loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

職場のメンタルヘルス研修 ~「うつ」を知り、共に働く(1日間)

職場のメンタルヘルス研修 ~「うつ」を知り、共に働く(1日間)

職場のメンタルヘルスや「うつ」について知識・理解を深め、自組織のあり方を考える

研修No.B MHL190‐0400-2958

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 全階層

職場のメンタルヘルスについて知識・理解を深めたい方

研修内容・特徴outline・feature

職場のメンタルヘルスについて知識・理解を深めていただく研修です。

前半は、誰もが「うつ」になり得ることや予防の重要性、兆候を見逃さない大切さを学び、「うつ」への理解を深めます。
後半は、実際に「うつ」になった人がいたときに職場でできることや休職する際の対応、復帰を支援する職場の体制づくり、接し方や仕事の割り振り方について学びます。そのうえで、自組織のあり方について考えていきます。職場のあらゆる方に受講いただく価値のある研修です。

研修プログラム例program

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.はじめに ~本研修での「うつ」の定義
    (1)医療行為ではなく、職場のメンタルヘルスから考える
    (2)職場で行うメンタルヘルス
    (3)職場でのメンタルヘルスの具体的な進め方
講義
  • 2.「うつ」と共に働く
    【ワーク】「うつ」の人と働くうえで不満に感じていることを共有する
講義
ワーク
  • 3.「うつ」とは
    【ワーク】「あの時は辛かった」という時期を振り返り、共有する
    (1)誰でも「うつ」になる危険性はある ~他人事ではない
    (2)「うつ」を引き起こす様々な要因
    【参考】本人と事業所の認識のずれ
    (3)「うつ」が生じにくい職場とは ~風通しの良い職場
    【ワーク】自分の職場が「風通しの良い職場」かどうか、またその理由も考え共有する
    (4)「うつ」になる前の兆候を見逃さない
    (5)職場で変化に気づいた際の対応
    (6)相談窓口を確認する
講義
ワーク
  • 4.本人の立場で考える
    【ワーク】ケースを読み、どのようなことに注意し、どのように対応するかを考える
    <ケース①>部下・同僚が「最近、うつで通院を始めた」と打ち明けてきた場合
    <ケース②>うつの部下・同僚が「2週間休むことになった」と報告してきた場合
    (1)「うつ」は十人十色、対応は最終的には「個別対応」
    (2)本人が抱きやすい不安
    (3)「うつ」で休職することになったら
    (4)「働きたい」と最も感じているのは本人自身
    (5)職場で再び活躍してもらうための2つのポイント
講義
ワーク
  • 5.「うつ」から職場に戻るために
    (1)場に復帰する
    (2)大原則なのは元の職場に戻すこと
    (3)復帰させる職場の事前理解
    (4)接する際の心構え
    (5)復帰スケジュールを決める
    (6)「復帰支援リーダー」を設ける
    (7)面談の重要性
    (8)リーダー以外の職場メンバーも接点を持つ ~声をかける
    【ワーク】うつの人が職場復帰する際にどのような声がけがふさわしいかを考える
講義
ワーク
  • 6.復帰支援にあたっての留意点
    (1)復帰支援にあたっての留意点
講義
  • 7.「うつ」の人に与える業務・仕事をプロデュースする
    【ワーク①】自部署における業務の中で、復帰した人に任せる業務を切り出す
    【ワーク②】具体的にどのような業務をどのくらい任せるかのプランを考える
    【ワーク③】復帰後1カ月が経過した際に、復帰スケジュールをどう変えるかを考える
    【ワーク④】上司役・復帰者役に分かれ、面談の練習をする
講義
ワーク

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2017年 11月     16名
業種
製造業(電気機器・機械)
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 個人に合ったフォローが重要で、それぞれに合った方法を見つけていかなければと感じました。
  • 過去の事例と今回の研修内容を見比べて、反省すべきところなど今後の対応に活かしたい。
  • 復帰のプラン作成が重要だと分かった。自身でもうつ病のことをさらに良く理解して部下に接するようにしたい。

実施、実施対象
2016年 3月     6名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • コミュニケーションについても、Iメッセージを活かしていきたいです。
  • 会社に休職・復職に関する規定がなかったので、これから作成しなければならない。その参考にさせていただきたい。
  • うつを正しく理解して、正しいコミュニケーションをとる。うつを職場から出さない、風通しの良い組織を作る。

関連の研修を探す


お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

メンタルヘルス研修
年間総受講者数
19,496
内容をよく理解・理解
94.0
講師がとても良い・良い
91.8

※2019年4月~2020年3月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

メールマガジンのご登録

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

ストレスチェック支援サービス

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia レジリエンスを鍛える3つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia ハラスメント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia メンター制度

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!