国際大会向け研修

国際大会向け研修

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

研修の目的・特徴

国際大会の開催に合わせ、考えるべきこと

スポーツをはじめ、国際大会が日本で開催される際には会場の周辺エリアに観客となるお客さまや運営スタッフ等、大勢の方の流入が見込まれます。折しも2020年に東京オリンピックを控えており、政府も「2020年には、訪日外国人観光客(インバウンド)を4000万人まで引き上げる」という目標を掲げています。国際大会の開催は多数の業界のビジネスチャンスとなる一方で、多くの人が会場周辺エリアに集中することへのリスクも予想されます。とはいえ、会場周辺の現地・現物(いわゆる”ご当地モノ”)に大勢の方に触れていただける、せっかくの機会を逃す手はありません。国際大会開催をきっかけに地域の魅力を世界へ発信し、国際大会終了後もリピーターとして戻っていただくための入念な準備が必要になります。

国際大会の開催で想定されること

イベントエリアへの訪問客増加
イベントエリアへのイベントスタッフの流入
→これらに伴い
・ビジネスチャンスが拡大
・非熟練メンバーの接客機会の増加

経営メリットを得るために必要なこと

①来訪者にご満足いただける期待以上のサービスの提供
・ビジネスチャンスを逃さない:来訪者の増加に問題なく対応できるためのサービス供給量の確保
・ビジネスチャンスを圧迫しない:クレーム対応がサービス提供業務を圧迫しないよう、クレームを生じさせないための準備と、クレーム発生時の対応を検討しておくこと

②国際大会の開催をきっかけに地域の魅力を発見し、世界に向け発信する→再訪、初訪につなげる

フェーズごとに必要なこと

イベント企画

イベント企画フェーズでは、関連する情報を集めたり、関係各所からの意見を収集するなど、情報収集・分析のスキルが必要になります。さらに、検討を容易にするための資料作成、検討会議の進行、決定事項が具現化するためのスケジューリング、調達業務、周知・告知業務のスキルも重要です。

ハードの整備(環境整備など)

環境整備は大会の競技場のような建造物に限られるものではありません。わかりやすいピクトグラム(お手洗いを表す男女マークなど)によるバリアフリー化、wi-fi環境などのシステム・ネット環境整備、地域の魅力を十二分に体感していただける企画(商店街に統一フラッグを飾るなど)も必要になります。

ソフトの整備(サービススタッフのスキル向上など)

来訪者が接する「人」も重要です。多くの来訪者に対応するために、増員に向けて業務に不慣れなスタッフを配置することもあるでしょう。ベテランが接客力を発揮するだけでなく、そのノウハウが隅々にまで伝わるような組織としての仕掛けが必要です。また、予想されるイレギュラーへの対応策は事前に検討しておくことが肝要です。例えば、指差しだけで注文が完結するメニューの準備など、人材育成一辺倒ではなく、スタッフを援護するための備品の準備が求められます。

{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

{{heading}}のカリキュラムを選ぶ

本研修のカリキュラムを選ぶ

国際大会向け研修のご提供コンテンツ

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新



×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!