loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

事例から学ぶリスクマネジメント研修(2時間)

事例から学ぶリスクマネジメント研修(2時間)

「危機察知力を高めること」「迅速な初期対応をすること」の重要性を過去の多くの事例から学ぶ

研修No.B RSK140-0000-3747

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 全階層

・①危機察知力を高めること②迅速な初期対応をすること、について強化されたい方

研修内容・特徴outline・feature

ビジネスの現場はいつもあらゆるリスクと隣り合わせです。しかし、そのリスクは「危機察知力」を高めることで発見することができます。また、リスクが顕在化し事故、事件が発生した後にも適切な初期対応をすれば、被害を最小限に抑えることができます。

本研修では、①危機察知力を高めること②迅速な初期対応をすること、以上2点の重要性を過去の多くの事例から学んでいただきます。実際に過去発生した事案を用いることで、危機察知力をより高め、事件事故を防止するために今からできることは何かを考えていただきます。

研修プログラム例program

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.リスクマネジメントとは
    (1)リスクとリスクマネジメントの定義
    (2)クライシスとクライシスマネジメント(危機管理)
講義
  • 2.リスクマネジメントのプロセス
    (1)予防的リスクマネジメントの流れ
    (2)対策の策定
    ①リスク顕在化予防策の方向性を考える
    ②リスク低減
    ③リスク回避
    ④リスク移転
    ⑤リスク保有
講義
  • 3.危機察知力を高め、危機をいち早く認識する
    (1)危機察知の基本
    ①危機兆候の早期収集と情報伝達のルール
    ②危機察知の向上策
    (2)【事例①】正常性バイアスで危機意識が麻痺した事例
    (3)【事例②】"オオカミ少年効果"で危機を見ようとしなかった事例
    (4)【事例③】「残業の日常化」の放置・黙認がリスクになる事例
    【ワーク】もし自分が過労自殺事件の上司だったとしたら、どう行動すべきだったのかを考える
講義
ワーク
  • 4.迅速な初期対応で被害を最小限にする
    (1)初期対応の基本 ~迅速な対応が命
    (2)【事例④】模範的な初期対応事例
    【ワーク】リコールの初期対応を見て、なぜ模範的な対応といえるのかを考える
    (3)【事例⑤】ソーシャルメディア時代における初期対応
講義
ワーク
  • 5.本日の研修のまとめ

5439

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2019年12月     23名
業種
中央官庁・国家機関
評価
内容:大変理解できた・理解できた
87%
講師:大変良かった・良かった
95.7%
参加者の声
  • 自分だけで判断するのではなく、人の意見をよく聴いて多角的にリスクを洗い出すようにして、適切なリスクマネジメントを行いたい。
  • マルチタスクで業務を処理する状況が多く発生していることから、ヒューマンエラーが発生しやすい状況にある。見直しを図りたい。
  • 質よりも量のリスクの洗い出しが必要というところに納得感がありました。リスクを洗い出すことでミスそのものを少なくし、先に問題点の対策を考えられるようになると思います。

実施、実施対象
2019年8月     66名
業種
現業系公務
評価
内容:大変理解できた・理解できた
83.3%
講師:大変良かった・良かった
87.9%
参加者の声
  • リスクを課員でもれなく洗い出すことで、全員が「自分ごと」として考えていけるのではないかと感じた。課内にある既存のリスクマップも見直したい。
  • 身の周りに様々なリスクがあると感じました。また、リスクが起きやすい環境になる状況が増えている現実を現場の職員に広く共有することも大事だと思いました。
  • リスクを予測し評価して、顕在化しないように予防策を定め、発生時の初期対応に活かしていきたい。

実施、実施対象
2018年9月     40名
業種
中央官庁・国家機関
評価
内容:大変理解できた・理解できた
85%
講師:大変良かった・良かった
97.5%
参加者の声
  • 日頃リスクかもしれないと感じていることについて、改めて整理して考える機会となった。部下からの悪い報告をほめるようにしたい。
  • 自らの業務に照らし合わせ、リスクの洗い出し等をしていきたい。改めて現在の業務を見つめ直すことができる機会となった。
  • 率先して行動し、職員とリスクについて考える機会を増やしたいと思います。当事者意識を持つことの大切さを学びました。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

リスクマネジメント研修
年間総受講者数
6,112
内容をよく理解・理解
91.1
講師がとても良い・良い
90.1

※2019年4月~2020年3月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

メールマガジンのご登録

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia ハラスメント

全力ケーススタディ コンプライアンス研修編

今、求められる組織のリスク対策教育

研修の現場より 現代の管理職のみなさまへ

管理職研修プログラム

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!