loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

インバウンド研修(外国人観光客への対応力向上研修)

インバウンド研修(外国人観光客への対応力向上研修)

検索ボタン

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修の特徴・目的

外国人観光客増加に伴い、インバウンド対応の強化が課題に

日本政府観光局(JNTO)の統計によると、2011年から訪日外国人観光客数は増加しており、2018年には、年間で約3,119万人の外国人観光客が日本に来日しました。政府では、『観光先進国』への新たな国づくりとして、訪日外国人観光客がストレスを感じることなく、快適に観光を満喫できる環境整備を進めていく方針を打ち出しています。

外国人観光客の増加傾向はしばらく続くと予想されており、特に外国人観光客への応対が求められるサービス業などでは、インバウンド対応が急務となっています。

インソースでは、外国人観光客への対応力を向上させるための研修を幅広くご用意しております。

インバウンド対応研修(外国人観光客への対応力向上研修)のポイント

日本のおもてなしを通じて、「また来たい!」と思っていただく

外国人観光客への対応で目指したいのは、一度来日した観光客に「もう一度、日本に来たい!」、「家族や友人に日本への旅行を勧めたい」と思っていただくことです。研修では、日本ならではのおもてなしを実現するためのポイントや日本と外国の文化の違いを学ぶことで、対応力を高めていただきます。

外国人観光客おもてなし研修(半日間)

おもてなしの気持ちを伝えるための接客英語を学ぶ

Wi-Fiサービスやクレジットカード決済などのハード面での環境整備を整えるとともに、外国人観光客と接するメンバーは、言語の壁を乗り越えたホスピタリティが求められます。しかし実際には、「スタッフとコミュニケーションがとれない」「簡単な英語も通じない」と、お困りの外国人観光客の方も多く課題となっています。また現場では、英語に対する苦手意識から、外国人観光客への対応に自信を持てないスタッフも多いようです。

【公開】外国人観光客(インバウンド)対応研修~接客英語の基本フレーズを話せるようになる

各業界・業種に特化した研修で、実践力を鍛える

外国人観光客へ応対するシーンは業界によっても異なります。それに伴い、覚えるべき英単語やフレーズも異なってきます。インソースでは、各業界・業種に特化した研修をご用意しております。駅構内での対応の仕方を学ぶ鉄道業界向けの研修や、来館・入店時の対応の仕方を学ぶ商業施設向けの研修などがございます。「このような場面ではどう伝えるか」「このような外国人に出会ったらどうリアクションするか」といった具体的な行動に重きを置いた研修となっております。

{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

インバウンドおすすめプラン

あらためて全従業員がビジネスマナーを学び直すプラン

「若手の礼儀がなってない」と言われる一方で、「指導者のマナーも見本になってない」という組織向けに、階層・職種別にマナー研修を実施し、全社のスキルを向上させる

全社員を3階層に分けた組織クレーム対応力の強化プラン

3か月で組織のクレーム対応スキルを徹底的に底上げする。そのために、一次対応を行う新人、顧客対応の中核を担う中堅、二次対応を行う管理者に分け、階層別に研修を行う

現場リーダー主体で組織のCSスキルを向上させるプラン

現場リーダーが組織を変革できるレベルまで、CSスキルや部下指導力を鍛える。さらに、マニュアルや映像教材の作成、現場調査も合わせ、組織の継続的なスキル強化をはかる

インバウンド研修(外国人観光客への対応力向上研修)のご提供コンテンツ

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!