3401コミュニケーション研修 「ゆとり世代」を活躍させるリーダーになる編(1日間)

コミュニケーション研修 「ゆとり世代」を活躍させるリーダーになる編(1日間)

本研修の「ねらい」

管理職の方向けの研修です。「ゆとり世代」「さとり世代」と呼ばれる若手社員を活躍させるために、社会の先輩として、若手社員とどのように接し、関わればよいのかを学んだうえで、ゆとり世代の視点を組織力の向上に活かすポイントを学んでいただきます。

具体的には、若手社員に見られがちな傾向や特徴についてディスカッションをした後、どのようにギャップを超えて、ともに働くのかを事例を踏まえながら考えていただきます。リーダーとして、「理」と「情」で仕事を熱く語る一方、自分の人となりを垣間見せるなど、世代を超えて信頼関係を構築するコミュニケーションのコツを身につけていただきます。


研修プログラム例

B OJT255-1000-3401

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.はじめに ~立場を変えて考える
    【ワーク】ゆとり世代(と呼ばれる若い世代)と仕事をするうえで、不安に感じていること、難しいと思うことを共有する
ワーク
  • 2.価値観や考え方の異なる社員を受け入れる心構え
    (1)世の中の流れを理解する
    (2)ゆとり世代・さとり世代とは
    (3)つくし世代とは
    (4)お互いの価値観・考えを伝え合い、違いを認め合う
    (5)固定観念と価値観の押しつけに気をつける
    (6)個人として接する ~「対話」の重要性
    (7)「ともに働く」を楽しむ
講義
  • 3.価値観や考え方の違いがもたらす様々な戸惑い
    【ケーススタディ①】「常識的に考えれば、そんなことするべきではない」と思うことを新人がしている場合
    (1)コミュニケーションの傾向の違い
    【ワーク】職場で言いにくいこと・伝えにくいことを指摘する
    (2)職場での時間意識の違い ~ワークライフバランスの考え方の違い
    【ケーススタディ②】新人に「どうして出社時は定時に厳しいのに、退勤時は皆、守らないのか」と指摘された場合
    (3)「就職」「転職」に対する考えの違い
    【参考】その他 ~よくある戸惑いと認識のずれ
    (4)職場の「暗黙知」「常識」を明確にして伝える
    【ワーク】自組織や自部署において、最初は戸惑ったもののいつしか慣れてしまった習慣や業務、仕事の進め方のうちで、ゆとり世代・さとり世代を受け入れる際に障壁や課題になりそうな「常識」を洗い出す
講義
ワーク
  • 4.社会人としての基礎を教える(見せる)
    (1)社会人として求められる「常識」や「マナー」を伝える
    【ワーク】まずは社会の先輩である自分の立ち居振る舞いや身だしなみを確認する
    (2)ビジネスマナーは、求められる背景・理由と合わせて教える
    【ケーススタディ③】新人が「何故、こんなに細かくマナーが決まっているのか」と聞いてきた場合
講義
ワーク
  • 5.「ともに働く」の肝は、リーダーコミュニケーション
    (1)「その内、なんとかなるだろう」は危険
    (2)リーダーコミュニケーションとは
    (3)リーダーとして「理」と「情」で仕事を熱く語る
    【ワーク】ゆとり世代・さとり世代である相手に依頼したい仕事の内容や、今後相手にどうなってほしいかについて、「理」と「情」とで整理して伝える
講義
ワーク
  • 6.現場で役に立つ取り組み事例
    (1)キックオフミーティングのススメ
    (2)定例ミーティングで課題を共有する
    (3)仕事以外のことも話す ~人間関係・信頼関係を構築する
    (4)自己開示の大切さ
    【ワーク】ゆとり世代・さとり世代を迎え入れる際に、自分の人となりを垣間見せることができる自己紹介のネタを洗い出す
    【ケーススタディ④】若手社員に「ゆとりって括るのは良くないと思います。私はその世代として悲しいです」と言われた場合
講義
ワーク
  • 7.ゆとり世代の視点で組織力を向上する
    (1)ゆとり世代の活躍が組織の課題を解決に導く
    (2)大切にしたいゆとり世代の「何故?」
講義
  • 8.まとめ

4702


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

研修のプロがお答え{{list[0]['categoryBottom']}}関連の質問セレクション

{{list[0]['categoryBottom']}}関連のよくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

テキスト作成者から

「ダイバーシティ」が耳慣れてきた昨今。
「ゆとり世代」「さとり世代」と呼ばれる若手社員に対して、フラットな目で見て、活躍させることができる管理職が企業には求められています。

管理職のみなさんと「ゆとり世代」「さとり世代」の若手との間にある“ギャップ”
・そもそも何が“ギャップ”なのか
・なぜ“ギャップ”が生じるのか
・どうしたら“ギャップ”が埋まるのか
・“ギャップ”を踏まえて、どのように関係を構築するか
・継続的に“ギャップ”を埋め続けるために何を行うべきか
管理職が若手社員をフラットな目で見るために、本研修を作成しました。

実績と受講者の声

実施、実施対象
2018年 2月     16名
業種
サービス業(BtoC)
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • たくさんの気づきがありました。おかげで少しゆとり世代への苦手意識が薄まりました。研修で学んだことを、今後実践していきます。
  • 研修の内容そのものも有益だが、部門をまたがった意見交換を他のマネージャー達とやれたのがよかった。あとは、さらに上位者及び下の階層にも展開して社内の共通言語化を実現したい。
  • ゆとり世代といわれる世代のみならず、人との接し方、コミュニケーションのとり方にいっそう気をつけたいと思います。

実施、実施対象
2017年 7月     21名
業種
建設・プラント
評価
内容:大変理解できた・理解できた
95.2%
講師:大変良かった・良かった
85.7%
参加者の声
  • 小さなことからこつこつと!気づいたときに声かけする(後からまとめて言わない)自分への振り返りと部下の指導に活かしていきます。
  • コミュ二ケーションは難しく考えがちですが、すぐに実行できることであることに気づいた。難しく考えず実行していきたい。講師の経験を交えた話がわかりやすかった。
  • 人の考えは様々で、マネージャーのルーフでいくらでも良くなっていくことがわかったので、自分を変えていくことから始めたい。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。



新任管理職研修の評価
年間総受講者数
47,125
内容をよく理解・理解
94.2
講師がとても良い・良い
92.9

※2017年4月~2018年3月

サービス内容
初めてご利用の方へ
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ
■マネジメント基礎
■強化項目別
■ニーズ別マネジメント
<関連サービス>
新作研修PICK UP

時代の変化を先取りするインソースの新作研修

新作研修一覧を見る

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

インソースがご提供する
「これまでと違う」サービス。
 
最新の情報を無料配信中!
新作研修、新サービス、無料セミナー、公開講座割引、資料プレゼント、他社事例、研修運営のコツなどをお届けします。
メールマガジンのご登録

成長企業の人材育成

リーダーコミュニケーション研修を語る

Gammbatte管理職

お仕事歳時記

スピード見積もり

インソース採用情報

INSOURCE TOPIC

インソースブログ


×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!