loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

全職員向けコンプライアンス研修~組織の不祥事を防止する編(半日間)

全職員向けコンプライアンス研修~組織の不祥事を防止する編(半日間)

コンプライアンスの本質を学び、不祥事防止の行動指針を確認する

研修No.B PRV141-0300-1706

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 全階層

・不祥事防止のための基礎知識を学びたい方

※管理職向けのカリキュラム「管理職向けコンプライアンス研修~組織における不祥事防止(半日間)」もご用意しております

よくあるお悩み・ニーズ

  • そもそも、なぜコンプライアンス遵守が求められているのかが理解できていない
  • SNSの使用方法について、適切な使用方法があるのかが知りたい
  • コンプライアンス遵守が重要なのは理解できるが、具体的に日々どのようなことに気を付けていくべきなのかが分からない

研修内容・特徴outline・feature

本研修は、コンプライアンスの本質を学ぶと共に、コンプライアンス違反を防止するための行動指針について考えていただきます。

◆研修のポイント
①コンプライアンス違反(不祥事)の原因と影響を改めて考える
②コンプライアンスに対する意識改革~不祥事防止のための考え方と行動
③ソーシャルメディア(SNS)の特徴を把握し、留意点をおさえる

到達目標goal

  • ①事例をもとにコンプライアンスの問題点を考え、自分がとるべきであろうと考える対策を検討できるようになる
  • ②不祥事防止の行動指針を確認し、改善していくべき点を考えられるようになる
  • ③SNS活用によって炎上する可能性がある行動を理解できるようになる

研修プログラム例program

内容
手法
  • 1.コンプライアンスを考える
    (1)事例から考える
    【ワーク】事例集から題材を1つ選び、問題がどこにあるのか、どのような対応・対策が必要なのかを考える
    (2)コンプライアンスとは
    【参考】世間の常識と組織の常識のズレ
    (3)最も身近で重大な課題は「不祥事」
    【参考】公務員の不祥事の現状
    (4)コンプライアンス違反により受ける影響
    (5)コンプライアンス違反(=不祥事)が起きる原因
講義
ワーク
  • 2.コンプライアンス体制をつくる
    (1)コンプライアンス違反を防止する体制づくり
    (2)日常的な意識・行動・仕組みをチェック
    【ワーク】日常の小さなコンプライアンス違反の原因となる自分の意識・行動を振り返る
    (3)不祥事を起こさないための行動指針
    【ワーク】自分が不祥事防止のための5つの指針を持っているかをチェックする
    (4)意識改革の実現のために
    【参考】改正個人情報保護法のポイント
講義
ワーク
  • 3.ソーシャルメディアの取り扱い
    (1)ソーシャルメディアとは
    (2)事例
    【ワーク】4つの事例を確認し、SNSで炎上してしまいそうな言動を考える
    (3)ソーシャルメディアの負の特徴
    (4)ソーシャルメディアポリシーを考える
講義
ワーク
  • 4.まとめ
    【ワーク】研修を振り返り、本日からやるべきこと、気をつけることを具体的な行動レベルで考える
ワーク

6172

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2018年 1月     49名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
91.8%
講師:大変良かった・良かった
83.7%
参加者の声
  • 自分だけが法令遵守をすればよいという気持ちが少なからずありましたが、職場全体の不祥事をなくしていかなければならないという想いに改まりました。
  • 日頃から自分を振り返って言動を反省したり、世の中の出来事や事件を自分の事に置きかえてメモしておくようにしたい。
  • 公務員としての自覚を再認識できたことを忘れず、誰に見られても恥ずかしくない言動をしていきたいです。

実施、実施対象
2017年 6月     17名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • いろいろな事案を入れての研修で解かりやすかったです。常に意識していきたいと思います。
  • 小さなことでも気づいた時に報告・相談する。当たり前のことであることを当たり前とせず立ち止まって意識していきたい。
  • 時代によって変わる社会の決まりを感じながら、コンプライアンスを意識していきたい。

実施、実施対象
2017年 2月     56名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
89.3%
講師:大変良かった・良かった
91.1%
参加者の声
  • 日々の業務について、改めてコンプライアンスが守られているかをチェックしながら取り組みたいです。
  • ルールを守るだけでなく、ステークホルダーの期待を意識して職務を全うしたい。
  • 前任者から引き継いだことをそのまま遂行するのはいい事だと思っていたが、時代の変遷にかんがみ、変えるべき所は変えていくべき、能動的であるべき、という考えが胸にささりました。勉強になりました。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

コンプライアンス研修
年間総受講者数
15,666
内容をよく理解・理解
90.7
講師がとても良い・良い
86.7

※2019年10月~2020年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

メールマガジンのご登録

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia ハラスメント

全力ケーススタディ コンプライアンス研修編

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia 部長に求められる2つの役割

今、求められる組織のリスク対策教育

研修の現場より 現代の管理職のみなさまへ

管理職研修プログラム

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!