loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

【データリテラシー醸成シリーズ】データ収集力向上研修(1日間)

【データリテラシー醸成シリーズ】データ収集力向上研修(1日間)

データをビジネスで活かすうえでの大本となる、データの収集、保存、管理を学ぶ

研修No.B IFM132-0000-5494

対象者

  • 全階層

・顧客データを使い営業戦略の構築に携わる方
・市場データでマーケティング分析を行う方
・品質管理等のデータを用いて改善活動を行う方
・人材データを使い人事戦略の構築に携わる方

よくあるお悩み・ニーズ

  • どんなデータを集めたらいいのか分からない
  • データの品質をどのようにして担保すればいいか知りたい
  • 適切にデータを保存し管理できるようになりたい

研修内容・特徴outline・feature

一般的にデータリテラシーとは、データを読み、分析し、活用する力として定義されます。しかし実務としては、その手前のデータを集めるところからスタートすることが少なくありません。

本研修では、どこで欲しいデータを探せばよいのか、データの良し悪しをどうやって見極めればよいのか、集めたデータの保存はどうするべきかといった、データ収集に関する「いろは」を学びます。営業部門、マーケティング部門、アフターサービス部門、コーポレート部門など、幅広い職種の方を想定して、データ収集力向上のための基本知識とコツをお伝えします。

研修のゴールgoal

  • ①さまざまなデータ収集の手段が分かる
  • ②データの品質を担保するためのポイントを理解する
  • ③データの保存と管理の方法を身につける

研修プログラム例program

内容
手法
  • 1.データ収集に求められることとは
    【ワーク】データ収集は何のために行うのかを考える
    (1)大事なのは明確な課題意識~やみくもに集めるデータに価値はない
    (2)データ収集に必要な4つのスキル
    ①目的に合ったデータの選別ができること
    ②どこにどんなデータがあるかを知っていること
    ③データの信頼性が見極められること
    ④使える状態にしてデータを保存・管理できること
講義
ワーク
  • 2.データ収集の目的
    【ワーク】収集されてはいるがあまり活用されていないデータの事例を挙げる
    (1)活用しづらいデータとは
    ①量が多すぎる ②種類が多すぎる ③必要な項目が欠けている ④品質が低い
    (2)残念なデータ収集とは
    ①メリハリのない集め方になってしまう ②偏った集め方になってしまう
    ③データ収集自体が目的化してしまう
    ④データの形式を揃えずに収集してしまう
    (3)データ収集に不可欠となる「目的意識」
    (4)データ収集にも求められる「仮説思考」
講義
ワーク
  • 3.データ収集の手段
    (1)その1:公開データ
    ①公開データの特徴 ②主な公開データ ③公開データの活用目的と留意点
    【ワーク】与えられたテーマで、調査報告活用できそうな公開データを考える
    (2)その2:社内データ
    ①社内データの特徴 ②主な社内データ
    (3)その3:ログデータ
    ①ログデータの特徴 ②主なログデータ
    (4)その4:リサーチデータ
    ①リサーチデータの特徴 ②主なリサーチデータ
    【ワーク】与えられたテーマにおけるリサーチ方法を検討する
講義
ワーク
  • 4.データの品質管理
    (1)品質を評価するための5つの項目
    ①正確性~事実としての裏付けの確保 ②完全性~欠損、重複、異常値の扱い
    ③一貫性~ルールに則った管理と更新 ④信頼性~出所確認と第三者による評価
    ⑤適時性~最終更新日と更新頻度の確認
    (2)品質を担保するための管理プロセス
    ①品質基準を設定する ②基準に則ってデータを収集する
    ③基準に沿ってデータを評価する ④データの品質を改善する
    【ワーク】定期的に収集しているデータの目的を確認し、評価を行う
講義
ワーク
  • 5.データのセキュリティ管理
    (1)機密情報を含むデータのセキュリティ管理
    (2)個人情報を含むデータを扱う際の留意点
    (3)著作権をはじめとする遵法性の確保
講義
  • 6.データの保存とメンテナンス
    (1)データを保存する
    ①ファイル管理の基本 ②ネーミングルールの重要性
    ③データベースの基本的な概念
    (2)データのメンテナンス
    ①データクリーニング ②データのアーカイブとバックアップ
    ③情報セキュリティ対策 ④定期的な監査とモニタリング
    【ワーク】自社のデータ保存の方法について振り返る
講義
ワーク
  • 7.まとめ
ワーク

8905

全力Q&A{{list[0]['category']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

開発者コメントcomment

適切なデータ分析・活用のためには、まず、質の良いデータを集めることが大事です。官公庁などから出されるデータ、自社のシステムを通じて得られるデータ、アンケートを通じて得られるデータなど、さまざまな種類のデータをどう入手するかを実践的に学んでいただく研修として企画しました。

特集

DX時代に必須なデータリテラシーを高める4つの力「データ収集力」「データ読解力」「データ分析力」「データ活用力」を身につける
データリテラシー醸成シリーズ

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

最新作・ニュース

新卒採用募集中

新卒採用に関するお知らせ オンライン・全国で会社説明会開催中

研修を探す

同じジャンルで探す

  • WEBins
  • モンシャン
初めてご利用の方へ

インソースからの新着メッセージ

    直近の公開講座開催研修

    新作研修

    業界随一の研修開発力を誇る
    インソースの最新プログラム

      コア・ソリューションプラン
      の新作情報

      250種類以上のコンサル事例!
      組織の「したい!」に全力で応える

        本テーマのおすすめリンク

        おすすめリンク

        閉じる