loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

(半日研修)3時間で学ぶ仕事の基礎知識研修~企業間取引で発生する契約の基本

(半日研修)3時間で学ぶ仕事の基礎知識研修~企業間取引で発生する契約の基本

企業間取引の中でよく遭遇するさまざまな契約の意義と、その締結において注意すべき点をまとめて学ぶ

研修No.1002000

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 全階層

・企業間取引に関わる、一般職から管理職までの幅広い方
・総務部門など、契約書のオペレーションに関わる方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 契約書を作成する上で確認しておくべきことを理解したい
  • 効率よく契約書をチェックするためのポイントを知りたい
  • 慣習的に処理をしている各種契約手続きについて、一度きちんと勉強しておきたい

研修内容・特徴outline・feature

企業間での取引を行う中では、必ず何らかの契約が発生します。契約締結にあたっての最終確認は法務担当者が行うケースが多いですが、その手前での大筋の判断は、現場の監督者でもできるようになりたいものです。この研修は、企業間取引においてよく遭遇する契約の基本を理解するとともに、締結にあたって注意すべき点を知ることで、ビジネスに有益なものとして活用いただくことをねらいとしています。

到達目標goal

  • ①企業間取引で締結されることの多い、各種契約の意味や位置づけが分かる
  • ②それぞれの契約締結に置いて特に留意すべきポイントが理解できる
  • ③これまで慣習的に行われていた契約締結業務における改善点が見えてくる

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1.取引における契約書の意味
    【ワーク】普段あなたが業務の中でよく遭遇する、「企業間の取引に関する契約」にはどのようなものがあるか考える
    (1)企業間取引の特徴とは
    ①組織の決裁プロセスは「複雑」である
    ②究極的には「損得」が判断基準となる
    (2)契約書を交わすことによるメリット
    (3)法務担当に委ねる前に確認すべきこと
    ①事前の打合せに無かった条件が書かれていないか
    ②自社側に課せられる義務が現実的に遂行可能な内容か
    ③取引の打切り、解除にあたっての条件が適切か
講義
ワーク
  • 2.秘密保持契約書
    (1)秘密保持契約とは ~企業秘密の漏洩防止が目的
    ①秘密保持契約書とは何か ②どんな時に締結するのか
    (2)秘密保持契約書のチェックポイント
    ①秘密情報が定義されているか
    ②秘密情報の使用目的が明記されているか
    ③情報の取り扱い方法が記されているか
    ④秘密保持の期間が定められているか
    ⑤情報の返還方法が定められているか
    ⑥情報漏洩時の対応義務と賠償についての記載があるか
講義
  • 3.取引基本契約書
    (1)取引基本契約とは~共通事項を一括して取り決める契約
    ①取引基本契約書とは何か ②どんな時に締結するのか
    (2)取引基本契約書のチェックポイント
    ①何の取引のための契約か
    ②どこまでを適用範囲とするのか
    ③仕事の発注はどのように行われるのか
    ④納品・検品・検収等をどのように行うのか
    ⑤所有権はいつ移転し、代金はいつ支払われるのか
    ⑥瑕疵(契約不適合)があった場合、どうするのか
    ⑦取引の継続が不可能になった場合、どうするのか
講義
  • 4.売買契約書
    (1)売買契約とは~財産の移転に際して結ぶ契約
    ①売買契約書とは何か ②どんな時に締結するのか
    【ワーク】文を読み、「売買基本契約書」を締結した上で個々にやり取りを行う、「売買個別契約書」として扱われ得るものを選択する
    (2)売買契約書のチェックポイント
    ①取引条件が具体的かつ明確に記述されているか
    ②損害の発生に対する対応が記されているか
    ③商品の知的財産権が誰に帰属するのか
講義
ワーク
  • 5.業務委託契約書
    (1)業務委託契約とは ~業務を外注する際に結ぶ契約
    ①業務委託契約書とは何か ②どんな時に締結するのか
    (2)業務委託契約のチェックポイント
    ①委託する業務内容が具体的に書かれているか
    ②支払方法や支払時期が明確に書かれているか
    ③検収方法が具体的に定められているか
    ④成果物に対する権利は誰が有するのか
    ⑤更新や解約はどうすればできるのか
    ⑥瑕疵担保責任についてどのように定められているか
    ⑦損害賠償についてどのように定められているか
    【ワーク】文を読み、業務委託契約のうちの「請負契約」と「準委任契約」の違いの説明として、正しいものを選択する
講義
ワーク
  • 6.その他の契約書
    (1)販売店契約書/代理店契約書
    (2)ライセンス契約書
    (3)賃貸借契約書
    ①目的物の特定 ②期間 ③目的、用途、禁止事項
    ④賃料 ⑤その他当事者が合意した内容
講義
  • 7.契約にあたっての実務的な注意点
    (1)契約書案を提示するのはどちらか
    (2)契約書と覚書の違いは何か
    (3)契約書は何部作る必要があるのか
    (4)署名や押印にルールはあるのか
    (5)収入印紙は誰が負担すべきか
    (6)反社会的勢力排除条項はなぜ必要か
講義
  • 8.まとめ
    【ワーク】本日学んだ取引契約に関する知識の中で、明日からの仕事の中で活かせそうなことを書き出す
ワーク

企画者コメントcomment

「契約書」については、専門性の高い業務と考えて、つい法務部門に丸投げしてしまうことも多いですが、実務を担う現場がその内容を理解しておかなければ、不利な条件下でビジネスを行わなければならなくなったり、場合によってはこちらが契約違反を起こしてしまうリスクも生み出しかねません。企業間取引で締結する契約書はある程度限られており、それに絞って理解しておけば、法務に明るい人でなくても適切な判断ができるようになります。

スケジュール・お申込みschedule・application

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

※申込期日とキャンセル期日はオンライン開催とセミナールーム開催で異なります。ご注意ください

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年11月20日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

■申込期日はこちら

■キャンセル期日はこちら

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討中の研修テーマで、日程がなくお困りの場合は「研修リクエストサービス」をご活用ください。ご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
関連テーマ
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修