loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

リスクマネジメント研修~未然に防ぐ方法を学ぶ

リスクマネジメント研修~未然に防ぐ方法を学ぶ

管理職として求められる「予測力」(危機察知能力)を高め、リスクの芽を未然に摘み取る手法を理解する

研修No.1400000

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層
  • ・リスクマネジメントの基礎を習得したい方
  • ・あらゆるリスクを洗い出し、整理をしたい方
  • ・リスクの未然防止のために、視野を広げたい方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 事故やミスが起きる前に、予防対策を打つ方法を知りたい
  • 様々なリスクがある中、どこから手を付けていいかわからない
  • 自分が職場にいないときにリスク事項が起きてしまったら、部下は適切な判断ができないと思う

研修内容・特徴outline・feature

リスクを未然に防止にするためには、リスクマネジメントに関する視野を広げ、そして、自社のリスクについてあらゆる角度から多面的に考えられるようになる必要があります。
本研修では、一般的なリスクや事例など外部の視点を学ぶことによって、リスクに対する視野を広げます。また、自社を取り巻くリスクについて、内部・外部に存在する様々なリスクを洗い出し、対策の優先度を実際に評価していただきます。リスクが顕在化した後の取り組みや、リスク管理を行う際に組織全体で気を付けるべきことなども合わせて学び、すぐに現場に持ち帰って活用をいただける内容となっています。

到達目標goal

  • ①リスクの洗い出しの仕方を習得し、自分の職場に潜むリスクを洗い出す
  • ②リスク顕在化の予防策を習得する
  • ③リスクが顕在化した場合の対応策の考え方を習得する

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1.リスクマネジメントとは
    (1)リスクとリスクマネジメントの定義の確認
    【ワーク】リスクマネジメントにおいて重要だと考えることは何か
    (2)リスクマネジメントの必要性
    (3)クライシスとクライシスマネジメント
    【参考】リスクマネジメントの最近の動向
    (1)リスクマネジメントの国際標準化
    (2)リスクマネジメントの対象の細分化
講義
ワーク
  • 2.予防的リスクマネジメントのプロセス
    (1)リスクマネジメントの流れ
    (2)リスクマネジメントにおけるリーダーと担当者の役割
講義
  • 3.リスクの予測と評価
    (1)リスクの予測
    【ワーク】リスクを洗い出し、その原因について考える
    (2)リスクの評価 ~優先順位をつける
    【ワーク】洗い出したリスクを整理し、リスク相関図を作成する
講義
ワーク
  • 4.対策の策定① ~リスク顕在化予防策
    (1)リスク顕在化予防策の方向性を考える
    (2)現場における予防策のポイント
    【参考】機械設計分野における「未然防止対策」 ~事務に応用できる
    ものは?
講義
ワーク
  • 5.対策の策定② ~顕在化した後の対応
    (1)リスクが顕在化したとき(クライシス状態)の対応策を考える
    【ワーク】リスクの顕在化予防策と顕在化した際の対応策を検討する
    (2)リスクの見直し
    【ワーク】リスク見直しのタイミングや対策の効果測定を考える
講義
ワーク
  • 6.組織的にリスク管理を行うポイント
    【ワーク】リスク対策を実施する際に困難だと感じることは何か
    (1)メンバーの意識づけ
    【参考】たった1日でリスクマネジメント意識を一変 ~情報漏洩が
    起こりにくい組織作り
    (2)リスクマネジメントを考える機会を作る ~職場内リスク対策会議
    【参考】リスク対策企画書の作成
講義
ワーク

506

企画者コメントcomment

日々の業務のなかでは忙しく、なかなかリスクについて考える時間をとれない方が多いのではないでしょうか。本研修では、講義だけでなく、実際に自社のリスクを洗い出し、その対策を考えていただくことができます。リスクマネジメントは対策を一度作ったら、終わりではなく、定期的に見直す必要があります。そのため、定期的に本研修を受講いただいている方もいらっしゃいます。

実際のテキスト(一部)をご覧いただけます

テキストを試し読み

弊社推奨環境でご覧ください

スケジュール・お申込みschedule・application

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

※申込期日とキャンセル期日はオンライン開催とセミナールーム開催で異なります。ご注意ください

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年11月20日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

95.5%

講師:大変良かった・良かった

94.3%

※2019年10月~2020年9月

実施、実施対象
2021年6月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • ビジネスにリスクは必ずついて回るもので、事前にどれだけ予防するかが最大の防御となるため、意識して取り組んでいく。必ず情報の共有化を行うために、報連相をより細かく実行する。
  • リスク管理の重要性を改めて学ぶ機会となり、とても良かったです。今後は組織内でリスクレベルの認織を統一し、未然に防ぎます。
  • リスクスネジメントは新しく導入するだけてなく、既に行っているものも多いので、それを一度見直し適切に運用されているかをチェックするだけでも意味があると思った。

実施、実施対象
2021年3月     9名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
88.9%
参加者の声
  • リスクをいかに軽減するかの事前対策を考え、予めリスクが起きないように業務に組み込みます。改めて全体の整理、ブラッシュアップができました。
  • リスクマネジメントの全体像を理解できました。リスクの洗い出しは楽に洗い出すことからスタートします。
  • 日常において「リスク感度」を持って活動していこうと考えます。リスクは0にはならない前提で考え方の改革をして活動します。また発生した時には優先順位を考えて、会社への影響の大きさや顕在化の可能性も常に意識していきます。
  • リスクの顕在化の予防と顕在化発生時の対策を活かします。業務上での問題意識と顕在化した時の対処方法を考えておかなければならないと実感しました。
  • 現在のマニュアルや取り組みの再確認、見直しの契機とします。業種が違っても、リスクマネジメントに対する考え方、対策の基本は同じだと改めて感じました。

実施、実施対象
2020年12月     8名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 専門部署を立ち上げて間もないので、業務設計や仕組みづくりに活かす。問題が生じてからでは遅いので、本研修の内容を再度復習して理解を深め、今後に活かしていく。
  • リスクマネジメントの流れが分かったので、今後はそのフェーズにしたがって対処していきます。運用・保守業務なので、日々忙しい中流されるだけでなく、その中でもリスクがないか考えて対策していきます。
  • リスクマネジメントのリスク顕在化予防策、そして顕在化した後の対応を、ワークリストを参考に、リスクの優先順位を決めて行っていきます。
  • 今後会社のトップ及び会社全体をまき込んでリスクマネジメントに取り組んでいきます。エラーをエラーとしてではなく、何かのリスクをコントロールするための種だと考え、真因を解消する活動につなげていきます。
  • リスクの洗い出し、多面的な視点、リスクの評価を実践する。また、職場内リスク対策会議の実施を検討する。

実施、実施対象
2020年6月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 今後はリスクを「脅威の可能性」と「脆弱性」に分けて考えることで、リスクの具体性、発生の影響度などを図るツールとしていきたい。
  • 日々起っている社会での出来事を意識してリスクマネジメントを考えることと、慣れることが重要だと感じた。学んだことを社内教育に活かしていきたい。
  • リスクの方向性、予防策を検討し、最善の方法を見つけて、業務改善と効率化アップを進めていきたいです。
  • 部下の意見を取り入れ、具体的に引き出すことが重要だと感じた。もっとロジカルに会社全員が取り組めるようにしていきたい。
  • 今回の研修で学んだスキルを活用することで、上司にも理解してもらえる方法を伝えることができると感じた。

実施、実施対象
2020年2月     7名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 今回の研修で学んだリスクの見つけ方、対策方法を現場で実行していきたいです。他の安全衛生委員が気付かないリスクを優先的に発見して発信していきます。
  • 組織のリスクマネジメントに対する理解、実効性の推進・向上につなげるために、まずは自らが立てた企画書をもとに、その重要性の共有につなげていきます。
  • 日頃の業務の中に多くのタスクを抱えている中でリスクの洗い出し、予防、顕在化してしまった場合の対策等、あらかじめ考えておかなければならないこと、情報と共有化しておかなければならないことを知ることが出来た。
  • 作業品質向上のヒントが得られた気がしました。
  • まずは社内の「リスク」、社外、得意先、取引先との関係上の「リスク」を洗い出して共有し始める。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討中の研修テーマで、日程がなくお困りの場合は「研修リクエストサービス」をご活用ください。ご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
95.5
講師がとても良い・良い
94.3

※2019年10月~2020年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
関連テーマ
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修