契約書研修

契約書研修

研修の目的・特徴

契約書は取引マニュアル・リスクマネジメントツール

契約を建前とする傾向が強かった日本も、徐々に訴訟社会へ移行し、契約書は取引マニュアル・リスクマネジメントツールになりつつあります。

そこで、契約書の締結にあたっては、細心の注意を払う必要性が増し、法務部門のご担当者さまや弁護士(以下「法務部門ご担当者さま」)が契約書の締結に関与する会社が多くなっています。

契約書は誰もが読みこなすべきビジネス文書

ただ、それは、営業などライン部門のご担当者さまや責任者さま(以下「ライン部門ご担当者さま」)が契約書を読まなくて良いということにはなりません。むしろしっかりと読んでいただく必要性が増しています。

というのも、法務部門ご担当者さまは契約や法律に詳しい一方で、現場で起きていることに疎い可能性があるためです。法務部門ご担当者さまが、現場で起きていることを把握せず契約書を審査した場合、リスクを見落とすだけでなく、抽象的かつ過剰なリスクヘッジをする審査になりがちで、契約交渉が長引くことになりかねません。

そこで、現場に詳しいライン部門ご担当者さまが、契約書を読んで、「ある程度の」リスクの目星をつけたうえで法務部門ご担当者さまに相談や審査の依頼をするのが、効率的・実効的な取引リスクヘッジにつながります。

その意味で、契約書は法務部門ご担当者さまだけでなく、ビジネスパーソンであればだれもが読みこなすべきビジネス文書といえます。

契約書を「読みこなす」レベル感~「抽出」&「ヘッジ」から「目星をつける」まで

契約書を読みこなすために求められるレベルは、職種や会社の状況によって様々です。レベル感に応じ、最適なラインナップをご用意しておりますが例えば次のとおりです。

法務部門ご担当者さま向けには、取引リスクを「抽出」しそのリスクを「ヘッジ」するために、非常に高いレベルの技能・知識が求められます。契約書を読みこなすだけではなく、加えて契約書を起案できなければなりません。また、各種法律との関係や紛争が起きたときの裁判所の考え方も押さえなければなりません。

契約書を読みこなすために求められるレベルは、職種や会社の状況によって様々です。レベル感に応じ、最適なラインナップをご用意しておりますが例えば次のとおりです。

他方、法務部門のある会社のライン部門ご担当者さまは、リスクの目星をつけることができれば十分「契約書を読める」というレベルです。目星をつけるためには、極端なことをいえば、知識は①対応可能か否か②有利か不利かの2つの視点を頭に入れるだけです。あとは、前者は真剣に、後者は形式的に契約書を読めるように演習を行うのが効率的な学び方です。

法務部門がない会社のライン部門ご担当者さまは、法務部門がない分、自ら積極的にリスクを抽出する必要があります。したがって、リスクの目星をつけるよりも高いレベルの「読みこなす」技能と知識が必要になります。

お問い合せ・お申込み

※各業界向けカリキュラムのカスタマイズは可能です

{{heading}}のカリキュラムを選ぶ

本研修のカリキュラムを選ぶ

研修のプロがお答え全力Q&A

お客さまから「{{trainingName}}」に多く寄せられるご質問を抜粋して掲載しております。
質問をクリックすることで、回答が表示されます。


      

魅力的な講師

様々な業界で、日本語だけでなく英語の契約書審査を行ってきた実績のある講師が担当します。

研修ラインナップ

インソースの契約書研修は、多くのプランをご用意しており、お客さまに最適な研修をお選びいただけます。

※公開講座とは、1名さまから受講可能な研修のサービスです

豊富な実績

1年間の総受講者数
225

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

88.9%

講師:大変良かった・良かった

88.0%

※2017年10月~2018年9月

受講者の声

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください



×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!