、緊急度・重要度の二軸で優先順位付けをして、優先度の高いものから情報セキュリティ対策を考える方法を理解する

研修プログラム例program

内容
手法
  • 1.情報セキュリティチェック
    【ワーク】情報セキュリティの自己チェック
ワーク
  • 2.情報セキュリティ概論
    ■情報セキュリティとは・・・
    ■情報セキュリティ対策
    (1)世の中の動向 ~関連する法規や政府の動きを知る
    【参考】不正アクセス禁止法
    ■改正個人情報保護法のポイント
    (2)正しい情報セキュリティ対策
    【ワーク】自組織のセキュリティルールは何か書き出す
    (3)セキュリティ対策の実施状況
    (4)個人情報が漏えいしたら・・・
    【参考】組織に対する損害賠償の裁判例
    (5)サイバー空間での様々な脅威
    【参考】標的型攻撃メールの取り扱い
    【参考】マルウェアの感染経路
    (6)ソーシャルエンジニアリング ~人の油断や行動ミスの脅威
    【ワーク】ソーシャルエンジニアリングに対し、実際に取り組んでいる対策はあるか
講義
ワーク
  • 3.情報セキュリティ対策
    (1)情報資産とは?
    (2)情報セキュリティ対策の具体例
    (3)その他の情報セキュリティ対策例
講義
  • 4.身近に潜むリスク
    (1)ヒヤリハット事例からの洗い出し
    (2)個人情報漏洩の経路と構造 ~人為ミスや操作ミス
    (3)情報資産分類
    【ワーク】業務で取り扱う情報資産を洗い出し、潜んでいるリスクを考える
    (4)優先順位 ~リスク相関図作成
    【ワーク】相関図を使って、対応すべき優先順位付けをする
    (5)今日から行う情報セキュリティ対策
    【ワーク】優先順位付けしたリスクの中から、明日から取り掛かりたい課題を一つ設定する
    【ワーク】具体的にどのような対策を行うか考える
講義
ワーク

1231796

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2020年2月     12名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
83.3%
講師:大変良かった・良かった
83.3%
参加者の声
  • 慣れてきて、机に資料を出しっぱなしにしていることもあった。個人情報の取扱いを慎重にする。住民からも見られているという意識をもつ。
  • 想像以上に自分のセキュリティ意識が低かったことを反省しました。メールの送信・受信は考える時間を設けて開くようにし、FAXで運用している業務も運用を再考すべきと思いました。
  • 情報化に伴って、職員一人ひとりの個人情報の管理に関する責任は大きくなっていると感じる。より一層気を引き締めて取り組みたい。

実施、実施対象
2020年1月     92名
業種
大型市・区
評価
内容:大変理解できた・理解できた
96.7%
講師:大変良かった・良かった
93.5%
参加者の声
  • 事故が起きた際の対応や、自己を未然に防ぐプロセスにおいて活用していきます。誤送付などの防止につとめたいです。
  • 所属の係の仕事の業務改善に活かしたい。ただ業務をこなすのではなく、改善できるプロセスはないか常に考えたい。
  • 実務の中でチェックリストを作るなどしてミスを減らすようにする。ヒヤリハットを感知し、事故防止につなげたい。

実施、実施対象
2019年10月     290名
業種
都道府県
評価
内容:大変理解できた・理解できた
91%
講師:大変良かった・良かった
81.7%
参加者の声
  • メールの誤送信の対策やUSBメモリの取り扱いについて職場で話し合い、意識を高めていきたい。
  • パソコンを扱うにあたり、パスワードの設定や不審なメールを開かないなど当たり前のことに注意することが大切と感じた。
  • 個人だけで注意するのではなく、他職員への周知を図りたい。メール送信は日常で行っているので、より一層の注意を払いたい。

実施、実施対象
2019年6月     24名
業種
人材・教育サービス・BPO
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 日々の業務の意識改革をし、忘れてしまわないよう定期的に振り返りをおこなっていきたい。
  • 個人情報とは何か、漏洩の先に何があるかを部署内に共有し、一人ひとりの意識を高めていきたい。
  • 今行っている業務、本当に適正かどうかを再認識でき、今まで気づかなかったところを、これから改善しようと思います。

実施、実施対象
2019年2月     61名
業種
建設・プラント
評価
内容:大変理解できた・理解できた
86.9%
講師:大変良かった・良かった
90.2%
参加者の声
  • わかっているつもりでも、自分は大丈夫だと思い、対策を取っていないことが意外とよくあったので、今日学んだことを肝に銘じて、業務に取り組もうと思った。
  • 通常業務で技術や図面を扱うことが多いので、それらの情報の管理をしっかりしていく。また、メールの誤送信にも注意したい。
  • 自組織のセキュリティルールを見直すよい機会になった。

開発者コメントcomment

管理職を含む全社員・職員の方向けの研修です。情報漏えいが発生した場合の損害賠償などの影響の大きさや、発生するリスク事項とその対策ついて理解するとともに、ヒヤリハットやリスクを洗い出し、緊急度・重要度の2軸で優先順位付けをして、優先度の高いものから情報セキュリティ対策を策定する方法を理解していただきます。

関連の研修を探す


お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座(申込み・支払い等)、WEBinsourceに関するお問い合わせ→①
講師派遣型研修、動画教材・e-ラーニング、人財育成スマートパック、その他のお問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

デジタル人材養成講座

AIストア

新人IT研修

内部人材のDX人材化に向けたインソースの事例紹介

デジタル人材の育成

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

冊子教材付きeラーニング・動画レンタルプラン

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!