loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

コンプライアンス研修~SDGs時代に求められる​​前向きなコンプライアンスとは(1日間)

コンプライアンス研修~SDGs時代に求められる​​前向きなコンプライアンスとは(1日間)

SDGs時代に求められる持続可能な企業活動のための「前向きなコンプライアンス」について考える

研修No.B CMP142-0000-4518

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 全階層

・コンプライアンスに関する次のステップの知識を学びたい方
・SDGsに関わる企業内での具体的な取り組み方を学びたい方
・コンプライアンスを経営戦略の中にどう位置付けるかを学びたい方

よくあるお悩み・ニーズ

  • コンプライアンスに対する受け止め方が「後ろ向き」であることが気になる
  • SDGsの内容と自身の仕事との関連付けが難しい
  • コンプライアンスを「制約」としてではなく「進むべき方向」として理解させたい

研修内容・特徴outline・feature

法令遵守をはじめとした「守らなければならないこと」としてのコンプライアンス研修ではなく、目指すべき姿を掲げ、企業価値を上げていくためのコンプライアンスのあり方について考えていただく研修です。特に、​​持続可能な開発目標であるSDGsの観点を中心に据え、ワークを通してどのような行動が将来の企業像を実現する上で望まれるのかを議論していただきます。

到達目標goal

  • ①コンプライアンスの概念の枠を広げる
  • ②SDGsの基本的な考え方を理解する
  • ③持続可能な企業活動のために自社・自部署で取り組むべき目標と具体的活動を提示する

研修プログラム例program

内容 手法
  • 1.これからのコンプライアンス推進のあり方とは
    (1)「不正の防止」だけがコンプライアンスではない
    (2)「望ましい職場」を作るための能動的な取り組み
    (3)コンプライアンスが経営の中核テーマとなる   
講義
  • 2.SDGsとコンプライアンスの関係
    (1)あらためて考える「SDGsとは何か」
    (2)「公正さ」に加えて「持続可能かどうか」が判断基準となる
    (3)取り組むべき4つのテーマ~「人」「社会」「経済」「環境」の持続
講義
  • 3.テーマ1:人~特定の人に不利や負担を強いることのない企業活動
    (1)安全で衛生的な労働環境を維持する
    (2)機会と処遇の平等性を実現する
    (3)取引先を含めた人権に配慮する
講義
  • 4.テーマ2:社会~地域や社会との共存関係を維持した企業活動
    (1)本業を通して社会課題の解決に寄与する
    (2)企業活動の場を提供してくれる地域に還元する
    (3)反社会的勢力には毅然とした態度で臨む
講義
  • 5.テーマ3:経済~人と資源の有効活用を通じた企業活動
    (1)災害や事故に対する持続可能性の高い基盤を作る
    (2)限られた資源をフェアかつ有効に活用する
    (3)働きがいと成長の両立を実現する
講義
  • 6.テーマ4:環境~気候変動を抑え環境負荷の少ない企業活動
    (1)企業活動の中で使うエネルギーの脱炭素化を進める
    (2)環境負荷の大きいプラスチック廃棄物を減らす
    (3)身近な取り組みとしてのリサイクル促進とペーパーレス化
講義
  • 7.実行プランを考える
    (1)まず「コンプライアンス違反」のリスクを排除する
    (2)「社会」「経済」「環境」ごとに重点テーマを決定する
    (3)重点テーマごとに目標を設定する
    (4)具体的なアクションに落とし込む
    【ワーク】重点テーマの選定と目標および行動計画を立てる
講義
ワーク
  • 8.発表
ワーク

6959

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

開発者コメントcomment

「守らなければならないルール」としてのコンプライアンス研修は、退屈だったり、窮屈だったりするものです。しかし、本来コンプライアンスは、望ましい社会、望ましい職場を実現するための前向きな取り組みであるべきだと思います。SDGsは未来に向けた取り組みの指針として大変有意義なものであり、コンプライアンスを前向きに捉える上で有効なものだと考え、この研修を企画しました。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座(申込み・支払い等)、WEBinsourceに関するお問い合わせ→①
講師派遣型研修、動画教材・e-ラーニング、人財育成スマートパック、その他のお問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

コンプライアンス研修
年間総受講者数
15,666
内容をよく理解・理解
90.7
講師がとても良い・良い
86.7

※2019年10月~2020年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

メールマガジンのご登録

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!