loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

管理責任者向けハードクレーム対応研修 招かれざるお客さまへの対応の仕方(1日間)

管理責任者向けハードクレーム対応研修 招かれざるお客さまへの対応の仕方(1日間)

「問題の解決」を求めない悪質クレームに関して、対応方針を切り替える判断基準と取るべき行動について学ぶ

研修No.B CLM500-0300-3552

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • リーダー層
  • 管理職層

・管理職または責任者クラスの方
・不当なクレームへの対応方法を学びたい方
・ハードクレームに対する組織としての対応策を知りたい方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 「不当な要求」を受けることがあるが、どのように対応すればよいのかを知りたい
  • 「モラルハラスメント」型クレームへの対応方法を学びたい
  • 行き過ぎたクレームに関し、法的にはどう捉えられるのかについて知りたい

研修内容・特徴outline・feature

本研修では、クレームの実態が「問題解決」を求めるものでなく、顧客としての見切りをつけることも含めた対応が必要な場合にどのように対応していけばよいのかを学んでいただきます。まずは、「自社に損害を与える人」と顧客を判断するに至る基準を考えていただきます。

そのうえで、「相手からのプレッシャーをかわす方法」「モンスター化を防ぐ方法」など現場ですぐに使える手法を実践的に習得していきます。組織的な防衛策についてもお伝えいたします。

<クレームの3つのレベル>
【クレームレベル1】
決められた正しい手順やルール通りに対応することで、顧客の問題を解決することができる
【クレームレベル2】
手順やルールに無い対応が必要となり、権限を持つ者が対応を決定することで、顧客の問題を解決することができる
【クレームレベル3】 <本研修の対象はこのレベルです>
クレームの実態が「問題の解決」を求めるものではないため、顧客としての見切りをつけることも含めた対応が必要となる

※CS(顧客満足)の観点からのハードクレーム対応研修ではございませんので、ご注意ください

到達目標goal

  • ①「不当な要求」に対し、場合によっては顧客としての見切りをつけるための判断基準を習得できる
  • ②「モラハラ」型クレームの特徴を知り、未然に防ぐ応対方法を習得できる
  • ③法律を味方につけた対応にはどのようなものがあるのかがわかる

研修プログラム例program

  内容 手法
  • 1.ハードクレームとは何か
    【ワーク】あなたがこれまでに体験した「ハードなクレーム」をひとつ選び、グループメンバーと共有する
    (1)本研修でのハードクレームの定義
    (2)「招かれざる客」の判断ポイント
    (3)相手を見極めるための判断基準と決定権限
講義
ワーク
  • 2.「不当な要求」型クレーム
    (1)普通の人が平然と不当要求をする時代
    (2)不当な要求型クレームの特徴
    (3)相手のプレッシャーをかわす
    【ワーク】相手からのプレッシャーに対する耐性のチェック
    (4)悪質と判断したら毅然と対応する
    【ワーク】不当要求をするお客さまへの対応のケーススタディ
講義
ワーク
  • 3.「モラルハラスメント」型のクレーム
    (1)いわゆる「モンスター」と呼ばれる人たち
    (2)モラハラ型クレームの特徴
    (3)モラハラのターゲットになりやすい人とは
    【ワーク】モラハラ型クレームのターゲットになりやすさチェック
    (4)和解は諦めて早めに距離を置くこと
    (5)「モンスター化」を未然に防ぐテクニック
    【ワーク】「モンスター化」を未然に防ぐ応対テクニックのロールプレイング
講義
ワーク
  • 4.法律を味方に付ける
    (1)脅迫罪
    (2)強要罪
    (3)恐喝罪
    (4)威力業務妨害罪
    (5)不退去罪
    【ワーク】法的な対応をせざるを得なかった事例について共有し、その判断のポイントについて討議する
講義
ワーク
  • 5.ダメージに対する抵抗力を付ける
    (1)全てのお客さまが「神様」だとは思わない
    (2)自分に全ての過失があると思わない
    (3)人格否定を真正面から受け止めない
    【ワーク】お客さまからの「罵詈雑言」をカミングアウトし、フォローし合う
講義
ワーク
  • 6.ハードクレームに対する組織的な防衛策
    (1)組織には従業員を守る責任がある
    (2)もうひとつの顧客対応マニュアル
    (3)事例共有を通じた免疫力の向上
講義
  • 7.まとめ
ワーク

4242

1214194

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2020年10月     30名
業種
建設・プラント
評価
内容:大変理解できた・理解できた
96.7%
講師:大変良かった・良かった
96.7%
参加者の声
  • 電話応対などで全否定をしないよう、相手の立場に立った対応が大事だと感じました。相手のクレームパターンを見て、交渉・対応します。
  • ケーススタディと似たようなクレームが実際に日々の業務で入るので、対応手順を明確にして、早めの解決ができるように活かしていきます。また、傾聴に力を入れます。
  • お詫びの際に「申し訳ありません」だけではなく、お客様の心情を理解して「ご不便を」などを伝えることが重要だと理解できました。お客様と接する機会が多いので、対応手順6項目を念頭に対応していきます。

実施、実施対象
2019年12月     27名
業種
非営利団体・官公庁関連組織
評価
内容:大変理解できた・理解できた
96.3%
講師:大変良かった・良かった
96.3%
参加者の声
  • まさにクレーム対応でストレスを溜めている最中でした。部下に対する声掛けも、柔らかい表現が頭に浮かばない自分に気づかされました。
  • クレームを受けるのは私だけではなく、他の職員にも回ってくるので、ストレスを感じさせないよう、良いアドバイスができるように勉強したいと思います。
  • メールのクレームについて学ぶことができたのは非常に有益でした。クレームの内容をしっかり把握することを活用したいです。

実施、実施対象
2019年8月     136名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
87.5%
講師:大変良かった・良かった
89%
参加者の声
  • 実際に応対の練習をすることで、お詫びの仕方もたくさんあることを学びました。共感することで相手の気持ちを落ち着かせることができると分かり、今後の職場での対応に活かしていきたいと思います。
  • クレーム対応の際に様々な方法でアプローチをしていけることがわかったので、活用していきたい。「話し方」への意識が変わった。
  • 窓口業務がほぼ一日中占めるので、今日教えていただいたことを活かしていけると思いました。言葉の言葉の言い回し、声のトーンなどを気をつけながら電話対応や窓口業務で活かしていきたいです。

実施、実施対象
2019年4月     14名
業種
その他協同組合
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 対応に苦慮していた方への対応について、どのような方向性で対応していけばより良いのか、理解できた。
  • 実際にクレームが起こった際、スムーズに対応できるよう意識する。事例共有、基準の見直しを行い、対応力、抵抗力をつけていきたい。
  • 現在はモラハラ型のクレームが多いような気がするので、そのようなクレームを受けた際に今回の研修を活かしたい。また、部下の育成にも活かしたいと思った。

実施、実施対象
2018年9月     20名
業種
サービス業(BtoC)
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • クレーム対応に限らず、一人一人のお客様の気持ちに寄り添うコミュニケーションを取っていきたい。また、ハードクレーム顧客を作らないよう、「ここまではできる、ここはできない」をはっきり示す対応をしていく。
  • 初めて知る内容で、対応するにあたり、知っていると知らないでは大きく違うなと思う内容だったので、非常に役に立ちそうだと思った。
  • 自分がリーダーとして、後輩などが困っているときに、最終的に助け船を出せるよう事例をもとに、心の準備をしておく。

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

中級管理職研修の評価
年間総受講者数
33,840
内容をよく理解・理解
94.0
講師がとても良い・良い
91.9

※2020年10月~2021年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「インソースのもと」

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集

ご希望の日時・Web会議ツールでの商談ご希望の方はこちらへ オンライン商談ご予約専用フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

階層別テスト ビジネスで必要な「知識」と「活用力」を測定するテスト

管理職研修プログラム

リモートワーク時代の管理職研修

アセッサー(評価者)派遣型研修

1冊10分の時短読書で自ら学べる人を育てる flier

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

冊子教材付きeラーニング・動画レンタルプラン

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報

モンシャン 福祉施設で作られた素敵な商品をお届けするショッピングサイト

WEBinsourceの詳細・新規会員登録はこちら

直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!