loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

(半日研修)リスクマネジメント研修~人権デューデリジェンス導入に向けた基本知識を学ぶ

(半日研修)リスクマネジメント研修~人権デューデリジェンス導入に向けた基本知識を学ぶ

企業に求められる人権リスク対応の重要性を理解し、人権デューデリジェンスの導入に向けた基本知識を学ぶ

研修No.1400001

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 全階層

・お客さまに対して商品、サービスの説明をすることのある方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 最近よく耳にする「人権デューデリジェンス」について知りたい
  • 海外事業を行うにあたって気をつけるべき人権問題について学びたい
  • SDGsの達成に向けた人権に関する取り組みをどう進めるべきか悩んでいる

研修内容・特徴outline・feature

企業活動における人権尊重に対する社会的な関心の高まりや、欧米を中心に進む「ビジネスと人権」関連法の制定を受け、「人権デューデリジェンス」に対する企業の関心がますます高まっています。持続可能な社会の実現に向けた取り組みであるSDGsにおいても、「人権」は重要なキーワードであり、これからの企業運営において不可欠な要素です。この研修では、ビジネスと人権における基本知識を学んでいただくとともに、人権デューデリジェンスを具体的に導入する手順についてもお伝えします。

到達目標goal

  • ①企業にとって「人権の尊重」が重要な課題であることを認識する
  • ②人権デューデリジェンスについて理解する
  • ③人権デューデリジェンスの導入に向けた具体的な取り組み方が分かる

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1.「人権」が企業にもたらすリスクとは
    【ワーク】最近のニュースから、人権にかかわるトラブルを共有する
    (1)ビジネスにおける「人権問題」とは
    (2)事例で見る「ビジネスと人権」の現在
    【事例1】コンゴのコバルト採掘における過酷な労働環境下での労働者酷使の発覚
    【事例2】大手食品メーカー系列企業での技能実習生の強制帰国の問題化
    【事例3】日本のアパレル企業による新疆綿の使用と米国での輸入差し止め
    【事例4】就職支援サイトにおける同意のない就活生の予想内定辞退率の情報提供
    (3)人権問題が企業に与える4つのリスク
     ①訴訟などのリーガルリスク
     ②投資引き上げなどのファイナンシャルリスク
     ③不買運動などのレピュテーションリスク
     ④ボイコットなどのオペレーションリスク
講義
ワーク
  • 2.近年の世界と日本での人権関連の動き
    (1)ビジネスと人権に関する年表
     ①2011年: 国連による「ビジネスと人権に関する指導原則」の制定
     ②2015年: SDGs(持続可能な開発目標)の採択
     ③2020年: 日本における「国別行動計画」の策定
     ④2021年: 改訂コーポレートガバナンスコードに人権条項の追加
    (2)欧米で進む法制化と日本の現状
講義
  • 3.人権デューデリジェンスの導入に向けて
    (1)人権デューデリジェンスとは何か
     ①人権デューデリジェンスの意味
     ②サプライチェーン上での人権侵害リスクの把握がポイント
     ③日本企業の人権デューデリジェンスの実施状況
    (2)人権デューデリジェンスにおける施策
     ①人権への影響評価 ②教育・研修の実施 ③社内環境/制度の整備
     ④サプライチェーンの管理 ⑤モニタリングの実施 ⑥外部への情報公開
    (3)「行動計画」の横断的事項を参考に対策を考える
     ①労働(ディーセント・ワークの促進等) ②子どもの権利の保護・促進
     ③新しい技術の発展に伴う人権 ④消費者の権利・役割
     ⑤法の下の平等(障害者、女性、性的指向、性自認等)
     ⑥外国人材の受入れ・共生
    (4)先進企業から学ぶ
     大手ビールメーカーの事例
    【ワーク】事例を読んで自社において参考となる要素を議論する
講義
ワーク
  • 4.人権デューデリジェンスの実施計画の策定
    (1)スコープの決定
    (2)リスクの特定・評価
    (3)対策の検討、計画の策定
    (4)対策・計画の実施
    (5)モニタリング・評価
    【ワーク】自社の人権デューデリジェンスの「スコープの決定」「リスクの特定・評価」「対策の検討、計画の策定」を考える
講義
ワーク
  • 5. まとめ
ワーク

7203

企画者コメントcomment

SDGsに対する関心の高まりもあって、ここ数年、社会の人権に対する意識は急速に深まってきています。そして、2020年の「ビジネスと人権に関する行動計画」の策定と、2021年のコーポレートガバナンスコードの改訂を機に、企業の人権対応に向けた動きが急にあわただしくなってきました。遅かれ早かれどの企業にも対応が求められるテーマであり、これを機会に先んじて取り組んでいただくことをお勧めします。

スケジュール・お申込みschedule・application

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

※申込期日とキャンセル期日はオンライン開催とセミナールーム開催で異なります。ご注意ください

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年11月20日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

お気軽に
ご連絡ください

メール・お電話での
お問合せ

公開講座に関する
Q&Aはこちら

研修リクエストの
お問合せ

ページトップへ
年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
関連テーマ
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修